閲覧数: 2,394 PV

読了時間:約 2

男の人の精液をかけられるのが好きなんです。 男の人からすると、なんであんなものを、と思われるかもしれませんが。 固くて大きくなったおちんちんからピュッピュッて白くてあったかい液がかけられると、男の人のからだって不思議だなあと思うのと同時に、すごくいやらしくて感じてしまうのです。 …

閲覧数: 8,852 PV

読了時間:約 6

投稿者:えいと さん(男性・40代) 体験談タイトル:初射精は怖目の女性 初めて射精した時って言うと大体夢精しちゃうかエロ本でオナって、がデフォルトだろう。 俺の場合は中学一年の時、まだオナニーも包茎も知らなかった頃。 この時まだ仮性だったけど「あと少しで剥ける」くらいに自然になっていてカスが気になって「引っ張るとちょっと痛いけど剥いちゃえ」とそのまま剥けて包茎は解消。 血も少ししか…

閲覧数: 8,210 PV

読了時間:約 2

投稿者:奈穂 さん(女性・30代) 体験談タイトル:釣竿1本、男の竿4本 3年前のお盆に男4人(拓海、和希、新一、康二)、女4人(私、カオリ、ミサ、優子)で九州へ3泊4日の釣り旅行に行きました。 目的地に着いて磯釣りを楽しみ、夕方には宿泊するペンションに行きました。 ペンションは2階建てで、目の前に海があり、静かな場所でした。 部屋は1階が女性陣の寝室、2階が男性陣の寝室。 …

閲覧数: 15,117 PV

読了時間:約 3

投稿者:たくや(男性・20代) タイトル:ドМのセフレ 当時の私は大学2年生でした。 金銭面であまり余裕がない私は、バイトばかりしていました。 大学で講義を受けて、終わればバイト。 この繰り返しの日々でした。 なんのためにバイトをしているのかわからなくなるほど、日々疲れていました。 今がこの精神状態で、実際に社会人になったら私はどんな人間になってしまうのだろうか。 そんな不安と…

閲覧数: 11,480 PV

読了時間:約 2

投稿者:麻衣子 さん(女性・40代) タイトル:強豪柔道部のマネージャー 今から30年以上前の出来事です。 通っていた私立高校が当時はスポーツ強豪校で柔道部だけが鳴かず飛ばず。 男子20名、女子15名。 その柔道部でマネージャーをしていました。 男子部員は全員丸刈りが強制で、鉄拳制裁の場面も男女関係なく毎日見てました。 今なら大問題になるのですが… …

閲覧数: 21,963 PV

読了時間:約 3

投稿者:千里 さん(女性・60代) タイトル:オバさん専科とだまされて・・・。 ちょっと家計が苦しい主婦です。 騙されました。 「オバさんとセックスしてお金を払いたい男がいっぱいいるんですよ」というメールが来て、私は自分がオバさんかどうかわかりませんけど、そういうなら‥とバイト感覚で話に乗りました。 「私はオバさんっていう感じかわかりませんが、ちょっとお金が欲しいので」と言い…

閲覧数: 8,547 PV

読了時間:約 3

投稿者:美優紀(女性・40代) 体験談タイトル:旦那を守りたいのです 私はあるもぐり(?)の風俗に勤めています。 ここはワケアリの女性専門のお店です。 貧困女性とかいろいろな事情のある女性たちが勤めています。 あまり詳しい事情は書けないのですが、私もここで働いています。 旦那が作った借金を返済するためにはパートの給料ではとても返せません。 ですが、ふつうの人妻風俗に勤めること…

閲覧数: 7,307 PV

読了時間:約 4

投稿者:ゆま さん(女性・20代) 体験談タイトル:専業主婦は楽ではありません… 私は過去にエロ系のDVDに出演していたことがあります。 グラビア系のDVDに出ていたことに気づいた男性から脅されてセックスを強要されています…。 私は専業主婦です。 昔、芸能界にいたころ、お金持ちの男性は最低の人ばかりだと知ってから、私はふつうのサラリーマンが好きです。 だから一般の男性と結婚しました…

閲覧数: 8,491 PV

読了時間:約 4

いつものように週末は彼の家で過ごす事になりました。 その日は、彼の友達(武志・隆二)を呼んで4人で鍋をする事になりました。 みんなで鍋を囲み、バカ話をして盛り上がりました。 ほんの少しお酒が入って上機嫌な彼は、私の事を「可愛いねぇ」とか言いながら甘えてきます。 足を触ったり、胸を触ったり・・・。 彼の友達はそんな彼を笑って見てました。 友達がゆうり(私)にプレゼントをくれました…

閲覧数: 14,699 PV

読了時間:約 4

会社帰りに、以前声かけられて少しエッチな事をした2人にまた声を掛けられて、「送って行くよ」と言われて断ろうとしたけど、近くに同僚がいたので知り合いの振りをして車まで行きました。 車の前で普通に会話をしてたので、大丈夫だと思っちゃって、「遅くなるから送って行くよ」と言われ、ついお願いしてしまい車に乗り込みました。 途中でコンビニに寄り、その際お酒を買ってたみたいで、私に飲むよう勧められま…

閲覧数: 20,666 PV

読了時間:約 3

高校2年になってからすぐの話。 こっちからは何もしてないのに、何が気に入らないのか、やたらと俺の文句を言ってくる女(仮名・智子)がいた。 でも俺は、この女の文句を言い返したりしないで無視を決め込むことにした。 ところが1ヶ月ぐらい経って、俺がクラスの男や他の女の子とも仲良くなり始めて、クラスの中心グループの一員になると、俺のことが気に入ったのか、やたら近づいてくるようになった。 俺…

閲覧数: 11,812 PV

読了時間:約 2

俺が中学の頃、同じアパートの上の階に住んでいた娘のエロ話。 彼女はものすごく勉強ができる子で、成績はいつもトップクラスだった。 キャンプの時に、森の神様役でキャンプファイヤーの火種を持ってくる役を任されるくらい先生からも好かれていた。 しかし、彼女の姉はヤンキーで、その影響からか彼女もヤンキーと付き合っていた。 夜の10時くらいに俺が塾から帰るときに、彼女が暴走族風の車に乗って出か…

閲覧数: 20,331 PV

読了時間:約 4

オレの知人の女のことだが、彼女はユミといって28歳の一般的なOLをしている。 彼女は顔は可愛くて胸が大きい。 ただ、なかなか彼氏ができないと言う悩みを持っていた。 顔が可愛くて胸が大きいとなればモテると思うが、なかなか上手くはいかないもらしい。 ユミは胸を目当てに来ていると思いこんでいるのだ。 そんなことから、気にしすぎて性格もきつくなってきている。 まあオレも男として思うが、…

閲覧数: 21,852 PV

読了時間:約 3

本社の山田と高橋という50代のおっさんと飲んだときのこと。 過去のエロ武勇伝の話題になった。 今までずっと口外できなかったとっておきの話、とのこと。 10数年前の慰安旅行の宴会。 山田、高橋の間に10代の新人の女の子が座っていた。 女の子は身長が高く、ものすごい巨乳、しかも浴衣姿。 背が高い分、丈が短くなって生脚がチラチラ見えた。 酔って座り直すたびに浴衣が乱れて、太ももが露わに…

閲覧数: 49,607 PV

読了時間:約 4

俺、彼女共に20歳の頃の出来事。 俺と彼女は中学校の同級生で、高校2年の頃から付き合いだした。 処女と童貞同士のカップルだった。 高校を卒業して俺は東京に就職。 彼女は地元の短大に進学。 2年の遠距離恋愛を経て、春から彼女も東京に就職が決まった。 高校時代も遠距離恋愛中もあまり会う時間がなく、セックスの回数はそんなになかった。 東京に来てからは毎日会えるようになり、毎夜セックスを…

閲覧数: 32,488 PV

読了時間:約 7

俺は47歳の地方都市に住む平凡な会社員です。 この話は同じ街に住む女性の、過去から現在に至るまでの話です。 俺が見たことだけでなく、連れや知り合いとかから聞いたことも含めての彼女の話になります。 彼女の名前は『いくみ(仮名)』といい、同じ47歳。 パートで週5日ほど事務の仕事をしてる小太りな平凡な中年女です。 彼女を初めて知ったのは高2の時でした。 連れの『昇平(仮名)』の彼女でし…

閲覧数: 21,572 PV

読了時間:約 11

私には単なる飲み仲間の女性が居ますが、その彼女に妊娠前提の中出しをしました。 最初は普通に飲んでいたのですが、彼女が自分のマンションで飲み明かそうと言い始め、私も飲み明かすつもりでした。 ところが部屋に入ると彼女が、「相談があるんだけど」と神妙な顔つきで話し掛けてきます。 聞けば年齢も30代半ばを過ぎて彼氏がおらず(私は既婚子持ちで彼女のターゲット外です)、「このままでは出産可能年齢を終…

閲覧数: 29,078 PV

読了時間:約 10

投稿者:ヒロ さん(男性・20代) 「あのさ、お前、しつけ~んだよ」 「最初に言ったでしよ、私、しつこいって」 女はマオ。 当時2つ上の23才。 1年くらい付き合って別れた。 「しらね~よ、とにかく、もう俺にかまうな」 「だって…」 合コンで知り合って、なんとなくヤレそうだから声かけた。 「だってじゃね~よ、俺達別れたんだぜ」 「それはヒロが勝手に言ってるだ…

閲覧数: 24,603 PV

読了時間:約 3

投稿者:マリ さん(女性・20代) 顔は可愛くないしGカップのデブなのに・・・ 投稿者女性の周りには常に男がいる。本人は自分にあまり自信はないのだが、なぜか男が寄ってきて、一度セックスするとずっと離れないのだ。いったいナゼだろう・・・。 こないだ大学を出たばっかりで二十代前半の女ですw 聞いてくらさい。 最近、特にヤバイんです。 マジでヤバくて男が常に在駐しているっつうのかなんか・…