閲覧数: 5,781 PV

読了時間:約 5

唯一得意なことが“料理”という、ホントしょぼい男です。 そんな俺が先日、前から好きだった学級委員の鈴奈(仮名)とした体験です。 それは先週の水曜日の出来事でした。 その日俺は、午後の体育が面倒で昼休みが終わってもボーっとサボっていました。 しかしボーっとするのにも限界があって、そのまま寝てしまったんです。 しばらくして、アソコが暖かくなってきたのに気づきました。 エロい夢を見て…

閲覧数: 5,024 PV

読了時間:約 7

これは8年前の話だ。 僕は地元の進学校の高校を卒業したものの、大学受験に失敗し、浪人生活となった。 トラック運転手をしていた父親との父子家庭で、家にはなんだかんだで借金もあったようで、経済的な余裕もなく、僕は地元に残って「自宅浪人」の生活を余儀なくされた。 人口1万人強ほどの小さな町。 娯楽を楽しめる場所はほとんどなく、同級生も多くが街を出て、仕事をしたり、大学や専門学校に通っていたの…

閲覧数: 7,075 PV

読了時間:約 6

僕は中学校2年の時、同じクラスの女の子に手コキしてもらってました。 彼女たちとの関係は、放課後の教室で、よくエッチな話をしていたことが発端でした。 エッチな話と言ってもその内容は今からすると可愛いものでした。 思春期を迎えた自分たちの体に起こる変化と、色々と見聞きする体や性についてが話題の中心でした。 そんなある日、N子がこんなことを言ってきました。 「男の人って生理になる時、オチン…

閲覧数: 4,104 PV

読了時間:約 4

19歳の時のことです。 相手は、私は正社員で相手の彼女は臨時職員29歳の人妻のお姉さんでした。 私は高校卒業して働き始めたばかりで、彼女もいません。 女性経験もなく、童貞でした。 自分の19歳の誕生日の日、机を並べて座っている彼女から、「ちょっと」と言われ、会社の屋上に呼び出されました。 「なんだろう?」と思いながら、一緒についていくと、そこで「おめでとう」といって紙袋に入ったプレゼ…

閲覧数: 5,375 PV

読了時間:約 4

確か小4か5の頃だったと思う。 俺は当時、ませてるって言うのとは違うけどエッチな事に興味津々だった。 いつの間に覚えたのか、精液も出ない頃からオナニーをしてた。 でも顔がすごく幼くて、ちょっとコンプレックスだったけど、そのおかげでいい思いもした。 朝から頭が痛いまま学校に行ったけど、途中で吐き気が来るくらい痛くなり、保健室に行った。 その状態のままでは家まで歩いて帰るのはチョット・・…

閲覧数: 6,318 PV

読了時間:約 6

俺が高1で姉が高3のときだった。 俺はコタツでテレビを見ていたら、姉が学校から帰ってきて、「寒い寒い」言いながら、制服のままコタツに入ってきた。 しばらくすると、姉は疲れていたらしく、コタツに入ったまま寝始めた。 テレビがCMに入ったので、俺はとくに意味もなく、コタツに顔を突っ込んだ。 すると、対面に寝ている姉のスカートがめくれて、パンツがモロに見えた。 罪悪感を感じてすぐコタツ…

閲覧数: 5,075 PV

読了時間:約 9

僕が大学時代に住んでいたのは地方の政令指定都市。 写メがまだなかったころなので6年前くらいのことです。 当時僕は20歳で童貞だった。 当時PCの掲示板で知り合った女子高校生と、しばらくはPCや携帯のメールで3ヶ月くらいやりとりをしていた。 名前はアイ、高2だという。 最初は他愛もないメールをしていましたが、そこは若い男女。 だんだんと「彼女はいるの?」から始まって「Hしたことある?…

閲覧数: 7,892 PV

読了時間:約 3

俺が小6の時すごく発育の良かったKという女子がいた。 恐らくDカップくらいで背も170はあった。 ガキのオッパイって結構硬いのが多いじゃん? でもKは歩くたびにユサユサ揺れてすげー柔らかそうなのさ。 Kが走った時なんかもう・・・すごかったよ。 それだけで小学生だった俺にはキツイ刺激だった。 夏になって学校の水泳授業が始まり、俺と同じクラスのKも当然入る。 まぁ小学生だから男女…

閲覧数: 7,992 PV

読了時間:約 8

最近姉ちゃんとやってしまった。 なんか今複雑な心境です。 オレは大学3年。 姉ちゃんは25歳です。 姉ちゃんはかなり美人で、オレはそんな姉ちゃんが好きだった。 姉ちゃんは銀行に勤めていて、週末は高校時代から付き合ってる彼氏の家に毎週泊まっていた。 オレは週末はいつも姉ちゃんの下着をタンスからとり出してオナニーしていた。 するとオレが姉ちゃんのパンティーを嗅いでシコシコしている…

閲覧数: 7,894 PV

読了時間:約 2

これは小学5年生の時の話。 帰っても用事で母が居なかったので、僕は放課後に残って宿題をすることに。 僕が想いを寄せていたSさんも、ほぼ毎日放課後に残って宿題をしていた。 先生「2人は残るんだね?」 僕・Sさん「はい」 先生「先生は仕事があるから帰る時は自分で鍵閉めてね」 僕「分かりました」 この会話で分かるように、教室には今僕とSさんしか居ない。 最初の5分くらいは2人とも…

閲覧数: 6,792 PV

読了時間:約 10

「朝から、こんなにおっきくなってるし…」 それは眠気を覚ますには十分、濃いフェラでした。 幼稚園から大学まで、同じエスカレーター式の私立校へ通った真紀とは、もうお互い30歳になりましたが、長い付き合いの幼馴染です。 真紀も僕も独りっ子で、親同士も一緒にゴルフ旅行なんか行くほど仲が良かったですからね。 しっかり者の真紀が姉貴で、少々やんちゃな僕のが弟。 幼稚園の頃には時々、どちらか…

閲覧数: 8,055 PV

読了時間:約 4

小学4年生の時のある日、家でママ友の集まりの飲み会があった。 数名の友達のお母さんと自分の母親がいて、男は自分一人でとても気まずかった。 お母さん達は 「N君って顔整ってて肌も白くて可愛いわねー」 「ほんとだよね!」 など、褒められていたがおばさんにましてや友達のお母さんに言われても嬉しくなかった。 その中で1人だけ気になった比較的に若い見た目のお母さんがいた。 その人はモデ…

閲覧数: 11,055 PV

読了時間:約 4

俺が中出しにハマったきっかけ。 まだ東京で働いていた頃、職場は新大久保付近だった。 今は知らないけど、当時は立ちんぼの外人(アジア、コロンビア)が毎晩何十人も立っていて、意味もなく会社帰りはそこを通りながら電車で帰宅していた。 イケメンでもないし、田舎から出てきて出会いもない俺は、週末のある日、童貞を捨てようと決めた。 ちょうど給料日後だったし、毎晩ムラムラしながらあの通りに寄る自…

閲覧数: 6,982 PV

読了時間:約 3

俺は叔母との初体験がやっぱり忘れられないね。 叔母は母の弟の嫁で、オレとは血の繋がり無し。 小三の時に初めて見た時から、綺麗な人だなってマセて思ったものだった。 子供心にも、(一緒に風呂入るのかな・・・?)とドキドキしたんだけど、それは実現しなかった。 で、中学時代からオナニーするようになったんだけど、同級生よりも叔母のまだ見ぬムチっとした裸身を想像してよくシコシコしてたくらいだよ。 …

閲覧数: 9,409 PV

読了時間:約 6

大学4年間バイトした会社を辞める時、もう会うこともないだろうからと、経理の津田さん(39歳)に「ずっと、好きでした。津田さんに会えるからこのバイト辞めずに来てたんです」と正直に告白した。 社員休憩室で津田さんは黙ってしまったが、「ありがとう。嬉しいわ」と言ってくれた。 「就職祝いでもしないとね」と言ってきたので、「津田さんがいいです」と童貞のくせに言った俺。 津田さんはキスをしてくれ…