閲覧数: 5,998 PV

読了時間:約 4

営業で福岡に出張したときの出来事です。 九州での出張二日目、ホテルは博多駅近くに取ってたんですが、その日は思ったほど契約がとれず、結局福岡に戻ったのは夜の11時半過ぎ。 赤信号で止まっていると、見知らぬ女が助手席の窓をコンコン。 見ると、20歳前ぐらいのいわばヤンキー系。 窓を半分まで下ろすと・・・。 「おじさん天神方面?」 「いや、博多駅だけど」 「途中まで、乗っけてくんな…

閲覧数: 4,545 PV

読了時間:約 6

かなり昔の話。 バブル全盛期、俺は会社勤めを始めた。 あの頃は仕事も忙しかったけど、みんな羽振りが良くて、3つ年上の先輩なんだけど、本当に色んな所によく飲みに連れて行ってくれた(当然オゴリ)。 そんなよく行く一軒で小さなパブなんだけど、結構女の子がいて、俺なんか若いもんだから可愛がられたんですよ。 その店の女子の中で一人、茶髪でデビューしたての頃の中山美穂みたいな髪型の子がいて、もろヤ…

閲覧数: 5,726 PV

読了時間:約 7

今思えば俺は巨乳好きのブス専だったんだな。 初めて彼女が出来たのは中学2年の時。 地元の公立中学に通ってた俺はクラスでムードメーカー的存在。 部活の野球でもムードメーカーで、野球自体はそんなうまくなかったが一生懸命やってたと思う。 中学2年にもなるとやっぱり好きな女の子が1人や2人いて、男子だけで「誰が好きか?」とか話すんだが、俺の好きな女の子はクラスでもブサイクな方で性格もヤンキーっ…

閲覧数: 9,890 PV

読了時間:約 7

「あんたぁ、こんなにおっきくなってぇ…」 赤ちゃんにオッパイをやりながら、元レディースのリーダーは突き出された僕のチンコをフェラし始めました。 この女、亜衣とは、この日から約一年半ほど前にコンビニで出会ったのが最初です。 特攻服を着た亜衣が仲間数人とそのコンビニの店長と店員に絡んでいたところにたまたま居合わせ、別に正義感なんてありませんでしたが、ただ意気がったガキが大嫌いだった僕は、合気…

閲覧数: 6,859 PV

読了時間:約 2

俺が中学の頃、同じアパートの上の階に住んでいた娘のエロ話。 彼女はものすごく勉強ができる子で、成績はいつもトップクラスだった。 キャンプの時に、森の神様役でキャンプファイヤーの火種を持ってくる役を任されるくらい先生からも好かれていた。 しかし、彼女の姉はヤンキーで、その影響からか彼女もヤンキーと付き合っていた。 夜の10時くらいに俺が塾から帰るときに、彼女が暴走族風の車に乗って出か…

閲覧数: 6,079 PV

読了時間:約 5

中3の時。 お腹痛くて(生理痛)保健室に行ったら先生がバファリンくれて飲んだあとベッドで寝てた。 痛くてゴロゴロしてたら、保健室のドアが開く音がして「あ~ダリィ!」と言う声が響いた。 一個下の学年のマサだった。 マサは学校一のヤンキーで、私たちの学年の男子から嫌われて喧嘩とかしてた。 私は普通の女だけど、2ヶ月前に私に告ってきた。 私が寝ているベッドは水色のカーテンで閉めきられ…

閲覧数: 6,637 PV

読了時間:約 3

俺が高校2年生の時の事だ。 隣のバレー部が騒がしく、開いている窓からちらっと覗いてみると学校で優等生で可愛いと評判の末益が先輩にいじめられていた。 彼女はすでに泣いていた。 僕はまずいもの見たと思い目をそらしたが、いじめていた先輩に見つかってしまった。 すぐに先輩(女)が部室から出てきて「今、見たね。誰にも言うなよ」と、俺を睨んだ。 俺は「はい・・」と直ぐに答えたが、別の先輩が「チョ…

閲覧数: 17,520 PV

読了時間:約 8

中3の時、インフルエンザで俺以外の部員が全滅した。 帰ろうと思ったけど、塾の関係で部室にいることにした。 この部室は、当時喫煙してた俺にとっては奇跡の楽園で、顧問から『煙草はここで吸え』と約束させられてた場所だった。 そこで、換気扇の音を聴きながらプカーっとしてたら、誰か来た。 ノックするので、俺はカギを開けた。 1個下のヤンキー女、由希子と香織が入ってきた。 この部室は部外者…

閲覧数: 11,424 PV

読了時間:約 7

高校入学前の春休みに暇でブラブラしてたら、近所のスーパーで中3の時の同級生の女子二人とバッタリ出くわした。 一人は中学の頃からヤンキーで、金髪色白のM。 こいつは凄いおしゃべり。 もう一人は茶髪で若干色黒なT。 この子は凄い可愛いけど無口。 俺はTのことが気になってたんだけど、自分から女子には話し掛けられないし、Mが苦手だったから、その日もスルーしようとした。 そしたら「おい、…

閲覧数: 9,299 PV

読了時間:約 2

中二のとき、クラスにわかりやすい不良女がいた。 クラスメートの中で髪はそいつだけ茶髪だし、普通に化粧してたり制服を着崩すのは当たり前。 平気で授業もサボる。 だが、正直不良というのを差し置いても、そいつは可愛かったし、カラダも中二とは思えない程に発育が良かった。 スラッと伸びた長く、そして丁度良い肉付きの太ももがエロい上に、夏場では目を凝らせば普通に透けブラもしているし、ボタンを二つく…

閲覧数: 21,133 PV

読了時間:約 8

十数年前、俺が中学2年の時に、3年の不良グループに放課後呼び出しされた。 当然行きたくはなかったけど、逃げると後が怖かったので恐る恐る指定された屋上へ行くと、すでに10人ぐらいの男が集まっていた。 よく見るとその中に同級生の女の子Sが、リーダー格のTの横にいた。 仲間と喋っていたTが俺が来たのに気付くと荒っぽい口調で聞いてきた。 T「N(俺)、お前Sと付き合っているって本当か?」 俺…

閲覧数: 6,983 PV

読了時間:約 9

高校2年の時、図書委員になった。 図書委員には可愛い女の子が2人いる。 穂先先輩と藤宮さん。 穂先先輩は、いわゆる“ヤンキー”。 ブレザーの胸元はいつもだらしなく開き、極端にスカートを短くしていた。 学校もよくサボっていたので、「援助交際でもして稼いでいるんじゃないか?」って、みんなが陰口を叩いていた。 そんな不真面目な穂先先輩が図書委員をやっているのは、足りない出席日数を稼ぐため…

閲覧数: 13,185 PV

読了時間:約 4

もう6年も前の話ですが。 あれは高校3年生の時、クラスの女子の権力を持った集団(俗に言うギャル達)の中の一人を俺が好きだということがギャル集団のボスにバレてしまった。 当時俺はクラスに友達なんて一人も居なかったし、休み時間も寝て過ごしていた。 ボスは俺に対して、「クラス中にバラしていいか?」と言ってきた。 それは困ると、ボスの言うことを聞くことに。 ボスからの命令。 それは、『…

閲覧数: 84,996 PV

読了時間:約 8

奈美は小学生の時からよく遊んだ幼馴染の仲だった。 しかし中一で別々のクラスになってしまった。 廊下で会うと最初は声を掛けたりしていたが、やがて噂で奈美は一年上の不良の先輩と付き合っているという話を聞いてから会話も少なくなっていた。 中二になって、クラス替えで奈美と一緒になった。 久しぶりに同じクラスになり会話をするようになってきていた。 奈美は確かに不良先輩と付き合っているとの事だっ…

閲覧数: 17,866 PV

読了時間:約 5

偶然の出会いがセフレ関係になるってことは多々あると思いますが、それが発展して相手の女を妊娠させ出産までさせる。 そんなことは流石に希少でしょうね。 その女、亜衣はレディース暴走族のリーダーをやっていました。 現役のリーダーだったときに、仲間たちと一緒にコンビニでそこの店長と店員に因縁をつけて絡んでいたところ、たまたま居合わせた僕に、このクソガキどもが、と蹴散らされのが出会いのきっかけでし…