閲覧数: 3,537 PV

読了時間:約 6

ご主人様へのご奉仕なので、お風呂に入って身を清めてからにしようかと迷いましたが、牝犬は牝犬らしく、牝のいやらしい匂いを残したままでご奉仕をさせていただくことにしました。 どうかお許し下さい。 仕事から帰宅して汗も拭かずに全裸になり、愛用の首輪を身に着けます。 ドッグタグがチャリチャリと鳴り、これから行う自らの痴態を想像して羞恥に身悶え。 反面でその羞恥を悦び、だらしのないおまんこには既…