閲覧数: 6,119 PV

読了時間:約 6

投稿者:コウジ さん(男性・30代) タイトル:ドラッグストア店員をカラオケ店で。。。 私がよく行くドラッグストア●●に、歌手の●●〇〇に似た女性店員がいました。 ●●〇〇ファンだった私は、すぐに彼女の事が好きになっていました。 その女性店員は私の憧れの女性でした。 レジでの彼女の笑顔は天国に行く思いでした。 名前は、胸の名札によると「みや●●」さんと言う名前でした。 彼女と…

閲覧数: 10,863 PV

読了時間:約 9

投稿者:ショタコンな私? さん(女性・20代) 体験談タイトル:私のかわいい従弟 24歳のOLです。 今現在同い年の男性と付き合っていますし、過去に年下と付き合ったことはありません。 ショタコンではないと思っています。 ただ一人を除いては・・・ 私の親戚で中学1年生になる従兄弟(13歳)の修君がいますが、もう可愛くて仕方ありません、ジャニーズJr.に居てもおかしくないと思うほどの容…

閲覧数: 96,301 PV

読了時間:約 4

投稿者:軍曹 さん(男性・20代) 体の関係を持った途端に・・・ 投稿者男性にはヤリマンな女友達がいる。しかし投稿者は純粋な子とセックスがしたいのでヤリマン女友達にはフェラだけさせていた。しかしレイプ願望がある投稿者はついに我慢できなくなり、ヤリマン女友達を犯すことにしたのだが・・・。 俺には、相当ヤバいヤリマンな女友達マミがいますw 学生時代から知らない人でもナンパされればついていってセ…

閲覧数: 20,606 PV

読了時間:約 6

投稿者:由紀の彼氏 さん(男性・20代) タイトル:知らぬ間に同級生にDTを奪われていた 高校の時の体験談です。 某私立高校に入学したのですが、遠方の人は賄い付きの寮に入ることが出来たんです。 私も入寮したんですが1部屋につき2人という環境でした。 その寮は一つの建物で食堂を挟んで右が男子、左が女子と今思えば結構緩めな構造だったと思います。 勿論男子が女子のエリアに立ち入ることは禁…

閲覧数: 51,340 PV

読了時間:約 2

これは、やり過ぎです・・・ 投稿者は刺激を求めて妄想ばかりしている中年だった。ある日、悪魔の妄想を実行してしまう。友人(男)を家に誘い、妻に睡眠薬を飲ませて先に休ませ、友人が帰った後に寝ている妻を犯し、その後、友人の仕業の様な嘘のメモを残す。翌朝妻は・・・。 子供二人は他府県で大学に通っていますので、今は妻と二人暮らしです。 50歳前後にもなると夫婦の営みも刺激がすくなく、いろいろ妄想に…

閲覧数: 21,324 PV

読了時間:約 3

3ヶ月くらい前の話になります。 僕の家は5年前に父親と死別して、今は母親と二人暮らしになります。 僕は中学2年になって少しずつ成績も落ち、志望校に入れるか悩んでいる時でした。 保育園からの幼馴染の田村と、中学に入ってから仲良くなった吉田の二人が「学校終わってから解らないところ教えるから一緒にやらないか?」って声を掛けてくれました。 二人は学年でもトップクラスの成績で大変助かる思いで…

閲覧数: 113,285 PV

読了時間:約 6

投稿者:妄想の助 さん(男性・20代) 【体験談】兄嫁なら絶対に訴えない。慎重に検証して実行した・・・ かねてから罪にならずにレイプする方法を考えていたという鬼畜な投稿者男は、自分の兄嫁にターゲットを定める。兄なら世間体を気にして訴えたりしないと思ったからだ。そして理由を付けて兄に内緒で呼び出し、睡眠薬を飲ませることに成功、昏睡レイプを実行する・・・。(3284文字) 強姦、レイプ願望がある…

閲覧数: 76,260 PV

読了時間:約 11

【体験談】悪魔がささやき、犯罪に手を染めてしまう・・・ 投稿者男性は自営でIT関係の仕事をしているが、パートを雇うことになった。そこでせっかくなら好みの女性をと、30歳の主婦を雇うことになったのだが、予想以上に「いい女」を雇ってしまい・・・。(6725文字) 私は自宅でIT関連の仕事をしています。 仕事が忙しくなり、とうとうパートさんを募集することにしました。 募集をはじめると思い…

閲覧数: 21,703 PV

読了時間:約 4

私:36歳になるサラリーマン、10年前に妻と結婚、2児の父親。 妻(美沙子):33歳、子供9歳と7歳。 数ヶ月前に大きな仕事を任され、毎日遅くまで働いていました。 その影響なのか夜眠れない日々が続き、友人(医者)に相談を持ちかけていました。 「ストレスだよ!少し休んでリフレッシュすれば良くなるよ!」 「今、休める状態じゃないんだ」 「それがいけないんだ!本当に病気になるぞ」 …

閲覧数: 18,579 PV

読了時間:約 4

投稿者:リュウ さん(男性・30代) 体験談タイトル:好きだった処女JKをレイプしてお互い童貞卒業できた結果… 高校時代の話だ。 中高一貫の都内の学校に通っていた俺は、中学時代に付き合った彼女と中学最後の年に別れ、童貞+彼女がいないまま高校生活が始まった。 高校生活初日、転校生たちの紹介があり、その中にユイという娘がいた(AV女優の初美り○ん似)。 最初は、可愛い娘だな~、と思った程…

閲覧数: 20,460 PV

読了時間:約 6

私達はいつもと変わりなく遊び仲間で飲んでました。 妙にみんなハイテンションだなって思ってたら、酔いも早くて、身体が自由にならないし眠くなるし、女の子の一人が「ゴメン」って横になったら続けて横になる子が続出。 私も睡魔に襲われ秒殺。 ・・・気がついたら裸で寝てた。 けど身体がやっぱり動かせなくて、目だけで周囲を確認したら、女の子みんな同じ向きで寝かされて、仰向けで足を開いてた・・・。 …

閲覧数: 16,758 PV

読了時間:約 7

僕は大学生活から1人暮らしを始めました。 最初の1年間は、高校時代の友達が遊びに来たり、僕も2ヶ月に1回は地元に帰ったりしていましたが、3年生になった時にはもう誰も来なくなっていました。 だから、3年生の夏休みはアルバイト三昧でした。 (面白いようにお金が貯まっていくなぁ・・・)と思っていた時、突然小・中と仲の良かった奈美から連絡が来ました。 奈美は昔から妙に馬が合った子でした。 そ…

閲覧数: 21,028 PV

読了時間:約 7

とうとう念願がかなった。 前から狙っていた課長の奥さんを犯す事ができた。 社内ナンバーワンと言われていた同期入社の雅美が結婚したのは1年前。 ショックをうけたのは私一人ではなかったと思う。 しかも上司である課長とは・・・。 しかしチャンスはやってきた。 ある日、課の飲み会で課長が「最近仕事がきつくてアレの時に勃たなくなっちゃったよ」とボソッと言ったのを私は聞き逃さなかった。 …

閲覧数: 42,539 PV

読了時間:約 3

去年の夏の事です。 去年の春からウチに入社して俺がいる部署に配属されたKという子がいます。 高卒ですが身長150cmで、部活焼けした健康美っていう感じで、オジサマ連中には娘のように可愛いがられています。 そこらの芸能人よりずっと可愛い顔していて、オジサマ連中だけではなく若手社員にも人気高くて、俺も少し話しただけでファンになりました。 机が向かい合わせな事もあって何かと話す機会が増え、自…

閲覧数: 14,842 PV

読了時間:約 3

妻は人に頼まれると嫌と言えない性格です。 人の面倒見がいいとかではなくて、本来小心者で断れないのです。 子供会の役員を頼まれた時もそうです。 嫌とは言えず、結局引き受けていました。 私は、仕事のこともあるので時間が不規則で何も出来ません。 こういう役員というのは何かと集まりが多くて、夜遅くまでワイワイやっています。 そういう事が好きな人が中心になっているということもあるでしょう。 …

閲覧数: 15,129 PV

読了時間:約 4

私の上司は外車に乗り、色白で美人の奥様と可愛い子供に恵まれた、男としても理想の男性です。 よく独身の私を飲みに連れて行ってくれて、仕事の話や彼女の話などの相談に乗ってくれる男らしい上司です。 飲みに連れて行ってくれた後はよく「家に泊まっていけ」と言って、上司の家で飲み直すのがいつものパターンでした。 時々はお子様を寝かしつけた奥様も「私も一杯いただこうかな~」と言って参加して、お酒を…

閲覧数: 26,637 PV

読了時間:約 6

私達はいつもと変わりなく遊び仲間で飲んでました。 妙にみんなハイテンションだなって思ってたら、酔いも早くて、身体が自由にならないし眠くなるし、女の子の一人が「ゴメン」って横になったら続けて横になる子が続出。 私も睡魔に襲われ秒殺。 ・・・気がついたら裸で寝てた。 けど身体がやっぱり動かせなくて、目だけで周囲を確認したら、女の子みんな同じ向きで寝かされて、仰向けで足を開いてた・・・。 …

閲覧数: 20,248 PV

読了時間:約 6

私「ただいまー」 和紗「あ、おかえりお姉ちゃん!お風呂沸いてるよ?それとも先にご飯食べる?」 バイトを終えて帰宅した午後9時、法事で母方の実家へ帰った両親の代わりに、近所に住む幼馴染の子が迎えてくれた。 両親も昔から私をお姉ちゃんと慕って仲の良かった和紗を信用していて、出かける際には合鍵を渡していたぐらいだ。 私「じゃあ先にお風呂でー」 和紗「冷めちゃうといけないからまだ沸かしてない…

閲覧数: 22,365 PV

読了時間:約 10

彼女(現在の妻)と交際を始めて3ヶ月経った、残暑厳しい夏の事でした。 久しぶりに帰省した大学時代の友人に、彼女の紹介を兼ねた食事会を居酒屋でしました。 私は酒がダメなので、彼女を助手席に乗せて、車で友人2人を迎えに行きました。 車の中では簡単な挨拶を済ませ、居酒屋近くの駐車場に向いました。 彼女の服装は淡い水色の膝丈のワンピース。 夏らしいシースルーで、スリップの刺繍模様が透けて見え…

閲覧数: 14,684 PV

読了時間:約 5

当時付き合っていた彼女には、高校を卒業したばかりの優里と、中学三年になる真理という妹が二人いた。 知り合ってからもう何年も経ち、優里が中学生だった頃から皆でよく遊んだことを覚えている。 二人のことは「自分の妹みたいで可愛い」などと表面上は言っていたが、そんなことはどうでもよかった。 俺には変わった性癖がある。 処女に異常な執着があり、興奮するのだ。 その人間自体に興味はない、そこ…