閲覧数: 8,387 PV

読了時間:約 5

当時僕は、O市にある会社で設計の仕事をしていました。 O市は一応東京にも関わらず、駅周辺から少し歩くとすぐに田んぼだらけの田舎でした。 駅の周辺もそこまで発展しているわけではなく、毎朝通勤時には決まったコンビニで飲み物等の買い物をしてから、20分程歩いて工場へと通っていました。 コンビ二でのバイト経験があった僕は、毎朝飲み物を買う時にバーコードを上に向けて商品を差し出す癖がついていました…