本人より知り尽くした妻の身体をご説明します・・・・・・・

閲覧数: 1,355 PV

※このエロ話は約 4 分で読めます。

投稿者:トミー さん(男性・40代)

タイトル:妻の身体を知り尽くす

前回:川辺で妻を全裸にしてそのまま家まで帰った話・・・・・・・・

今回は妻の身体についてお話します。
結論から言うと、僕は妻よりも妻の身体の事を隅々まで知っています。

まずはマンコの形
右のビラビラの方がデカく
左のビラビラにはホクロがあります。
クリトリスは完全に皮を被っており
男性で言う包茎気味になります。

年齢の割には黒ずみは少なく中はキレイなサーモンピンクです。
奥が広く感じると蜜壺になります。
よっぽど激しく掻き回さないと外までは溢れてこないのが特徴です。

入口は狭く、挿入直後は窮屈ですが、5分もちんぽでかき回してやると簡単にガバガバになり、アヘ顔にアヘ声を晒します。

先日撮影した動画では
【ちんぽ気持ちいい!】
を連呼しながはカメラに向かってイク瞬間を晒しました。
皆さんにも観てほしいくらいぶっ壊れます。

エロスイッチが入ってからのGスポット責めは妻には効きすぎるほどで、AV並みの潮を吹きます。
妻が女性が本当に潮を吹くことをおしえてくれました。

それまではAVの中だけのヤラセと思ってましたから。
よく指の第2関節辺りで指を折り曲げたあたりって言いますけど…
まさにその通りのポイントをグリグリしてやると面白いほど感じてくれます。

ですが…どんなに感じてイキまくっても、やっぱりちんぽの方が欲しいらしく
「お願い…ちんぽがいい…ちんぽが欲しいぃ…」
最後はやっぱりちんぽを入れて欲しいみたいです。

挿入時は妻には3つの責めポイントがあります。

まずは1つ目はワレメの入り口付近。

亀頭がワレメを出入りする時、ちんぽの形がモロわかるのでめちゃくちゃ興奮するらしいのです。
僕もそこを高速で出し入れするとめちゃくちゃ気持ちよくてギンギンの状態になるので
「硬いぃ…硬いの好きぃ…」
とカメラの前でアヘ顔を晒します。

2つ目は丁度中間地点あたり。

膣の真ん中をカリが高速で動くといい声を聞かせてくれます。
特に生でセックスする時は効き目絶大で、もう呂律が回らない状態になり
「きもひぃ…ちんぽしゅきぃ…」
(気持ちいい、チンポ好き)
って言うだけでもまるでエロマンガのシチュエーションみたいになりこちらも興奮度MAXでイキそうになります。

妻がイク前に出してしまうと
「お願い…もう1回…もう1回したい…」
自分のマン汁や精子でドロドロのちんぽを手や口でたたせようと頑張ります。

ここでポイントは奥過ぎても手前過ぎてもダメで、丁度いい上手くは言えないポイントが妻にはあるのです。
『あ!ここだ!』って思える場所があるのです。

3つ目はとにかく奥の奥。

とにかく下半身の全てを膣の奥へ重心をかけるように押し当てます。
ピストン運動は特にしなくても体重をグッとかけるような動きでとにかく奥へ届かせてやるのです。

妻は手を僕の腰に回し少しでも奥に当たるように自らも腰を押し付けてきます。
これが難しく最初っからこのポイントを狙える訳ではないと言う事です。

少し遠回りのような愛撫と充分に中を掻き回して、締りがないくらいだらしなく開いたマンコになった時に初めて届くポイントがあるのです。

ここに届かせる事が出来た時はまともに息も出来ないようで、時折
「んはぁ!!」「あはぁ!!」
呼吸を忘れていたかのように必死に大きく息をしようとします。

この時、軽く乳首を噛みながら舌を転がすと更に威力を増すようで、程度の痛さと同時に気持ちよさがたまらないとの事。

この時の噛む強さがなかなか難しくただ痛かった場合は逆効果になってしまい
「痛い!」
なんて言われた日にはお互い気まずかったり白けてしまいますからね。
弱くてもダメみたいで簡単ではないのです。

しかし妻にトドメを指す時はいつも噛みながらとにかく奥へ押し当てねじ込みます。
ほとんどピストンはしなくても妻はの腟内は壊れた蛇口のように(ジュポ!ジュポ!)水浸しにしてくれ、挿入したちんぽを伝って温かいものが垂れ流しになります。

最初は入れたままお漏らししたと思いましたよ。
実際、それに近い感じ何でしょうけど…

これでイケた妻は声を殺す事も出来ず何ともやらしい鳴き声を聞かせてくれます。
そして軽い痙攣をしながらしばらくは糸の切れた操り人形みたいにドロドロのイキたてのワレメを晒したまま気絶します。
もし意識はあっても何にも出来ないそうです。

初めてこの状態を見た時はびっくりして声をかけて体を揺さぶったくらいです。

ちなみに妻がイク時はだいたい僕も同時にイキます。
イキそうになってる妻の膣内はとんでもなくヌルヌルで気持ちいい事もありますが、何か凄いいい感じにちんぽに絡みついてきてめちゃくちゃ気持ちいいんです。

こっちが先にイキそうなのを頑張って先に妻をイカせるように頑張っています。
毎回は上手くは活きませんが…
イケそうでイケ無かった妻は生殺しの生き地獄状態になってしまうそうですから。

ちなみに6月17日(日)は2人っきりだったので朝の10時から13時までゆっくりのスローセックスで2発中出ししました。

妻も僕もイキそうになっても我慢してゆっくりとことんセックスを楽しみました。
この日は夜も2発ゴム無しでたっぷり妻の身体を味わい尽くしました。

僕は妻の身体を世界中の誰よりもわかっています。
本人よりも知っています。
アナルのシワの数。
人には見せられない場所のホクロの数。

指でこじ開けて腟内の奥までライトで照らして撮影した事もあります。
マンコの奥の子宮口まで妻は僕に見られてカメラで記録までされているのです。

妻の膣内の変化や動きまで把握しているからこそ到達できる絶頂があります。
しかし難しいのが毎回女性の身体はパターンが一緒ではないと言う事ですよね。
昨日、通用した方法が今日通用するとは限らないのです。

それを19歳から46歳まで使い続けているマンコだからわかるのかも知れません。

 

管理人の戯言(‘ω’)
ご投稿ありがとうございます<m(__)m>
写真ありがとうございます<(_ _)>
ほぼモザイクでしたが、リアルな感じが伝わってきました。
奥様は幸せ者ですね。

ミダレ妻
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)