閲覧数: 5,348 PV

読了時間:約 5

横浜桜木町のBARカウンターで一人飲んでたら突然後から抱きつかれ、両手で目隠しされて・・・ 「だぁ~れだ!」 何となく聞き覚えのある声だけどサッパリ解からない。 「解かんないのぉ~?しょっくぅ~~!」 手を解いて振り返って見たら以前付き合ってた美和の妹、慶子だった。 「久し振りだねぇ~元気だった?」 「元気だったよ」 「今何してるの?」 「今エステシャンで横浜駅の近くで働いてる…