閲覧数: 17,645 PV

読了時間:約 10

「宅急便ですよー、△△さーんっ」 (や、やばっ。早くしないと・・・) 俺は慌てて玄関へ急ぐ。 「じゃ、こちらへサインお願いします」 ロクに伝票も見ずに品物を受け取り、宅急便業者を追い返すと、俺はそそくさと部屋へ戻った。 (ついに、買っちまったよ・・・) 宅急便の箱を持ちながら、俺は感動を抑えきれずにいた。 (これで俺のオナニーライフも一層充実するぞ・・・) インターネットの通販…