閲覧数: 11,858 PV

読了時間:約 4

僕は毎朝、電車で通勤しています。 平日の朝は混雑がひどく満員電車がかなり苦痛でした。 ある朝、遅刻した僕は走って駅まで辿り着きましたが、いつもの電車に乗ることが出来ず、次の電車を待ちました。 次の電車が到着し、乗り込みました。 後から押される人の波に抵抗せず、どんどん中に押し込まれました。 ドアが閉まり、電車が動き出しました。 ふと気が付くと、目の前に背の高い女の人が立っていました…