閲覧数: 1,207 PV

読了時間:約 5

昔、男3女2で泊まりで海に行った時のこと。 学校を卒業したあとの話なんだけどさ。 おなじサークル4年間だったから、お互いに異性は感じないってことで雑魚寝で。 8畳くらいの部屋に5人雑魚寝。 昼間の海の疲れとちょっと飲んだビールのおかげでみんなパタパタと寝に入っていった。 俺の隣はK子。 スタイルがいい可愛い子で、卒業してからは離れ離れになっていた。 俺もビールが効いてきて寝ること…

閲覧数: 2,459 PV

読了時間:約 4

オレの友人の女がいるのだが、彼女には妹がいる。 オレと友人は昔からの付き合いがあって、何でも話せる仲だ。 彼女は本人には言えないが、好みでもなんでもない。というよりブスである。 しかし話の波長は合うし、逆に女を感じないところが付き合いやすい友達と言えるだろう。 彼女はその妹と二人でアパートに住んでいる。 オレも良くお邪魔させてもらっているのだが、かといって彼女とは何も起こらない。 …

閲覧数: 5,024 PV

読了時間:約 7

これは8年前の話だ。 僕は地元の進学校の高校を卒業したものの、大学受験に失敗し、浪人生活となった。 トラック運転手をしていた父親との父子家庭で、家にはなんだかんだで借金もあったようで、経済的な余裕もなく、僕は地元に残って「自宅浪人」の生活を余儀なくされた。 人口1万人強ほどの小さな町。 娯楽を楽しめる場所はほとんどなく、同級生も多くが街を出て、仕事をしたり、大学や専門学校に通っていたの…

閲覧数: 2,904 PV

読了時間:約 5

二十歳の夏に、東京に出てきてる中学の同級生だけで、プチ同窓会をやった。 男女合わせて15人くらいだし、学年が同じってゆうだけで、しゃべったこともない奴もいたから、盛り上がりには欠けてた。 店を出た後、2次会をどうするかみんなで話していたが、どうせ2次会も盛り上がらないと思った俺は、密かにみんなから離れて駅に向かった。 切符を買って振り返ると、ゆかり(仮名)がとなりの券売機に並んでた。…

閲覧数: 6,573 PV

読了時間:約 5

わたしはこの春に大学を卒業したばかりで、今は会社の研修に明け暮れる日々ですが、ふいに自分の経験をつづる場所を見つけたので、ここに書き残したいと思います。 私たちのゼミは二年生のときから同じ顔ぶれのせいか、全体的に仲の良いゼミでした。 特に仲がよかったのはわたしとTとかなこです。 二人はとても明るく、三人でよく冗談を言い合っていました。(ゼミの先生にたまに怒られることも…) 本当に楽…

閲覧数: 7,202 PV

読了時間:約 5

いとこをイタズラしてしまいました。 その子(沙織ちゃん)は僕より5歳年上です。 当時は28歳。 オッパイはピンと張って、お尻はプリッとして、本当にスタイル抜群の女の人です。 以前から沙織ちゃんの下着をイタズラしていました。 脱衣場のパンティは僕の宝物です。 夏の暑い日。 沙織の部屋を覗いたら、沙織は昼寝をしていました。 上はノーブラで白のタンクトップ、下はブルーのパンティ。…

閲覧数: 7,573 PV

読了時間:約 3

中1の頃、ただSEXとはどういう感触なのか興味を持ち、まだ齢10も届かない妹を言いくるめて、妹のまんこにちんこをあてがいたまに挿入を試みたが、同級の仲間からはデカイと評判だった俺のちんこが入るわけもなく、素股で感触を味わっていた。 本物の挿入感とはどのようなものかと体験したくても出来ない日々が続いた。 親父の部屋から拝借したエロ本でちんこを口に入れるというフェラなるものを覚えた。 当…

閲覧数: 11,196 PV

読了時間:約 4

私は子供はいない33歳の主婦です。 親友の紗英はバツイチで、中3になる息子琢磨と二人暮らし。 独身の頃から、紗英が仕事で遅い時や、デートでお泊まりの時はうちで琢磨を預かってました。 琢磨は私に懐いてて、小さい頃からキスとかしてたし、胸を触られても「子供がする事だから」って気にしてませんでした。 あれは琢磨が中1の時です。 紗英がお泊まりデートに行くので琢磨を預かりました。 その…

閲覧数: 6,056 PV

読了時間:約 4

これは僕が30歳の時のことです。 飲食店のチーフマネージャーとして働いていた僕は、毎日営業終了後も日報なりを書かないといけないので、いつも遅くまで残っていました。 その時はもうお客さんもいないので、お店のお酒をちょっと拝借しながらカウンターに座って売り上げ計算です。 しかしその時間を使って、僕は他の従業員には言えないことをいつもしていたのです。 その日はたまたまお客様が一組残ってい…

閲覧数: 4,969 PV

読了時間:約 4

先日僕の誕生日ということで、平日ではありましたがホテルを予約し、彼女と変態チックな夜を謳歌してきました。 その日はホテルに到着する前からレイプ願望というか、彼女を目茶苦茶にしたいという思いと妄想が膨らみ、まだ彼女に会ってもいないのに股間はいきり立って鼻息も荒くなっており、(彼女の仕事の終了時間の関係で)先に1人でチェックインした僕はオナニーをしなければ気が変になりそうでした。 実際その…

閲覧数: 6,790 PV

読了時間:約 10

「朝から、こんなにおっきくなってるし…」 それは眠気を覚ますには十分、濃いフェラでした。 幼稚園から大学まで、同じエスカレーター式の私立校へ通った真紀とは、もうお互い30歳になりましたが、長い付き合いの幼馴染です。 真紀も僕も独りっ子で、親同士も一緒にゴルフ旅行なんか行くほど仲が良かったですからね。 しっかり者の真紀が姉貴で、少々やんちゃな僕のが弟。 幼稚園の頃には時々、どちらか…

閲覧数: 11,159 PV

読了時間:約 8

20年前のこと。 放課後になってもいつまでも帰らずに、用もなく残ってる奴っているよね。 小学生の頃の俺がそうだったんだが、俺の他に女の子が二人、いつも教室に残ってた。 それまで特に話をするわけでもない俺達だったが、6年の2学期あたりから俺とJちゃんとMちゃんで猥談をするようになって、そのうちに異性の性器が見てみたいという話をするようになっていた。 はじめは絵に描いて図説するだけだっ…

閲覧数: 8,415 PV

読了時間:約 4

オレの知人の女のことだが、彼女はユミといって28歳の一般的なOLをしている。 彼女は顔は可愛くて胸が大きい。 ただ、なかなか彼氏ができないと言う悩みを持っていた。 顔が可愛くて胸が大きいとなればモテると思うが、なかなか上手くはいかないもらしい。 ユミは胸を目当てに来ていると思いこんでいるのだ。 そんなことから、気にしすぎて性格もきつくなってきている。 まあオレも男として思うが、…

閲覧数: 9,264 PV

読了時間:約 4

僕がまだ22歳の時に、学生時代の後輩で元気のあるおてんばな女性と遊んでいたことがありました。 学生の時はそこまで親しいわけでもなかったのですが、彼女が元気でよく天然ボケな発言をするので、からかっていた記憶はあります。 僕の2歳下で現在二十歳の子なのですが、お互いが社会に出てからはなかなか会うことも無くなりました。 しかしたまたま学生時代の友達と海で遊ぼうとなった時に、友達の一人が誘ってく…

閲覧数: 7,557 PV

読了時間:約 4

とある夏のことでした。 夏と言えば花火大会ですが、当時30歳だった僕は友達と何人かで花火大会に行こうという話になりまして。 そこは近隣で行われる花火大会でも大きい規模であり、この町のこんなに人がいたのかと思える唯一の日です。 友人らは同級生がいたり仕事関係から友達に出世した人がいたりの仲良し四人組。 事前に食料やお酒を調達しておいて、用意周到な状態で花火大会に向かいました。 夕日も沈…