閲覧数: 199 PV

読了時間:約 9

マジでショックな光景を目撃しちゃいました。 一昨日の夜、友人宅で部屋呑みしてたんです。 俺を含めて5人で、1組のカップルと部屋主(男)と女の子1人。 全員同じ大学なんだが、1人の女の子ってのが実は密かに惚れてた女の子でした。 名前は由美。 見た目は21歳にしては幼い童顔で黒髪の女の子です。 あまりハイテンションではしゃぐ子ではなく、どちらかといえば笑顔で他人の話をウンウン聞くタ…

閲覧数: 941 PV

読了時間:約 9

僕がまだ20代で、当時付き合ってたOLの彼女とカップル喫茶に何回か通った頃の話。 若気のいたりで遊んだ果てに待ち受けていた苦い思い出。 以前から興味のあったカップル喫茶について、思い切って彼女に切り出してみたのがきっかけでした。 彼女は丸顔で笑顔が可愛らしい、照れ屋の、どこにでもいそうな普通の子でした。 そんな彼女も、『別に他人とSEXする訳じゃなく、見せて楽しむところ』だと説明し…

閲覧数: 1,783 PV

読了時間:約 4

とある福祉施設で働いています。 つい先日あった話です。 バイトの女の子と勤務中に変な事をしてしまいました。 一日を早番、遅番、夜勤の3人でまわす職場で、その日は自分が遅番。 バイトの女の子(以降『N』)が夜勤でした。 俺は勤務を終えて一度家に帰ったのですが、忘れ物に気が付いて23時頃に職場に戻りました。 利用者は寝静まっていて、職員室にNが一人で座っていました。 Nは今月…

閲覧数: 3,070 PV

読了時間:約 10

高校一年の秋。 体育委員だった俺とSさんは、体育大会の予行練習の後、用具を片付けていた。 うちのクラスが練習中にダラケていたってんで、担任に小言を食らい、遅くなってしまった。 「あー、うっとおしいな、他の奴等はもう帰ってるのに」 「委員なんだからしょうがないでしょ。文句言ってないでさっさと片付けて帰ろうよ」 Sさんは中肉中背で色が白く、髪が長くてタレ目のちょっと可愛い子だった。 …

閲覧数: 3,018 PV

読了時間:約 2

大阪から東京への夜行バスに乗ってた時の事です。 車内は消灯され、私も眠っていました。 途中、体がムズムズしたので静かに目を開けると、誰かが私の腕の辺りを触っていました。 目を覚ましたばかりでボーっとしている間に、その手は、セーターの上を腕から胸の方へと動いてきました。 そこでやっと、(痴漢!?)って思いました。 触っている人は大学生ぐらいの、可愛い感じの男の子で、私が起きないよう…

閲覧数: 2,251 PV

読了時間:約 2

去年の夏の話ですが、私がバイトから帰ると私の部屋(以前は妹と二人部屋)に無造作に妹の携帯電話が置かれていました。 そこまで気にせずに、部屋でくつろいでいると、妹の電話が鳴り始めました。 あまりのもうるさいので取ろうとしたら、電話ではなくメールでした。 メールのタイトルは・・・。 『掲示板見たよ』 こんな感じのタイトルでした。 まさかと思い、妹の携帯のブックマークを見ると出会…

閲覧数: 3,691 PV

読了時間:約 15

僕はデパートとかにキッチン用品を納める商社に勤めている。 いくつかのデパートや雑貨のショップを担当している。 担当している中でも特に大きな、あるデパートには毎日顔を出す。 商品補充や実演販売のヘルプに入るからだ。 なので、そのデパートのキッチン用品売場の女性社員とはみんな顔見知りで、たまに付き合いで飲みに行ったりもしていた。 週末金曜、男性係長、40代前半で女性主任のミズタさ…

閲覧数: 2,691 PV

読了時間:約 3

私の家は母子家庭だったのですが、私が中学1年生の時に母親が再婚しました。 私はずっと母親には幸せになって貰いたいと思っていたので、本当に心から嬉しかったです。 義父も優しくいい人で、私もすぐに「お父さん」と呼ぶ様になり、それを見て母が嬉しそうに笑ってくれ、私も母の笑顔と初めてお父さんと呼べる事に幸せを感じていました。 ところが、私が中学3年生の時に、義父が会社をクビになり、一日中家に…

閲覧数: 6,427 PV

読了時間:約 6

私は田舎で農業をして暮らしている独身男性です。 最近、田んぼ近くにゴミが捨てられる様になり困っていました。 この田んぼは、山中にあり道路からちょっと入った所にあり、車を停めたり方向変更しやすい様にと数年前に道路を広げ、車2台くらい停められるスペースを作ったんです。 しかし、この駐車場のあちこちにティッシュや空き缶、時にはエッチな本なども捨てられる様になりました。 昼間、私がいる時は…

閲覧数: 3,844 PV

読了時間:約 10

中3の夏休みに自転車で遠出してて、疲れたので途中でアイス買って本屋の駐車場で休んでた。 蒸し暑くて夕立が来そうな天気だった。 何気なく本屋の入り口を見ると、同じ学校のY美が店の前に自転車を止めた。 (あ、Y美だ・・・) 声を掛けたが、聞こえないのかそのまま店に入って行った。 帰るつもりだったが、薄いピンクのブラウスを着たY美の私服が可愛くて(普段の制服姿以外見てない事もあり)、気…

閲覧数: 3,525 PV

読了時間:約 12

僕が高校1年生、母が43歳の時の話だ。 僕の母はとても真面目で勤勉な人で、父親の給料ではとても生活できない家庭を助けるためにパートに出て働いていた。 当時、性に関する関心がどんどん高まっていた僕は、“そんな母が女になる瞬間を見たい、そしてそんな母を犯してみたい”と、密かに思い始めるようになった。 高校に入って初めての夏休みに転機は当然やってきた。 僕が近所をぶらついていると、急に後…

閲覧数: 11,350 PV

読了時間:約 4

会社の後輩(♀)と出張に行ったときの話。 その日は金曜日で、帰りの列車の時刻の都合で泊まりの出張になった。 仕事も順調に片付き、まずはホテルにチェックイン。 夕食がてら近所の居酒屋に呑みに出掛けた。 翌日は帰るだけなので仕事のことは気にしなくてもよく、彼女は久しぶりの泊まり出張ということで、俺が勧めるままに調子よく飲んでいた。 彼女は酒は強いと聞いていたはずだったが、意外に早くで…

閲覧数: 6,774 PV

読了時間:約 10

先週末に知り合いのホームパーティーに参加してきました。 お得意さんに「少しだけ顔出してよ」と言われ、ノリ気ではありませんでした。 だって「少しだけ来てよ」って事は、『差し入れとか持ってきて』って意味ですから。 知り合いは奥さんと共働きしていて小金持ちなのか高級なマンション住まいで、俺はデカい紙袋を両手に伺いました。 持参したのはシャンパン2本と焼酎1本です。 既にホームパーティー…

閲覧数: 4,359 PV

読了時間:約 3

嫁があーだこーだガァガァうるさいのでベランダでタバコ吸ってた。 今のマンションってのは規約に『ベランダでの喫煙は出来ません』なんて蛍族には寂しい規約が書いてあったりする。 隣の人の洗濯物に匂いが移るからだと言う事だ。 そんな喫煙禁止のベランダで隠れてスパスパしていると、隣からなにやら怪しい声がする。 「あぁ、いい!いいわぁ!ちょうだい!おっきいのちょうだい!」 これは!!!隣の色白マ…

閲覧数: 2,629 PV

読了時間:約 10

あれは、私が高校入学してすぐの秋の事だったと思います。 ブレザーの制服、スカートは膝丈で、髪は鎖骨にかかるくらい。 第一印象は、真面目で大人しい感じに見られていたと思います。 実際、趣味は読書で、クラスでも目立たない方でした。 希望していた高校に受かったは良いものの、満員電車に長時間揺られていなければならなかったのが初めは苦痛で仕方ありませんでした。 痴漢もその時に初めてされ…