【百合】朝起きるとパンツを履いていない→妹の仕業だと判明した結果・・・・・・・・

閲覧数: 3,494 PV

※このエロ話は約 2 分で読めます。

投稿者:なっち さん(女性・10代)
タイトル:妹と百合で、

今からちょうど三年近く前の冬の日のこと。
なぜか最近、朝起きるとパンツを履いていないことがありました。

そのときは決まってベットの端に置いてありました。
寝ぼけて脱いだのかなぁ、と思いながらあまり気にしてませんでした。
それから数週間後、妹(親が再婚したため義理の妹)の部屋に漫画を借りにいきました。

妹は遊びに出ていていません。
なかなかお目当ての漫画が見つからず、部屋を物色していると、妹のスマホが置いてありました。

「忘れて行ったな。全くもう、」
そう思いながらスマホを手に取ると、妹の友達からLINEがきていました。
確認してみると、【今から遊べる?】みたいな内容だったので、【加奈子(妹)の姉だけど、今遊びに出てる、】と打ち、画面を戻すとちょうどアルバムが開いてありました。
それをみた私は絶句しました。

私のアソコを妹が舐めている映像があったのです。
他にも私のアソコだけの写真など恥ずかしいものがたくさんありました。

その日はショックで何も行動を起こしませんでした。
その数日後、借りていた漫画を返しに妹の部屋をたずねたら、オナニーをしていました。
私の写真を眺めながらおもちゃをいれて。

妹は嬉しそうに
「バレちゃったなぁ。」
と笑っていました。
父と母は仕事中です。

逃げようとしたら、妹に押し倒されて、腕を縛られてしまいました。
そして私の服を脱がして、
「姉さんのおっぱい。。。っ、興奮してきた。」

私は陥没乳首ですが、めっちゃ敏感で、ちょっと胸を触られただけで、
「はぁ、んっんっんっ」
声が漏れてしまいました。

乳首を片方舐められて、片方こりこりされて、遂にイッてしまいました。
それからお互いのアソコをこ擦り合わせ、私は二回目の絶頂を迎えました。

妹がおもちゃを私の膣内に入れようとしましたが、
「私処女だから!やめて!」
と言うと、やめてくれました。

それから、二人で毎日のようにやりましたが、膣内に入れることはなかったです。
それから親が離婚して、妹とは連絡を取りたくてもとれない状況でした。

あの頃のことは今でも記憶に残っています。
実は明日、妹と会える予定です。
また二人で出来たらなぁと思っています!

 

管理人の戯言(´・ω・`)
ご投稿ありがとうございます<(_ _)>
再会時の様子をまたお待ちしております!


コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)