【レイプ】無職義兄に赤ちゃんの頭ほどもある巨根を無理やり挿入された結果・・・・・・・・

閲覧数: 5,368 PV

※このエロ話は約 4 分で読めます。

「アアなんて凄いの!!子宮の奥に熱いマグマが突き刺さり、何か燃えているわ、そんな、ダメダメ~、イッチャイそうじゃないの~」

思わず恥骨を彼の腰にぶつけてよがりました。
私達は11月に結婚して、ハワイの新婚旅行を5泊7日で終えて帰国したばかりです。

私は24歳、夫は28歳で、二人とも市役所勤務で、1年前に婚約して11月に挙式しました。
彼の自宅で暫らく(1ヶ月ぐらい)は住む事になりました。

両親は先生で共働きです。
主人の兄弟は兄が35歳で、姉が31歳で両方とも結婚しています。

35歳のお義兄さんは外車の販売デーラーでしたが、地方都市では殆ど外車は売れず、友人と作った会社が倒産して、彼も1億ぐらいの負債を抱えています。
奥様はその不甲斐なさに子供をつれて実家に帰りました。
まだ離婚には到っていないのですが。


私は新婚旅行や何かで2週間の有給休暇を貰い自分達の部屋の模様替えをしていました。
義理の兄は中々次の就職先が決まらず、自宅でブラブラしていました。

主人は早速市役所に勤務で朝の8時20分には家を出ました。
両親も8時半ごろ出て行きました。
朝食の用意が出来たので、お義兄さんの部屋をノックして「お食事の用意が出来ましたよ」と部屋を空けました。

ベッドでまだ寝ているようなので、起こそうとそばに行きますといきなり腕を掴まれて、顔を引き寄せてキスをしてきました。

「やめて下さい!こんなことすると警察に連絡しますよ」というのに無理やりに抱きついて唇に舌を入れてきました。
そうしてスカートの中に手を入れて、パンティーの横から陰部にさわりオッパイを揉み出しました。
私は胸はAカップで小さいのですが感度は抜群なのです。

振り払うように暴れて逃れようとするのに、やはり男の力には叶いません。
無理やり上のセーターを脱がされて、ブラジャーを引きちぎりました。
乳首を咥えて、舐めだし、ショーツも引き剥がされて、アソコに指を入れだしました。

「やめて~、やめて下さい。本当に110番しますよ」と泣き叫ぶのに無言で色んな所をさわり、舐めまくります。
私だって恥ずかしさより段々と気分が変わってアソコが濡れだしました。

「お前だって気分を出して濡れてるだろ、本当に助平なんだから」と義兄は言います。
暫らくは言葉無しで暴れていたのに、もうダメでした。
静かに洋服を全部脱がされ、彼もペニスを思い切り勃起して伸し掛かります。

主人と兄弟とは思えぬほどの陰茎です。
だって亀頭が赤ちゃんの頭ぐらい大きくグロテスクなのです。
思わず握り締めました、助平汁が亀頭の頭からプチッと流れ出しました。

これで私も覚悟しました。
変に逆らって怪我をしてもつまらないので、要求を飲む事にしました。
早く終えたかったのです。
陰茎をそっと口に含みました。

何か海の味がして吸い上げると、尿道口からは透明でキラキラした粘液が溢れて、私の口に流れ出しました。
「ウウ~ム、いいぞ~、もっとしゃぶれよ」と彼の亀頭が蠢きます。

私もサーモンピンクのクレバスを開いて、彼に恥ずかしげも無く舐めさせました。
大陰唇から飛び出しているおマメは肥厚してヒクヒクとうごめいていました。
指が膣の中に刺さるともうダメです。

ジュル、ジュル、じゅるじゅると愛液が流れて指にまとわりつきます。
「キレイなマンチョだよ」と方言で褒められました。
「いや~ん、ウッ、ダメよ、そんなに見ちゃ~」と、いつの間にか甘え声でした。
「それより早くこれを入れてちょうだい」とせがみました。

私を後ろ向きにさせ、犬のように腰高にして後ろから乳房を握り締めながら、グサッと挿入されました。
まだ新婚旅行から帰ったばかりで、昨夜は疲れて性交をしなかっただけに、ペニスが後ろから入っただけで、思わず「イッチャウ、イク、イクよ、イクイクイク」と腰を遣って最初のアクメでした。

「エエ~ッ、もうイッちゃうのかよ」とやや不満げです。
ひっくり返されて正常位でまたも挿入されました。
「いや~、またなの~」といいましたが、暗褐色の秘部の合わせ目はドロドロにぬかるんで、潤みはお尻の狭間まで滴り落ちていました。

最初はユックリと抽送をしていたのに、速度を突然にはやめグイグイと腰を遣い出しました。
乳房をもみくちゃにして、頭の髪を引っ張る特別のテクに私のマンチョはもう完全に降参です。
尿のような液体が飛び出しました。

多分これが潮吹きなのでしょうか。
生まれて初めての快感で、もう目の玉が飛び出しそうな絶頂感を体験して暫らくは失神状態です。
「おい大丈夫か~」と遠くで声が聞こえます。
時間にして何分ぐらい失神したのでしょうか。
まだ膣には巨砲が大きいままで刺さっています。

「奥に射精してえ~、子宮に熱い液体を掛けてくださ~い」と懇願して射精を促しました。
「中に出してもいいのかよ」と聞かれました。
本当は今が一番子供の出来る危険な期間ですが、兄弟の子供ならどっちでも同じだと、咄嗟に思い「いいわよ~、奥深く出して~」と哀願していました。

怒張した肉の塊から熱いしたたりが噴出して降り注いでいました。
子宮は収縮してその快感の悦びを味わっていました。
「彼とのSEXとは比べ物にはならないわ、凄いのねお義兄さんのペニスは、兄弟でも何でこんなに違うのかしら」と何時までも濡れそぼった陰茎を舐めていました。

「私は潮を吹いたのかしら?どうしたのかしら。まだ雲の上にいるみたいだよ」というと、
「これからも時々愛し合おうね」
本当は近い内に近くのマンションに引越しするつもりでしたが、暫らくは延期しようとその時に思いました。

だってあんな快感あるオメコはそんなには出来ないでしょ。
近いとまたできるかもしれないし。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
おっさん・・・


コメントを書く