友達に妹を紹介したらへんな性癖に目覚めた話・・・・・・・③

閲覧数: 958 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

投稿者:わーす さん(男性・30代)

タイトル:軽い気持ちで友達に妹を紹介したら変な性癖に目覚めた

前回:友達に妹を紹介したらへんな性癖に目覚めた話・・・・・・・②

続きです。

ケントを呼び出して2人でマックに行きました。
世間話をしつつ、当時駆け引きとか知らない自分は単刀直入に「サヤカと付き合ってんの?」って聞いたと思います。

困ったように笑った顔が憎たらしくて手が出そうになったのは覚えています。

「サヤカから口止めされてたから」とまるでドラマの俳優のようにカッコつけて言われた時は笑ってしまいそうになりました。

サヤカから聞いたのかと聞かれて、何となく気付いたことにしました。
例の友達の話題を出すと、色々面倒だと思ったからです。

「やっぱバレるよね」とか言ってから、メアド交換してすぐ告ったけど断られたこと、めげずにやり取りしてやっと遊びに誘えたこと、2度目の告白でオッケーもらったことなど、嬉しそうに語りだしました。

適当に相槌打ちながら聞き流し、周りに人がいないこと確認してから「変なことしないように」と忠告してみました。

「キスはしちゃいました」とニヤニヤしながら言ってきた顔面は今でもはっきり覚えてます。

サヤカにはこれまで通り俺は知らなかったこおにすることにしました。
その方がアヤナとのこともバレなくていいと思ったからです。

夏休み終わりまで、家に来てた形跡はあったものの、遭遇することはありませんでした。

サヤカに対しての妄想や欲望はアヤナが発散させてくれていたので執着しなかったのかもしれません。

アヤナはどんどんハマっていき、会えば必ずやらせてくれました。
洗ってなくてもフェラしてくれるし、生理の時は手と口と胸で気持ちよくしてくれました。

喉奥に押し付けても、えずきながらこちらをエロい目で見てくる様子にS心をくすぐられました。

夏祭りには一緒に行きませんでしたが、途中で少しだけ合流。
浴衣姿がエロく感じて人混みをいいことに尻やアソコを撫でてるとエロい顔になり、堪らず帰りにまた合流。

人気のない公園のトイレで立ったままハメました。
必死に声を殺そうと手で塞ぎますが、全然隠せてませんでした。
近くに人いたら確実にバレるくらい。

汚いトイレの中でやられてるのに、最後は嬉しそうに「気持ち良かったです」と言いました。
2学期が始まってからは中々会えませんでしたが、会えば即ハメ。
制服着たままして、スカートがシミだらけになりましたが、許してくれました。

そこまでしてくれるアヤナのことを好きになりかけましたが、結局サヤカの代用として扱ってました。

秋頃、俺達の高校は修学旅行へ行きました。
最終日、先生達の見張りが緩くなると先輩から聞いてたのでそれぞれ仲のいいグループ同士で徹夜で遊んでました。

俺は友達と一緒に女子達の部屋に行き、楽しく過ごしました。
もちろんエッチなことはありませんでしたが。

部屋に戻って少々寝てたら同室の奴も帰ってきていました。
そいつはケント含む男子何人かで遊んでたようでした。

女子達とどうだったか聞かれたので遊んだ内容を答えると羨ましがられました。
そっちは?と聞くと、結局エロ話してたと。

そうなるよなと思いながら話を聞いてると、何人か経験してる奴がいるのでそれぞれが経験を語っていたようでした。

最後の方にケントが得意げに「歳下の女は言うこと聞くから何でもやり放題」と自慢を始めたそうでした。

もちろん相手が俺の妹と知らない連中ですから、根掘り葉掘り聞いたようでした。
「誰にも言うなよ」と言いながらサヤカの写メを見せて、プレイ内容を語っていたようでした。

眠気も吹き飛び、そいつに追求すると絶対言うなよと念押しされつつ、教えてくれました。

エッチの時は絶対敬語で、拒否はなし。
見せてはもらえなかったようですが、ハメ撮りもしてる。

どちらかの家で2人きりの時はサヤカは全裸もしくはノーパン。
下着取り上げて家に帰らせたこともあるとか。

怒りと同時に勃起してしまいました。
そいつが風呂に行った間にトイレで抜きました。

朝食会場でケントを見た時殴りかかりそうになりましたが、我慢して部屋にすぐ戻り、また抜きました。

別れさせたいというより、そのハメ撮りが見たいと思ってしまう自分が惨めでした。

旅行終わり、アヤナにすぐ会いに行き、めちゃくちゃやりました。
サヤカのことを想像して。

 

次:友達に妹を紹介したらへんな性癖に目覚めた話・・・・・・・④

 

管理人の戯言(‘ω’)
ご投稿ありがとうございます<m(__)m>
リアルな心の葛藤が伝わってきました・・w

コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)