閲覧数: 2,663 PV

読了時間:約 6

2hc暦はそこそこなんだが、こうやって体験談を書くのは初めてなんだ 矛盾と文章がおかしくとも大目に見て欲しい。 正確に言うと目撃談ではないかもしれない。 でも、あぁ女も性欲たまるとオナニーはするんだと素直に感心した21歳の若造だったあの頃。 AVみたいな作り物の中での女のオナニーしか知らなかった俺にとってリアルな女のオナニーは当時非常に興奮した。 …

閲覧数: 5,770 PV

読了時間:約 5

投稿者:まさひと さん(男性・20代) タイトル:関西出身の彼女が、家庭教師先のエロ高校生に・・・ 大学に入って、同じゼミの女の子と付き合うことが出来た。 僕の彼女は関西出身、年齢より年下に見える童顔だけど、胸が大きくて。 でも、女子高出身だからガードが甘い部分もあって、夏とかTシャツからブラが透けてるのとか見ると、心配になった。 見た目はすらっとしてるのに巨乳で、元・某グループのア…

閲覧数: 6,464 PV

読了時間:約 4

投稿者:カズマ さん(男性・20代) 体験談タイトル:合コンに一歳年下の元バイト先の子が来た結果… 大学の時に合コンやることになった。 相手は近くの女子大の女の子、四対四。 ちょうど20歳でアホだった俺らは、「もしお持ち帰り成功したら、成功した奴が、こっそり通話して全員に聞かせようぜ~」みたいな話してた。 俺らの中にAっていうイケメンの奴がいて、そいつはほぼ持ち帰ってたので、やりたい…

閲覧数: 4,203 PV

読了時間:約 6

投稿者:松本 さん(男性・20代) 体験談タイトル:副業でがっつり稼ぎたいと思って、借金をした結果…… 高卒で就職した投稿者男性だが、なかなか給料は上がらない。同僚のイケメンに相談したところ、いい副業があるが、初期投資の費用がかかるとのこと。無利子でその資金まで貸してくれたが、なかなか副業の成果が上がらず、借金が返せない。借金を3分の1減らしてもらうという約束で彼女を同僚の親の経営してる少し怪…

閲覧数: 6,109 PV

読了時間:約 4

投稿者:盗撮小僧 さん(男性・30代) タイトル:仕掛けたカメラを見つけた女にカメラを作動させるウイルスを送った結果(盗撮) 最初に、この話は作り話だから話半分に聞いてくれ。 好みのタイプの女を見つけたら後をつけて住んでいる家をチェック。 簡単に忍び込めそうなら、彼女の生活リズムを数日間調査した後に部屋に忍び込んで小型のカメラをベッドや脱衣所に仕掛けた。 俺は今までに10件近…

閲覧数: 22,913 PV

読了時間:約 7

【体験談】おっとり系の妻のとんでもない秘密が・・・ 投稿者男性は自称ブサイクでオタク。しかし収入がいいので美人な妻を貰うことができた。そして結婚して数年がたち、妻もパートに出るようになる。いつも妻の方が早く出勤するのだが、その日は用事があったので妻と同じ電車に乗ることに。こっそり妻の後ろから満員電車に乗り込むと・・・。(4230文字) 私の自己紹介ですが、私はどちらかと言うとブサイクの…

閲覧数: 28,762 PV

読了時間:約 10

最後に衝撃の行動に出る彼女に投稿者は・・・ 投稿者男性が大学3年の時に隣に引っ越してきた同じ大学の同級生女子。あまり可愛くもなかったので興味はなかったが、部屋の壁が薄いアパートで彼女のとんでもない声が聞こえてきた・・・。(6201文字) 大学3年の秋頃、隣に同じ学校の女が引っ越してきた。 帰ってきたらゴトゴトと物音がして、空き部屋だと思ってたからびっくりした。 泥棒なんじゃ…

閲覧数: 24,332 PV

読了時間:約 8

盗聴マニアの変態男に起きた信じられない話・・・ 投稿者男性は盗聴(盗み聞き)が趣味。しかも他人のSEXの声だ。近所を歩き回り盗み聞きしやすい家を探す。そしてターゲット女性をみつけ生活パターンを調査、彼氏が来る週末を狙って毎週のようにポストの隙間から部屋の中の音を聞いていたのだが、だんだんとエスカレートし、予想だにしない結末が・・・。 新築マンションに2年間一人暮らしをして住んでいた…

閲覧数: 21,611 PV

読了時間:約 5

投稿者:斉藤同人 さん(男性・20代) 【体験談】家庭内紛争ぼっ発・・・ かわいくて優しい自慢の妻を持つ三十代の投稿者男性。ある日、二人いる弟の一人から「おねえさん浮気しているよ」とメールが来る。そして妻と問題の弟のセックス写真がメールで送られてきた。ショックを受けながらも冷静に考え、ひとつの罠を仕掛けることに・・・。 30を過ぎて、職場でもそこそこの地位になってきた。 数年前に結婚した5…

閲覧数: 13,935 PV

読了時間:約 5

父親の趣味の無線の受信機を両親が旅行に行った時に弄っていた投稿者。色々な無線の電波を傍受して楽しんでいたのだが、そろそろやめようとした時、いかにもいやらしい言葉を話す女性の声を傍受する。歓喜し、興奮しながら聞いていると・・・。 記憶がそうはっきりとしている訳ではないけど当時住んでたマンションは14階建てで14階角部屋だった。 親と同居してた頃の話なんだが、親父は受信機に凝ってて…