【姉妹丼】彼女に中出し後に同居してる彼女の巨乳姉に誘われた結果・・・・・・・・

閲覧数: 5,708 PV

※このエロ話は約 4 分で読めます。

オレの彼女は姉と共に暮らしている。
お互いに一人暮らしをしても良いというのだが、何だかんだで経済的に楽な方を選んだということだ。
二人で暮らしはじめたころはお互いに彼氏はいないので、あまり不自由なく過ごしていたらしい。

しかし、妹にオレと言う彼女ができてしまってからはちょっとギクシャクしていた。
それでもオレが彼女の家に行くと、姉も快く接してくれるようになり一件落着である。
と思っていたのは、もしかしたらオレだけだったかもしれない。

オレは彼女の家には決まった曜日しか行かない。
いわゆる休みの前の日だ。
それ以外は彼女がオレの家に来る。
そんな週一回の彼女の家のお泊り、メゾネットタイプの二階に彼女の部屋はあった。
姉は一階に住むようにしている。

トイレは親切に一階二階に両方あるのだが、シャワーだけが一階にしかないというところが問題ではある。
普段オレがお邪魔していなければ良いのだが、オレがいるときはオレがシャワーをしに行くときには彼女の姉の部屋を通らなくてはいけない。

ということで、オレはシャワーをするときは姉が寝る時間以降ということにしていた。
彼女の家に行くと、最後はエッチをしながらイチャイチャする。
オレのクンニで彼女の喘ぎ声が一階に届いていないか心配ではあるが。

ただ、とにかく彼女はクンニで感じやすい身体をしている。
クリトリスを舐めたときには体を小刻みに震わせながら感じているのだ。

「ひゃん、アァぁん…!ひゃぁぁ、アァぁあ…」
可愛らしい喘ぎ声なので、それがオレには快感であって。

ついクリトリスのクンニには力を入れてしまう。
早いときにはほんの数分舐めただけでイってしまうくらいだ。
特に乳首をいじりながらのクンニは気持ちいいらしい。

オレの舌に一気に彼女の愛液がまとわりついて、そのヌルヌルがまた彼女のクリトリスに塗られて行く。

「ハァぁぅぅぅん…も、もうダメェぇぇ…!!」
イッたあとに執拗にクンニをしていると、彼女はそのまま失神してしまうくらいに体をスパークさせていた。

あまりに悶えるので止めてはあげるのだが、その後はすぐにオレのガチガチな肉棒を挿入。
何度も奥まで突いてピストンをすると、その中でまた彼女は何度も絶頂に達してしまうのだ。

「はっぁぁぁん…ヤバぁぁ…!!ああっぁぁあ…またイッちゃう…!!あぁぁぁ…」
そんな淫らな彼女を見ながら、オレもムスコが熱さマックスを超えてしまい、彼女の中に射精を施してしまうことに。

大量にオレの精子が彼女の中に流れこんでしまい、そのままお互いに力が抜けたかのようにベッドに横たわってしまう。
最も気持ちの良い瞬間の後の、超まったりタイムだ。

彼女と抱き合ってキスをしながら、お互いの体を愛撫し合って再び体をエロくしてしまう。
オレはそんなことをしながら再びムスコをムクムクさせてしまうのだが、彼女はそうでは無い。
そのまま安らかな顔をしながら、寝に入ってしまうのだ。
まあ何度もイッてしまったのだからしょうがない。

オレもそんなエッチの後にはもう慣れていた。
しかしオレのエッチは実はまだ終わっていないのだ。
彼女とイチャイチャしながら時間はもう日を超えようとしている。

彼女が寝静まってしまうとオレはシャワーをしに行くのだ。
この時間はもう彼女の姉も寝ている時間。
彼女は一度寝ると朝までほぼ絶対に起きることは無い。
姉もそんなものだろうと思いながら、静かに一階に降りてシャワー室へ。

部屋を薄光にしている彼女の姉。
姉はサエといって彼女とは7歳離れたスレンダーな女だ。
彼女と比べると、大人っぽさにはかなりの差がある。

そんなサエは体の細さに反して胸がある。
ゆっくり寝静まっている姿から、そのふくよかな胸の形が見て取れた。
それでさらに勃起をしながらも、ゆっくりシャワー室に向かうオレ。
そこにサエがオレに話しかける。

「背中流そうか…」
「あれ、起きてました?」
「いつも起きてるよ、寝たふりしているだけ…」
そう言うと、サエは全裸のオレの下半身に手を伸ばして、勃起していることを確認する。

「まだ元気なんだね…シャワーしながらね…」
そう言いながらオレをシャワー室に入れた。
そしてお湯を出すと、オレのムスコにボディーソープを付けながらしごきつつ洗ってくれる。

「あの子…もう寝ちゃったでしょ…でもこんなにキミのおチンチンが元気なら、アタシにバトンタッチね…」
そう言いながらサエは、オレの肉棒に付いたソープを流して、フェラをしてくれた。
しごかれているときにすでに気持ち良かったのだが、フェラされてさらに気持ちがイイ。

さっき彼女の中に出したばかりと言えばそうなのだが、それなのにもうオレの精子たちは躍動を始めている。
「いいなぁ…こんなに立派なものをあの子は…」
サエのフェラに気合が入ってきた。

もちろんオレの昇天がどんどん間近に迫ってくる。
タマや海綿体も指で摩ってくれながら、オレの股間全体をホットにしたためてくれた。
もう我慢汁が止まることは無い、ただシャワーですぐに流れてしまうが。

「ねえ…これ、挿れて…」
サエはフェラをストップして、後ろ向きになりお尻を突きだす。
バックの挿入を誘っていた。
オレはそのお尻の間に肉棒を通して、サエのアソコの中に肉棒をねじ込む。

「あぁ、アァぁん…!!」
お風呂と言う響く場所で、サエの声が奏でられた。
もう完全にヌルヌル状態のサエのアソコは、オレのピストンをとにかく滑らせる。
大きな胸を揺らしながら、サエはオレの肉棒に突かれていた。

「あ、アァぁ、アァぁん…サイコぉ…あハァァぁん…!気持ちいい…」
サエはオレの本日二度目のピストンを大いに喜んでいる。
そして気持ちよさがマックスになってしまったオレ達は、我慢することも無く同時に昇天してしまった。

お互いにシャワーに打たれながらその場に抜け殻のようになる。
しっかりと体を洗ったオレ達は、朝が来る直前までサエのベッドの中で二人でイチャイチャしていた。
彼女にはバレてはいない、いまのところ。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
そのスリルがたまらんやろねぇ・・・


コメント
  1. 1. 名無しさん  

    >妹にオレと言う彼女

    女やったん?そしてレズやったん?

コメントを書く