閲覧数: 19,139 PV

読了時間:約 4

年末に車で家に帰る途中、前をフラフラしながら歩いているミニスカの女がいた。 あぶない奴だと思いながら横を通って顔を見たら、息子の友達のお母さんだった。 参観日や子供が遊びに来たときに知っていた。 たぶん年は俺とそんなに変わらないと思うが、若く見えるしスリムだけど胸は大きくて、いい女だったので目立っていた。 「◯◯さん、どうしたんですか」 俺は窓を開けて声をかけた。 こっちを不安…