閲覧数: 5,571 PV

読了時間:約 3

私はT大学の研究室に所属している大学院生です。 大学構内の一室で飲み会が開かれた夜、少し早めに会場を抜けた私は、同じ建物内にあるラボに戻ってきました。 帰り支度をして、上着をコート掛けから取ろうと顔を寄せたとき、すこし鼻を突く、甘い匂いに気づきました。 頭を突っ込んで嗅ぐと、隣に掛かっていた、トレンチコートがその源のようでした。 ハンガーからは外さずに、服の裏地に鼻を近づけると、牝…