閲覧数: 2,435 PV

読了時間:約 5

投稿者:コロ助 さん(男性・30代) タイトル:熟女事務長 和子55歳 その2 前作:得意先病院の怖いと有名な熟女事務長はただのドM熟女でした・・・・・・・・ 病院事務長の和子と関係をもってから1週間後、納品で和子の病院に行きました。 補充倉庫に納品して担当者にサインを貰い、納品伝票の写しを事務所に持って行きます。 事務所の入ると一番奥のデスクに和子はいました。 一瞬目が合…

閲覧数: 3,863 PV

読了時間:約 4

投稿者:意外に熟女好き さん(男性・40代) タイトル:ガードが硬いと思っていた職場のお姉さん 会社に50代の熟女がいる。 とてもとても50代で成人したお子さんが2人いるとは思えない。 またショートカットがとても似合っている(私はショートカット好き)。 よくお喋りするし楽しい。 僕が会社にバイトとして入ったのが16才のころ(現在は45才)で、そのときから働いていたお姉さん(と呼…

閲覧数: 5,435 PV

読了時間:約 5

投稿者:えんがわさん(男性・20代) 前回の「緊急事態宣言前に地味顔アラサー上司のフェラ顔を拝めました・・・・・・・・」の続きです。 そんなこんなで在宅ワーク・・・と言った感じになっているワケですが、リモートでの会議が無くて良かったと思う次第で・・・ 何でかって言うと自分がこなすデスクワークの間に椅子の下ではチュポ、チュポ。としゃぶってくるんです。 姉とセックスしてない間に…

閲覧数: 4,083 PV

読了時間:約 8

俺が最初に就職したのが予備校だった。 一応会社ということで、このスレに書き込むよ。許せ。 教員免許は国語なんだが、数学の講師が不足しているということで、数学を教えることになった。 予備校だから、別に免許も必要なくて、何を教えても良いわけだ。 職員室があって、たいてい俺たちはそこにいるんだが、そのほかに事務室があった。 事務員は女性二人、一人は大卒で去年入社したという由紀(仮名)、…

閲覧数: 3,720 PV

読了時間:約 6

姉の職場の先輩にいつものように食事に呼ばれて行きました。 「裕香さ~ん!こんちは~」 「おっす。座りなよ」 「あれ?今日姉ちゃん居ないんですか?」 「あんた、私と2人っきりでの食事はイヤなの?」 「そんなことないですよ~!いただきま~す!」 いつもは姉と僕(仮名:ねい)と、姉の先輩の裕香さん3人で食事をすることが多かったんです。 裕香さんは僕より10歳年上の28歳。 彼氏ナ…

閲覧数: 12,301 PV

読了時間:約 3

僕が中2の頃、近所の女子大生で、凄く綺麗な春香お姉さんにイタズラされました。 お姉さんに誘われてお姉さんのお部屋にお邪魔しました。 「チンチン見せて」と言われ、恥ずかしいけど見せました。 「オナニーしてみて」と言われましたが、僕はその頃オナニーすら知らなくて、「おなにー?」って聞き返しました。 お姉さんが僕のチンチンを揉み始めるとすぐに勃起してきて、それを見たお姉さんは、「生意気に…

閲覧数: 8,711 PV

読了時間:約 9

もう10年以上前の話です。 当時、心の底から惚れていた彼女に振られてしまった俺は、思いっきり彼女に未練が残ってしまい、恋愛なんかとてもできない状況になっていました。 振られて半年後くらいの頃です。 その頃よく遊びに行っていた年上の女性、Tさんと飲みに行くことになりました。 Tさんは自分より6歳上で、昔通っていた語学学校で知り合いました。 お互いに気疲れしないというか、ウマが合う関…

閲覧数: 6,037 PV

読了時間:約 4

まだ自分が新人社員だった頃、会社にいた美人先輩(教育係)に、いつも目の敵にされてました。 仕事の内容はもちろん、接客の仕方やマナーなど、色々な事でいつもきつく叱られていました。 同期のイケメン君には優しく指導、自分(犬メン)とは全く違う態度でした。 やっぱり顔がイイと得だよなぁーっていうか、所詮その先輩も顔が一番なんだなぁという思いでした。 数ヶ月後、やっと独り立ちして、美人先輩か…

閲覧数: 7,537 PV

読了時間:約 4

オレの女友達には少々口が悪い女がいる。 普段一人でいるときはそうでもないのだが、周りに他の友人がいたりすると途端に勢いが出てくる。 まあありがちなパターンではある。 複数になると気が上がってしまう人。 なので、単独で会う分には良いのだが、グループで会う時にはあまり気が進まない部分があるのだ。 しかしそんな時に、前から一緒に飲みに行っているグループでの飲み会があることになった。 もち…

閲覧数: 9,668 PV

読了時間:約 4

バイト先の飲み会でみんなで居酒屋で飲んだ後、終電が無くなったから、そのうちの女子2人がうちに泊まる事になった。 バイト先で俺はヘタレキャラだったし、女の子2人なら危なくないとかの理由で無理やり押しかけられたけど、かなりその時点でドキドキしてました。 しかも2人とも年上だったんで、お姉さん好きな自分にはかなり神がかった展開で、「寝て起きたらすぐ帰って下さいよ」とか言ってたけど内心ガッツポ…

閲覧数: 9,479 PV

読了時間:約 3

新卒で会社に入ったばかりの頃、配属された課に30直前のお局さまがいた。 顔は中の下くらいだが、カラダはむっちりしてて、かなりエロかった。 ある週末に飲み会があり、俺はお局さまを狙っていたが、先輩達に阻まれ、失敗。 結局、飲み会が終わるまで一言も話せず、店を出たところで奇跡が起こった。 帰る方向がお局さまと一緒だったのだ。 先輩たちを押し退け、強引にお局さまと同じタクシーに乗り込んだ。…

閲覧数: 6,072 PV

読了時間:約 4

オレが子供のころから夏になると行く親戚の家。 父方の祖父の家なのだが、かなりの田舎にあるのでいつも泊りで両親と訪れていた。 その祖父母の家と言うのが平屋で広い作りになっている。 そのせいか、お盆には親戚だけでなく近所の人まで集まっていた。 皆で無意味に宴会しているようなものである。 オレは最初のころなんて園児だったが、今では立派に20歳になったばかり。 子供のころから毎年のように見…

閲覧数: 13,662 PV

読了時間:約 6

大学4年間バイトした会社を辞める時、もう会うこともないだろうからと、経理の津田さん(39歳)に「ずっと、好きでした。津田さんに会えるからこのバイト辞めずに来てたんです」と正直に告白した。 社員休憩室で津田さんは黙ってしまったが、「ありがとう。嬉しいわ」と言ってくれた。 「就職祝いでもしないとね」と言ってきたので、「津田さんがいいです」と童貞のくせに言った俺。 津田さんはキスをしてくれ…

閲覧数: 5,241 PV

読了時間:約 6

オレが大学1年の時の実話です。 女っ気のない工業大学に通ってたオレ。 学園祭がきっかけで待望の彼女ができました。 彼女は同じ市内にある女子大のひとつに通っていて、年上のポッチャリ型でそれほど美人という感じではないけど、オレも贅沢は言えない環境。 女性なのにかなり男っぽくってあっさりした性格。 色々と気になることもあったけど付き合うことにした。 彼女は車を持っていて、初デートの夜…

閲覧数: 19,053 PV

読了時間:約 12

金曜の週末、会社の飲み会があった。 入社して半年過ぎた頃だった。 新入社員の俺は2次会まで付き合わされた。 うちの課の係長は女性だった。 係長は飲むとヤバいと聞いていた。 絡んで飲み会の雰囲気を壊すと聞いていた。 仕事が出来て、ちょっと厳しい人だ。 それでいて綺麗な人なのに、どっかのオヤジみたいになるらしい。 それと係長は胸が大きくて、男性社員の下品な冗談のネタにされていた…