閲覧数: 15,210 PV

読了時間:約 6

あれは僕が中学2年の頃、小学5年の妹(ミワ)が、居間に短パン姿で、うつ伏せで寝ていました。 無防備に伸ばした2本の脚。 その当時は『脚フェチ』という言葉は知りませんでしたが、きれいな女性の脚を見ると興奮してきてオナニーしている自分には気がついていました。 (こんなに近くで女のコの生脚を見られるなんて) 私はミワの脚を近くで、まじまじと観察しました。 陸上の短距離で活躍していた妹の脚は…

閲覧数: 12,910 PV

読了時間:約 3

以前勤めてた会社での出来事です。 中小企業の営業をしていて、年末の忘年会。 私と2歳上のエリ先輩が幹事になり、場所の予約やビンゴゲームの景品を買いに行ったりで何かと2人で動いていました。 エリ先輩は顔は普通でしたが身長が170cmあり、スタイルが良くって密かに憧れていたので忘年会までの準備の期間が嬉しくて仕方ありませんでした。 特に脚フェチの私には、スカートから見えるエリ先輩のパン…

閲覧数: 8,312 PV

読了時間:約 3

私は大卒5年目のサラリーマンです。 昔から足フェチで、ストッキングやハイヒールなど足に関する事で興奮していました。 そんな私の日課は2歳年上29歳の麻衣さんの足を眺めて記憶に留め、夜、家で足フェチDVDを見ながら麻衣さんを想像してオナニーする事でした。 そんなある日の初夏、皆でカラオケに行きました。 私の目は当然、麻衣さんの白いタイトスカートから伸びるベージュのストッキングに包まれ…

閲覧数: 8,766 PV

読了時間:約 5

俺には少し年齢の離れた姉と、地元の国立大学に通う妹がいる。 姉は既に嫁に行って家族は両親と妹の4人。 俺は前の彼女と別れてからここ1年は彼女らしき人はいない。 姉の嫁ぎ先は小さな会社を経営してるんだけど、義理の兄から、「来週の土曜日に会社の創立記念パーティーをやるんだけど、受付のアルバイトしてくれないかな」と俺と妹に頼みに来た。 土曜日なら会社が休みだし、バイト代が出るならと俺はすぐO…