閲覧数: 6,524 PV

読了時間:約 5

仕事がうまく進まないので、程よく切り上げて4時間。 ツーショットで19才の大学生と会って来たばかり。 4回中出しで感激しながら書き込んでいます。 ザーメン、マンコ汁、涙、汗、唾液・・・液体がたくさん混じった3時間でした。 スリム系で私好みのBカップ、長い黒髪の純粋&可愛い系。 援助だと思っていたら、ラッキーの無料。 満更バカでもないどころか、有名国立大学1年生。 しかも、「今日は…

閲覧数: 10,300 PV

読了時間:約 7

会社の先輩を俺専用のダッチワイフとして使っています。 先輩の名前は恭子。 2歳年上で、スレンダー系グラマーでミディアムワンレン。 可愛いより綺麗系で、自分の女にしたいと思っていましたが、俺は外見に似合わず気が弱く、何もアクションも取れないまま一年近く過ぎました。 3連休なのに特に予定もないままダラケていた金曜日の夜、23時過ぎに恭子から電話がありました。 恭子「悪いけど、チューハ…

閲覧数: 6,745 PV

読了時間:約 3

今の職場は男ばかりの事務所なので、1人だけ女性のパートさんを雇っている。 採用は一年限りなので、毎年イチから教えなければならず結構面倒くさい。 なので職場で一番下っ端の私がその世話係を押し付けられるのだが、私は喜んで引き受けている。 毎年、人妻のセフレが増えていくのだから、こんなおいしい役は譲れない。 所長の好みなのか、決まって30前後の小柄で可愛い系の人妻が採用される。 当然みんな…

閲覧数: 10,219 PV

読了時間:約 3

高校2年になってからすぐの話。 こっちからは何もしてないのに、何が気に入らないのか、やたらと俺の文句を言ってくる女(仮名・智子)がいた。 でも俺は、この女の文句を言い返したりしないで無視を決め込むことにした。 ところが1ヶ月ぐらい経って、俺がクラスの男や他の女の子とも仲良くなり始めて、クラスの中心グループの一員になると、俺のことが気に入ったのか、やたら近づいてくるようになった。 俺…

閲覧数: 7,276 PV

読了時間:約 4

もう時効だからいいか? 設計へ転属し勤務していた頃、業務量が膨大になり、派遣の子を2人手伝いで入れる事になった。 正直、業務量が多すぎて大して気にもしていなかったし、興味もなかった。 とある日。 帰宅しようとすると、派遣の子と帰宅が一緒になった。 この子の名はアユさん(仮名)、29歳の自分の2こ上。 後々知ってく事になるんだが、バツイチでちょいぽちゃかな。 アユ「お疲れ様です…

閲覧数: 7,245 PV

読了時間:約 3

隣に1年チョイ前に越してきたセックスレス夫婦の人妻(31)を落とした。 仕事が不規則な俺は、旦那がいない昼間や、仕事行く前とか、空き時間があればハメまくってやったが、だいぶ飽きてきた。 その人妻はMの素質もあったので「アナルも仕込んだし2穴もしたいなぁ~」って思ったから、承諾も得ずに、普段通り昼過ぎに隣の部屋を訪れた。 違うのは俺の後ろに俺に懐いてる後輩が3人いる事くらいだった(笑) …

閲覧数: 10,071 PV

読了時間:約 4

22才、大学生です。 今年の夏休みから、体操の先輩の紹介でホームセンターでバイトを始めました。 今は楽しくてやめられません。 何が楽しいって仕事じゃなく、一緒に働いてるパートの主婦のみなさんです。 夏休み終わりの打ち上げの帰りに1人目とヤッて以来、週1ペースで20代から40代後半まで、中学生みたいなガリガリから激ポチャまで食いました。 お気に入りは2人。 26才の麻奈さんは、新…

閲覧数: 9,750 PV

読了時間:約 5

これは高校時代の話だ。 その時、私に片想いしていた同級生がいた。 彼女は大原優乃似のMちゃん。 個人的に好みの顔ではなく、ややぽっちゃりした体型の上、少女漫画オタクだった。 これまでMちゃんとはごく普通に接して来たが、Mちゃんには日頃からしつこいアプローチを繰り返され、極めつけは私を尾行し、ストーカー行為に近い行動をとった事だった。 困った私は翌日、Mちゃんを呼び出して、問いただした…

閲覧数: 9,103 PV

読了時間:約 7

とうとう念願がかなった。 前から狙っていた課長の奥さんを犯す事ができた。 社内ナンバーワンと言われていた同期入社の雅美が結婚したのは1年前。 ショックをうけたのは私一人ではなかったと思う。 しかも上司である課長とは・・・。 しかしチャンスはやってきた。 ある日、課の飲み会で課長が「最近仕事がきつくてアレの時に勃たなくなっちゃったよ」とボソッと言ったのを私は聞き逃さなかった。 …

閲覧数: 8,341 PV

読了時間:約 11

俺の遊び仲間にKという先輩がいる。 このK君は人付き合いがよく、男からも女からも好かれる感じの人だが女癖が悪い。 本命彼女を含め、常に3人程度のセフレと付き合っている。 ある時、K君と飲みながら「俺はセフレどころか彼女さえいない」と愚痴っていると、「じゃあ1人やるよ」と言い出した。 「U子なんてどう?俺もそろそろ別れたいし、あいつ大人しいからセフレには丁度いいよ」 そんなに簡単に口説…

閲覧数: 13,160 PV

読了時間:約 4

私はお見合い結婚で、主人が初めての人です。 男の人と手をつないだこともなく、23歳で結婚しました。 主人はあとで知ったのですが、かなり遊んでいて結婚相手はお見合いでという考えだったようです。 結婚式の夜が初夜の日になりました、披露宴をあげたホテルのスィートルームにて。 部屋に戻ってきてからどう過ごせばいいのかわからなく私は固まっていました。 主人がお風呂からあがってきてから、促される…

閲覧数: 7,849 PV

読了時間:約 5

私は45歳の既婚です。 お相手は4つ下の他部署にいる未亡人N子さんで、2年前に旦那が亡くなっています。 前から気になっていたのですが、きっかけは半年前の社員旅行で、隣に座ることとなり、なんだか話が合って2次会も楽しく過ごしました。 そのときは、そのまま「また今度飲みにいこうな」と言う感じで終わったのですが、1週間ほど後で「週末、飲みに行く?」と誘ったら「OK」と言うことになりました。…

閲覧数: 7,583 PV

読了時間:約 4

これは僕が30歳の時のことです。 飲食店のチーフマネージャーとして働いていた僕は、毎日営業終了後も日報なりを書かないといけないので、いつも遅くまで残っていました。 その時はもうお客さんもいないので、お店のお酒をちょっと拝借しながらカウンターに座って売り上げ計算です。 しかしその時間を使って、僕は他の従業員には言えないことをいつもしていたのです。 その日はたまたまお客様が一組残ってい…

閲覧数: 9,315 PV

読了時間:約 9

前回のお話→【強姦】訳アリ妻と行ったロサンゼルス旅行で強盗に遭った結果・・・・・・・・・ 13年前、僕は屋上のある三階建の家に独りで住んでいた。 僕が高校の時に、両親が購入した中古の一軒家だったが、その二年前に両親と妹が死に、以降、僕の持家となった。 目の前には公園があり、その先に十二階建の都営住宅がある。 その時は真夏の熱帯夜の夜十時頃で、僕はいつもの様に屋上で、煙草を吸って…

閲覧数: 9,530 PV

読了時間:約 3

私は中学生の時バレー部に所属していた。 当時は将来本気でバレーの選手になりたかったので入部した時から、人一倍努力をしてその年にレギュラーになることが出来た。 レギュラー入りしてからも必死に努力を続けたが2年になってすぐ練習中に大怪我を負い半年近く参加できず戻ったときにはレギュラーから外されてしまっていた。 簡単に外されて気持ちが折れあっけなく退部してしまった。 そして禁止されていた…