閲覧数: 6,851 PV

読了時間:約 4

オレは長い休みをもらったときに、秘境と言えるくらいの温泉に行くことにした。 何といっても4連休ももらったために、普段は行かないようなところに行こうと思い立ったのである。 しかし、地図を見ながら行ってもなかなか辿りつかないというハプニングに。 そこはもう山奥のかなりの内部の方だ。 家も少ないし、何といってもだんだん薄暗くなっていく。 時間は夏の五時だが、山の中は日の辺りが少ないので既に…

閲覧数: 8,729 PV

読了時間:約 4

オレは密かに山登りが好きである。 そんなに頻繁ではないし、低い山に限定しているのだが。 確実に1000メートル級以上は行かない。 そんな、にわか山登りファンという感じである。 中でも車で30分ほどの所にある山にはよく言っている。 標高600メートルほどで、子供でも登れるくらいの程よい山だ。 とある日に天気もいいし、オレは思い立って登山に言ったのである。 正直この山はそんなに装…

閲覧数: 6,518 PV

読了時間:約 4

去年のゴールデンウィークの話です。 ひとり旅が好きな私(52歳)は2泊3日で広島県を旅した。 1日目、尾道の古寺ルートを探索していると、中年の女性が私に道を尋ねて来た。 自分も旅の者だと告げ、私がガイドブックを見せると、「出来ればご一緒させていただきませんか?」と女性が言った。 私は別に構わないと思い、下心無しにOKし、一緒に駅に向かうルートを探索した。 夕方、駅前で別れ、駅前の…

閲覧数: 7,481 PV

読了時間:約 7

では、去年の話なんだけど。 北関東の温泉宿での話。 そこは、露天風呂が10個位あって、2つが女性専用であとは混浴なのよ。 んで、とりあえず風呂行っとくかと妻と露天へいったんよ。 あ、ちなみに妻と二人で旅行です。 俺の妻はけっこう度胸がイイというのか、気にしないで混浴とかGOするんだけど、そこの露天はバスタオル巻いて入浴OK、つうか全員タオル巻で入浴してるから、なんか裸の方が逆に恥ずか…

閲覧数: 8,952 PV

読了時間:約 2

バブルの頃、単車で東北一周した時のこと。 ある日、テント張って寝ようと思ってたんだけどちょっと肌寒い感じで、風邪ひくぐらいならと近くで一番安い温泉宿に投宿。 夕食後に風呂に入った時はジジババだらけ。 さっさとあがってビール飲んで寝た。 が、夜中(といっても0時すぎぐらい?)に目が覚めて、もう一度風呂に。 いわゆる湯小屋の脱衣所で服を脱ぎ、タオル片手に浴室のドアを開けようとしたら、…

閲覧数: 9,407 PV

読了時間:約 11

私の家は母親が早くして亡くなったために姉が母親代わりになっている家庭でした。 姉の名前は康子といいます。 当時18歳の高校3年生でしたが、姉は高校から帰ると真っ先に台所に立ち、弟の私の為に手料理を作ってくれて、親父が仕事から帰ってきた際にも親父にも手料理を出す…そして家事をし、そのまま寝るという毎日を送っていました。 オシャレもしたいであろう歳頃だったのにも関わらず、黒髪で地味な外見で姉…

閲覧数: 6,388 PV

読了時間:約 4

私って、二重人格。 日頃のストレス解消のため、温泉地や観光地に一人旅するのが趣味。 ただTEL予約だと、なかなか女性一人では予約拒否される。 あれって、なんでなんだろう。 (まっ、いいけど) 夜は決まって宿泊先にあるバーやラウンジで美味しいカクテルを頂くの。 それも温泉地であれば、浴衣にノーブラ。 シティーホテルであれば、胸の谷間が強調できるものを着て。 たいがい男性が声を掛け…

閲覧数: 10,988 PV

読了時間:約 4

昨年の冬休み、友人たちと信州にスキーに行きました。 まだ21歳の学生なので、お金もなく安いバスツアーです。 スキーは初めてでしたがなんとか滑れるようになり、同じバスツアーの女子大生グループと仲良くなることもできました(彼女たちが一つ年上)。 しかし民宿形式の宿だったためあまり発展することはなく、帰途につきました。 最終日は夕方まで滑り、車中一泊のパターンです(翌早朝に帰る)。 …

閲覧数: 23,505 PV

読了時間:約 6

時間にしたら0時過ぎくらいかな。 コンビニに行こうとして駅前を通ったんだわ。 ちょうど駅から人がぞろぞろ出てくるところで、そこに一人、ショートカットの綺麗めなパンツスーツのOLがフラフラと出てきたんだわ。 少しの間観察していたら、どうやら駅前の駐輪場にチャリを取りに行く様子。 しかし、酔っているようで、うまくチャリを取り出せないでいる。 「大丈夫ですか?」 「あ、はい。ちょっと自転…

閲覧数: 12,777 PV

読了時間:約 6

私55歳。10年前に家内を病気でなくし、ずっと気ままに一人暮らし。 4、5年前ぐらいまでは、下半身の始末にいろいろと経験しましたが、ここ数年は年とともに収まってきて、5年ほどはなにもありませんでした。 年末に某観光地に行きました。 列車の通路をはさんだ隣の席には50前ぐらいの、そこそこ雰囲気の良い女性。 まあ、その時にはなんと言うことはありませんでした。 そして目的地に着き、しばらく…

閲覧数: 10,910 PV

読了時間:約 4

一人でスキーに行ったときのことです。 真夜中の雪道を走っていると立ち往生している車が。 声を掛けると、圭子(仮名・20歳、フリーター)と名乗る女の子が一人助けを求めてきた。 聞くと実家に帰る途中スリップして雪溜まりに突っ込んだらしい。 俺は牽引ロープで引っ張り出してあげ、その場を後にした。 その日1日スキーをし、宿に入り夕飯を食べていると、なぜかそこに料理を運んでいる圭子が! …

閲覧数: 15,442 PV

読了時間:約 10

見上げれば空の端は明るくなりつつある。 夜勤の仕事を終えたボクは駅へ向かっていた。 ふいに刺すように冷たい風が吹いてボクは思わず首をすくめる。 もうすぐ始発電車が走り始める時刻。 疲れた足取りで駅の改札口へ向かっていると、ボクのすぐ脇を若い娘が追い越し通り過ぎていった。 冷たい空気を伝って甘い香りが鼻腔をくすぐる。 その香りは繁華街に漂う淫猥な匂いを連想させた。 しか…

閲覧数: 93,341 PV

読了時間:約 7

【体験談】性欲を抑えきれない男がとった驚愕の行動とは・・・ 投稿者男性が朝まで飲んでた土曜日の朝、駅のホームで電車を待っていた。すると近くに泥酔した女がうずくまっていた。見るとなかなかのスタイル。こっちもフラフラに酔っぱらっていたので勢いで声をかけてみる。しかし返事はない。あきらめようとした時、女のほうから寄りかかってきた・・・。 その日は金曜かなんかで、朝まで友達と飲んでたのよ …

閲覧数: 18,125 PV

読了時間:約 3

【体験談】そしてやってくる”賢者タイム”という名の悪魔・・・ 投稿者男性が写メでちょいブスだと思って会った女がとんでもない地雷だった。あまりのブスさにどうやって帰ろうか悩んでいたが、ラブホに入り、挑発してくる女に性欲が勝った瞬間・・・。(1512文字) 今日、メル友20歳♀と面接してきました。事前に写メはもらっていて、ちょいブスぐらいかな?と思いながら行きました。 駅で待ち合…

閲覧数: 14,230 PV

読了時間:約 4

【体験談】あくまでも紳士的に・・・ 終電で帰った駅のホームで怪しいおっさんに声をかけられている泥酔した女の子を助けて(?)あげた投稿者男性。そのままゲロってしまって服が汚れたので善意(?)でとりあえずラブホへ・・・。(2102文字) 終電で帰った夜のこと。 ホームの自販機で水を買って改札に向かう途中のベンチに、ぐったりとした女の子。 なんだか怪しいおっさんがしきりに、 「…