閲覧数: 13,168 PV

読了時間:約 4

とある夏のことでした。 夏と言えばお化け屋敷というのも一つのイベントとなりますが、僕らは友人らと一緒にお化け屋敷を作る側になることになりました。 とある地域の演劇サークルのようなものに入っている友人からの頼みで、小さなビルのワンフロアを使ってお化け屋敷をやりたいけど、お化けの人数が足りないという事で急きょ僕に声がかかったのです。 夜なら空いているし、演技が難しくないのであればという事…