閲覧数: 564,124 PV

読了時間:約 5

【体験談】合意の上でのセックスとは全く違う興奮がそこにはあった・・・ 投稿者男性の部屋で飲んでいた女友達が酔って自分のベッドで寝てしまった。元々お互いに行為を持っていることは感じていたが、酔って寝てる彼女にイタズラすると言う興奮がたまらなくなり、ちょっとしたいたずら心からエスカレートしてしまい・・・。(2683文字) 【殿堂入り作品ご紹介】 こちらの体験談は累計55万PV以上を記録した作品に…

閲覧数: 5,557 PV

読了時間:約 4

先週金曜日の飲み会。 男3人、女3人、計6人。 ちょっと背は低いけど巨乳のマリ。 中背で華奢な貧乳サオリ。 中肉中背、顔のホリが深く化粧が濃いケバ顔マサコ。 居酒屋の個室、一番奥に座る俺、俺の右にマリ、前にマサコ。 前のマサコを見ながら、(この顔は連れ好みだな。俺はマリがいいな)と思いながら2時間盛り上がった。 マリは日本酒好きで、最初のビールを飲んだ後ずっと日本酒を飲んでた…

閲覧数: 4,267 PV

読了時間:約 5

私が就職して2年程たった夏の話です。 当時まだバブルの余韻が残っていた頃で、俺はクレジットカードを使いすぎて借金の残高が60万くらいになりました。 度々返済を滞らせるようになり、返済の催促のTELが会社にもかかってくるようになった。 仕方なくお盆休みに有給休暇を加えて長めに貰い、短期で時給の良いアルバイトを探す事にした。 そして、とある高原の観光地にある会員制リゾートホテルに住み込みで…

閲覧数: 11,873 PV

読了時間:約 3

昨日の夜中の2時ごろ上野で友達と別れて帰ろうと駅前のタクシー乗り場にむかって歩いていると牛角の先で女の子が横になっていました。 これは、と思い近づいて顔を見ると結構かわいい子だったので、慎重に寝てるかどうかを確認しました。 寝ているみたいなので、胸やお尻を触っていると我慢できなくなってきたので移動することにしました。 近くのホテルに連れていきました。(これが辛かった。横になっているのを座…

閲覧数: 7,456 PV

読了時間:約 4

先週飲み会で、隣に座ってきたテンション高めの女。 掘りごたつの座敷に座っていると、話をするたび体を摺り寄せてきた。 右側に座っていて俺が右手を床についていると、その右腕に胸が当たる。 ハイペースで飲んでいるので、何気にタイトスカートから出た黒のストッキングで包まれた太股に手を乗せ、「大丈夫?飲みすぎてない?」と聞くと目をトロ~ンとさせて、「大丈夫!大丈夫!」。 手に伝わる太股の熱。 …

閲覧数: 7,468 PV

読了時間:約 2

今朝、福岡の中洲でホスト帰りと思わしき綺麗系のキャバ嬢風の女の子が泥酔して荒れてました。 荒れていた原因はお気に入りのホスト君に冷たくあしらわれたみたいで、携帯で友達に何やら愚痴ってました。 フラフラと千鳥足で、泣いたり、声を荒げたりしながら、あるビルの一画に辿り着き、わりかし人目に付かない所にへたり込みました。 着ていたデニムのミニから太股はおろか、お尻が半分くらいはみ出し、頭…

閲覧数: 9,773 PV

読了時間:約 4

趣味でやっている社会人バスケサークルに新人M実が入ってきた。 短大卒業したてのOLで、学生時代もバスケをやっていたらしい。 M実を見て、たぶん男性陣の誰もが思っただろう。 “こいつ可愛すぎ!”と。 普通ならここで激しい争奪戦が行われるところだろうが、今までもそんなことを繰り返していたため、上の人間はみなサークル内の女性とくっついているか既婚者ばかりだった。 俺はチャンスだと思った。 …

閲覧数: 17,035 PV

読了時間:約 3

2年前に名古屋で女を拾った時の話。 出張3日目、最後の夜に飲んで帰る途中だった。 先日までは出張旅費でビジネスホテル泊だったが、今日は自費にてカプセル泊の予定だ。 明日は土曜日で出張最後の日、学生時代を過ごした街で友人と久々に会い、飲んだ後一人帰るところだった。 地下鉄駅通路の途中にあったトイレに立ち寄った時のことである。 12時を回っており、終電で人気は疎ら。 トイレで小用を…

閲覧数: 12,342 PV

読了時間:約 3

中3の夏、受験勉強がいやになり息抜きに夜、遊びに行きました。 「どこにいこうかなぁ~」と自転車でぶらぶらしていたら、わき道に一人女性が倒れていました。 年齢は22ぐらいでちょっとギャル系な感じでした。 顔はとてもカワイくてアイドルなみでした。 「大丈夫ですか」 返事はないがどうやら酔っているようだった。 (ほっとくってのもなぁ~) 僕はどうするか迷っていました。 (ん?まて…

閲覧数: 11,408 PV

読了時間:約 3

去年の忘年会で後輩女を持ち帰ったわ。 ちょっと小さめの入社2年目の後輩、お酒が弱いのに、みんなに勧められて無理して飲んで泥酔。 それでも二次会のカラオケもついてきたけど、ソファで爆睡。 帰る方向が一緒ってことで、俺が連れて帰ることになった。 タクシーに乗せ、家の場所を聞いても爆睡。 しょうがないので、とりあえず俺の家までタクシーを走らせた。 部屋まで抱えソファに寝かせた。 顔…

閲覧数: 7,909 PV

読了時間:約 5

昔、ド◯ールでバイトしてる時、ブス女店長(26歳)とやった。 学生になって初めてのバイトで、右も左も判らなかったが、店長も他のスタッフも優しく、可愛いスタッフもいたので仕事が楽しかった。 俺の行ってた店は夜11時まで営業してたので、授業が終わってからクローズまで働いていた。 いつものようにバイトへ。 その日の勤務は、店長とスタッフ2人の計3人。 俺が入ると一人が帰り、ブス店長のゆかり…

閲覧数: 11,025 PV

読了時間:約 5

大学3年の夏、バイト先にキラ星のように輝く美人がいた。 体育系の大学で新体操をしていたが、親の都合で中退、主に高校生や中学生の大会のエキジビジョンや、ダンス教室のコーチなんかをしながら生活してるセミプロだってことだった。 背は160cmくらい、いつもポニーテールでニコニコと元気パッチリでそれでいて切れ長の目、やや濃い目で真っすぐな眉薄めで形のいい唇、当時彼女がいなかった俺には眩しすぎる人だ…

閲覧数: 9,899 PV

読了時間:約 5

俺は伊藤大樹と言って、IT関連の会社で働いている。 今年で28歳になるが、独身で彼女も居ない。 容姿的には悪くないと思うのだが、積極性に欠ける所が有るので、いいと思った女性が居たとしても、いつも誰かに先を越されてしまうのだ。 俺の会社は社員が14人で、その内の半分は女性である。 俺より若い子も居れば年上の女性も居るし、個性的な人が集まっているので楽しみながら仕事をしている。 そん…

閲覧数: 9,375 PV

読了時間:約 2

大学時代からの親友カップルが結婚する事になり、そいつの家で祝賀大宴会。 宅飲みの安心感もあり、皆泥酔になるまで飲み明かし、そのままリビングで雑魚寝。 夜中にふと目が覚めると、俺の横には人妻になるB子が俺に背中を向ける様に体を丸めながら爆睡中~。 大学時代から片想いだった彼女の背中を見つめてるうちにムラムラとして来て、ミニスカ越しの生足を擦り、パンツの上から尻を揉むが起きる気配無し。 …

閲覧数: 15,088 PV

読了時間:約 4

会社帰り、女友達Mと2人で秋葉原で飲んでて向こうが潰れた。 会社で大失敗をしたらしく、ヤケ酒だった。 ベンチで膝枕してやってたら、香水のいい香りと、チラリと見えたEカップの谷間に我慢できなくなった。 ちょっとだけのつもりで手を入れて乳首を摘んだら「んん~?ダメだよ~・・・」とか言って逃げようとした。 逃げられると捕まえたくなってしまうのが男の性。 酔った女を押さえつけるのは簡単だ…