【寝取らせ】自慢の妻に自らのマンコでバッグ代を稼がせた・・・・・・・・

閲覧数: 3,672 PV

※このエロ話は約 4 分で読めます。

俺(29歳)、妻(若菜、30歳)の夫婦です。
俺は地方の工業団地にある工場に勤めている。
工場は大半が同年代の男性で、話の合う仲間がいて楽しい職場だ。
妻も勤めていて、子供を作る予定はまだない。

妻はスタイルもルックスもなかなかで、俺の友達の中にもファンが多いのが自慢だ。
そんなファンの友達に、若菜のエッチな写真を見せて、俺の“寝取られ願望”を満足させていた。

写真はセックスの前後に撮ったもので、若菜に下着姿でポーズをとらせた写真が多く、まだ全裸やマンコの写真は見せたことがない小心者だ。

ある日、若菜がバックを買いたいと珍しくおねだりしてきた。
友達と一緒にバックを買う約束をしたのだが20万足りないらしい。
それで、俺におねだりという訳だ。

家を買うためコツコツと貯金してる俺達にとっては20万は痛いけど、出してやろうと思った時に、(これってチャンスじゃないか?)と、俺の中の悪魔が囁いた。

若菜に俺は言った。
「バカじゃないの?そんなブランド品を買うなんて・・・身体で稼いで来い」
「私に援交でもしろって言うの?」


「バカ!俺がお前のファンだって言ってるやつでも呼んでやるから、少しサービスして稼げばいいだろう。足りない分は俺が出してやるから・・・」
「サービスってどの程度よ」
「そら、金額次第だろ?」
「知らないわよ。どんな事になっても・・・」

俺は心の中でガッツポーズした。
友達の前に晒すことで若菜の淫乱な一面を見ることが出来るかも知れない。
寝取られ願望が成就するかも知れない。

次の日、いつも若菜の下着姿の写真を見せてる3人組の後輩に声を掛けた。
事情を説明して、「余興として若菜の裸を見れるぞ。だから少し協力してやってよ」と付け加えた。

後輩たちはすぐ食いついてきた。
そして金曜の夜に飲み会として家に来ることに決まった。
金曜日の夜7時前に家に帰った。
若菜はシャワーを済ませ、化粧の真っ最中。

「ねぇー、私はどんな格好で後輩君たちを迎えたらいいの?」
「そうだなぁ。下着は後輩を誘うようなエッチな物にしろよ。服は透けてる白のブラウス。スカートも白のミニだな」
「えー、それじゃあ下着姿と一緒だよー」

着替えてきた若菜の姿は、オレンジの際どい下着が透けて見える厭らしい格好だった。
「おおー、いいやん」
俺的には満足の姿である。

8時過ぎ、ピンポーンとチャイムが鳴った。
後輩達がやって来た。
俺が迎えに出て、リビングに導いた。

後輩達は若菜に一斉に挨拶をした。
「お邪魔しま~す」と言ったあと、顔から順番に下にさがって胸の辺りで止まる。
若菜のEカップのブラが透けて見えている。

酒の準備に若菜が下がると・・・。
「先輩!奥さん綺麗ですね。写真より実物はもっと綺麗ですよ」
「奥さんの下着、エロいですね~いつもなんですか?」
興奮しまくっている3人組。

「ところでお前達、いくら持ってきたんだ?」と聞くと、「3人とも10万ずつです」と嬉しそうに言いやがる。
(こいつら、若菜にどこまでさせるつもりで来やがったんだ・・・)
心の中でそう思ったが今さら引き返せない、流れに任せるしかない。

飲み会が始まった。
俺も後輩も興奮してるのかハイピッチで飲んでいる。
下らない仕事の話や映画の話が一段落した頃、俺は後輩Aにアシストしてやった。

「おい、A。最初から若菜をジロジロ見てるけど、若菜の下着が気になるのか?」
「気になりますよぉ~。ブラウスは透けてるし、パンツもチラチラ見えてるんですよ」
「若菜、丸見えだって」
「いや~ん。恥ずかしいわー」

若菜は顔を真っ赤にしています。
もう一度、後輩にアシスト。
「若菜は欲しい物があるんだよ。でも、少しお金が足りないらしい。A、協力してやったら脱いでくれるかも・・・」

「そうなんですか若菜さん?1万円協力しますから、そのブラウスを脱いで下さいよ」
「えぇー皆の前で脱ぐの~、恥ずかしいよ」

またまたアシスト。
「皆の前で脱ぐのは当たり前だろ。それともAに脱がせてもらうか?」
「いや。自分で脱ぐわよ」

若菜は後輩達の視線が集中する中、ブラウスを脱ぎました。
「わぁ~胸の谷間がエロいわぁ~、若菜さん、ブラも取ってくださいよ。僕も1万円協力しますよ」
Bが囃し立てます。

「分かったわ」
若菜はブラも取ってEカップの胸を後輩達に披露しました。
「じゃ、僕はスカートに1万」
Cが続きます。

後輩の淫靡な視線が集中する中、若菜はパンツ1枚の格好でビールに口を付けました。
テーブルの上には3万円が積まれています。

「先輩、若菜さんはいい身体してますね。セックスは好きなんですか?」
「ああ、好き者だ。毎日、俺のチンポを咥えているな」
「あなた!やめてよ!」

「へぇ~若菜さんって見かけによらず淫乱な奥さんなんですね。淫乱な奥さんのフェラを見たいから先輩のチンポをフェラして下さいよ。僕達、1万ずつ出しますから・・・」
テーブルの上にまた3万積まれました。

「あなたぁ~フェラしてもいい?」
「ああ、いいけど・・・3万も出してくれるんだ。パンツも脱いで全裸になれ」

全裸になった若菜は後輩の前で私のチンポを咥え、いつもの激しく扱くフェラをしています。
「若菜はな、いつもフェラしながらオマンコを濡らしているんだ。今日も濡れているか調べてみろよ」
後輩達が順々に若菜のオマンコに手を伸ばします。

「本当だ!ビショビショになってますよ」
「お前ら、若菜に交渉して気持ちよくしてもらえ。俺は2時までファミレスで時間を潰して来るから」

私は駅前のファミレスで落ち着かない時間を過した。
(若菜は今頃、後輩達を相手にどんなセックスをしているのか)
妄想が頭の中を駆け巡る。

俺は2時過ぎに家に帰り、ベッドの上に横たわる若菜を見つけた。
オマンコから精子を垂れ流している若菜。

「3人に中出しされちゃった。安全日だから大丈夫だけど」
テーブルの上には30万円が積まれていた・・・。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
金持ってんなぁ・・・


コメントを書く