閲覧数: 1,486 PV

読了時間:約 6

タイトル:エリート企業マンだった私がオス豚に成り下がった体験談 出勤すると早速私のデスクへやってきた彼女はにこやかな表情で数枚の書類と一緒に淡いピンクの小さなビニール手提げを差し出した。 その中身を見て私は愕然とする。 “じゃあお願いします” と彼女は去って行ったが、この言葉が意味するのは今すぐトイレへ行って段取りしろ、という事だ。 私は手渡された手提げを内ポケットに仕舞い、そそ…