母の誕生日にレイプされました・・・・・・・

閲覧数: 2,702 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

投稿者:サオリ さん(女性・20代)

タイトル:母の誕生日にレイプされました

私が高校3年生のときの出来事です。
その日は母の42歳の誕生日でした。

まだ私が幼い頃、父の浮気が原因で両親が離婚し、それ以来母は女手一つで私を育ててくれました。
私はそんな母に感謝を伝えたくて、中学生になってからは母の誕生日に花束とケーキをプレゼントするようになりました。

その日は放課後に塾に通う日で、予約していた花束とケーキをお店で受け取り、最寄り駅に着いた時には午後8時を過ぎていました。

高校生にとってそれほど遅い時間ではなかったものの、あまり母を待たせるのも悪いと思い、普段は滅多に通らない人気のない公園を通って近道することにしました。

公園の中の遊歩道を歩いていた時です。
後ろから誰かの足跡が聞こえたかと思うと、振り返る暇もなく私は草むらに押し倒されていました。

自分の身に何が起きたのか理解できていない私の上に見知らぬ男がのしかかってきました。

私は本能的に恐怖を感じ悲鳴を上げましたが、人気のない公園でその悲鳴が誰かに届くことはありませんでした。

男の力はとても強く、私は抵抗らしい抵抗もできないままブラウスとブラジャーを引き裂かれ、下着を剥ぎ取られ、そして性器を挿入されました。

すべてが終わるまでわずか数分の出来事でした。

男がその場から立ち去った後、私がまず考えたのは「母にだけは今夜の出来事を知られてはならない」ということでした。

母のこれまでの苦労を私はたくさん見てきました。
これ以上母に余計な心配を与えるわけにはいきません。

私は自分がレイプされた痕跡を可能な限り消すことにしました。
花束とケーキはグチャグチャになってしまったためその場に放置しました。

それから公園のトイレで破れたブラウスを脱ぎ、予備のブラウスに着替えました。

そしてトイレの鏡で乱れた服装や髪形をできるだけ整えてから家に帰りました。

家に帰るとすぐにボロボロのブラウスとブラジャーを洋服ダンスの一番奥に押し込み、制服のスカートと下着を洗濯機に放り込み、お風呂で汚れと傷を念入りに洗いました。

普段は帰宅して早々にお風呂に入ることなどまずないので母は不思議がっていましたが、適当なことを言ってごまかしました。

レイプされた痕跡を消すため打てる手はすべて打ったつもりですが、上手く隠し通せたかは分かりません。

そもそも毎年の誕生日にプレゼントしていた花束とケーキがなかった(翌日新しいものを買って1日遅れで渡しましたが)時点で多少は怪しく思うはずです。

あの日以来、母が私をどこか心配そうな目で見ていると感じるのは私の気のせいでしょうか。

最近私の周りでは結婚する友達が増えています。
いわゆる結婚適齢期というやつです。

母は特に何も言いませんが、私が結婚して幸せな家庭を築くことができれば母もきっと安心するでしょう。

でも私はあの事件以来、男の人が少しだけ怖いのです。
日常生活を送る上で支障はありませんが、24時間365日男の人と同じ家で暮らすことに耐えられるかどうか自信がありません。

母のためにもいつか結婚したいとは思っていますが、それがいつになるかはまだ分かりません。

 

管理人の戯言(‘ω’)
ご投稿ありがとうございます<m(__)m>
犯人許せないですね。泣き寝入りしかないのでしょうか・・。

コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)