閲覧数: 1,392 PV

読了時間:約 3

私の家は厳しくて門限とかもあって、もちろん外泊なんてとんでもない。 だから彼氏とラブラブするのが大変なんです。 でも、お正月だけは別。 大晦日から元旦にかけては門限なし。 「お友達と2年参りに行く」って言っても、OKなんです。 もちろん、彼氏とデートです。 相変わらずエッチは外とかトイレとかそんなところが中心だし、ラブホなんて行った事もないんだけど、セックスできればどこでもいい…

閲覧数: 4,098 PV

読了時間:約 3

働いてるミユキ。 知り合ったのは、昼飯で何回が行ってる時、いきなり「あ!」と言われ、「なに?」と聞いたら「誰かに似てると思って。やっと分かった」と。 「誰に似てるの?」 「ピースの又吉」 (これって褒めてるのか?)と思いながら、これがきっかけ。 他愛のない会話をするようになったので思い切って、「ちょっとメールしない?」と聞いてみた。 「え?私、結婚してるよ!」 指輪をはめてるので…

閲覧数: 7,910 PV

読了時間:約 4

オレが大学生のころのこと、演劇部と言うサークルがあった。 メンバーは先輩後輩合わせて20人ほどだが、なかなか力を入れていたなと思う。 月に一回の校内のステージも行っていたが、さらには年に一回だけ発表するドラマ仕立ての物まで撮っているという。 そのための機材もそろっているという気合の入れようだ。 オレは当時まだ大学二年ではあったが、何かが先輩に気に入られて主役級の役も時々任されていた。 …

閲覧数: 4,382 PV

読了時間:約 10

私は香織、36歳独身で、地方にある進学校の国語教師をしています。 20代の頃は学校でもアイドル的に扱ってもらえてましたが、30を過ぎたあたりから色々なお誘いも少なくなり、今では勝手に『堅物女』とか『仕事命の女』というレッテルまで貼られてしまう始末です。 そんな私を久しぶりにときめかせてくれたのが、昨年の夏休みに行われた6年前に送り出した卒業生たちのクラス会でした。 この子達は私が30歳の…

閲覧数: 3,753 PV

読了時間:約 5

横浜桜木町のBARカウンターで一人飲んでたら突然後から抱きつかれ、両手で目隠しされて・・・ 「だぁ~れだ!」 何となく聞き覚えのある声だけどサッパリ解からない。 「解かんないのぉ~?しょっくぅ~~!」 手を解いて振り返って見たら以前付き合ってた美和の妹、慶子だった。 「久し振りだねぇ~元気だった?」 「元気だったよ」 「今何してるの?」 「今エステシャンで横浜駅の近くで働いてる…

閲覧数: 3,075 PV

読了時間:約 6

数年前の話です。 俺の友達にガンちゃんってスゴい不細工な男がいたんだけど、そいつに生まれて初めてできた彼女のノンちゃんがビックリするほどのカワイ子ちゃん! 俺は素直に(ガンちゃん、よかったなぁ~)って思ってたんだけど、俺らの先輩で極悪人と評判のトモさんが嫉妬して、「あいつの彼女輪姦したろうぜ」とか言い出しやがった。 (そんなムチャな・・・)と思ったけど、極悪トモさんの命令は絶対。 …

閲覧数: 4,298 PV

読了時間:約 3

前回、「ステイホーム中に転がり込んできた姉に中出し~」の回でで遂に姉に中出ししてしまった続きです。 義兄さんが海外出張なんで、マジで戻って来る目処が立たなくなって数週間経ちましたが前回の通り姉で童貞捨てたり生エッチしたりともう身内には言えない事だらけな日常。 こういった爛れた生活の中でゴム着けたり生だったり、チンポのトレーニングでもさせられてる様に僕は姉をイカせる為だけのセックスフレン…

閲覧数: 6,719 PV

読了時間:約 7

先日の話、俺は競馬で稼いだ小銭(10万程)を持ってソープ街へと足を運んだ。 そこでとある店に入店。 初めて入った店だが料金がお手頃で結構タイプの娘がいたので迷わず指名。 部屋で待っていると・・・。 店長「お客様、申し訳ございません。お客様の御指名いただいた娘が体調不良で先程帰ってしまいまして・・・」 俺「なにっ!」 店長「申し訳ございません!こちらのミスで大変ご迷惑をお掛けしました…

閲覧数: 4,541 PV

読了時間:約 3

オレは今23歳。 オレには母がいない。小さい頃から。 そんなオレを母代わりとして可愛がってくれたのは、近所のなんでもないオバさんだった。 父は遅くまで仕事なので、そのオバさんは自分の家族とオレを交えて夕食を食べさせてくれたり、洗濯もやってくれた。 ほんと、母代わりとして、いや母以上に勤めてくれた。 そんなオレも今は成人して就職もしている。 オバさんの手助けもいらなくなった。 …

閲覧数: 3,906 PV

読了時間:約 3

高校1年の10月頃、部活での話です。 写真部だった私は、撮ったり、現像したり、プリントしたりと普通に活動してました。 うちの学校から県大会に出た男子がいて、仲が良かった私は、暗室作業を手伝っていました。 以前から好きだった男子だったので、「K子手伝って」と言われた時は嬉しかったー。 大きなパネルに写真を引き伸ばさなきゃいけないので、ひとりじゃできない作業。 暗室の広さは押入くらい…

閲覧数: 5,117 PV

読了時間:約 3

私が高校2年の時に転校した高校は田舎ながらも女子のチアリーディング部でそこそこ名が知れた高校だった。 そのチアリーディング部のチアリーダーで学校内で絶対的権力を持っていたのが校長の孫娘で、学校の男子達からは女帝と呼ばれていた。 彼女には用心棒と呼ぶに相応しい彼女と親しい男子生徒が3人いたが、私はその内の一人と仲が良かった為、女帝に気に入られ、用心棒の一人として認められ、女帝と彼らとつるむよ…

閲覧数: 4,791 PV

読了時間:約 5

俺がやってる設計事務所に営業のオバハンがやって来た。 事務所って言っても俺が所長で事務のアネさんが一人だけw アネさんは結婚しており、まあそちらとの話も多少はあるんだが、ひとまずそれは置いとく。 営業のオバハンは証券会社の外交だった。 最近は普通のサラリーマンも皆ネット取引するせいか、昔ながらにMMFや投信などを営業で買ってもらえることは少ないようである。 しかし、オバハンである…

閲覧数: 6,397 PV

読了時間:約 5

唯一得意なことが“料理”という、ホントしょぼい男です。 そんな俺が先日、前から好きだった学級委員の鈴奈(仮名)とした体験です。 それは先週の水曜日の出来事でした。 その日俺は、午後の体育が面倒で昼休みが終わってもボーっとサボっていました。 しかしボーっとするのにも限界があって、そのまま寝てしまったんです。 しばらくして、アソコが暖かくなってきたのに気づきました。 エロい夢を見て…

閲覧数: 4,991 PV

読了時間:約 3

只今自宅に到着しました。 仕事帰りに社員の早苗ちゃんの女子寮に寄って、2回ほどエッチしてきました。 早苗ちゃんは19才で、先月入社したコです。 前からそれとなくアプローチをしてて、3日前だったかな?何回かお願いしたら、「いいよ~」って言ってくれました。 女子寮は男子社員禁制なので本来なら入る事はできないのですが、今日は他の女子社員が全員遅番だったので大丈夫でした。 部屋に入るなり…

閲覧数: 6,072 PV

読了時間:約 4

オレの彼女は姉と共に暮らしている。 お互いに一人暮らしをしても良いというのだが、何だかんだで経済的に楽な方を選んだということだ。 二人で暮らしはじめたころはお互いに彼氏はいないので、あまり不自由なく過ごしていたらしい。 しかし、妹にオレと言う彼女ができてしまってからはちょっとギクシャクしていた。 それでもオレが彼女の家に行くと、姉も快く接してくれるようになり一件落着である。 と思って…