【乱交】友人と宴会コンパニオン旅行に行ったらまさかの・・・・・・・

閲覧数: 3,932 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

投稿者:実はドMです(男性・40代)

タイトル:軽い気持ちでコンパニオン旅行に行ったら6Pできてしまいました。

きっかけは友人の1人が一人旅でコンパニオン旅行を利用してみてすごく良かったという話を聞いたことでした。

セックスまではできなかったけど、寝るまでの120分間たっぷり癒してもらって添い寝もしてもらったそうです。

エロいことも多少アリ。
友人はそこまでしか教えてくれなかったので、コンパニオンってどこまでさせてくれるんだろう〜と興味が湧いてしまいました。

私には結婚して12年になる妻と小学生の子供がいますが、そういった性的なことはもう何年もありませんでした。

私だって可愛い子に癒されたい!!

ずっとそんな思いはありました。
今までずっと我慢していましたが、コンパニオンくらいだったら浮気にはならないしどうせ最後まではできないのだからと私も利用してみることに。

昔からの付き合いの友人2人を誘って、いざ!コンパニオン旅行を申し込んだのです。

友人2人も結婚して子供がいましたが、皆同じ気持ちでした。

若くて可愛い子に癒されたい。
男なら当然のことではないでしょうか。

当日は普通に男3人で旅行を楽しみました。
観光したあとに旅館に戻り、夜はお酒を飲みながらコンパニオンの到着を待ちます。

コンパニオン旅行の予約サイトからは選べるホテルや旅館が限られているため、そこそこのクオリティでしたがなかなか満足でした。

少ししてコンパニオンが到着。
みんなで1人ずつ楽しめるように、少し料金は高かったですが3人のコンパニオンを呼びました。

その中でも黒髪で童顔の可愛い系の雰囲気の子がいて気に入ってしまったので、他の2人に遠慮することなく1番に声をかけて隣にその子を呼びました。

「エリカといいます。今日はよろしくお願いします」

笑顔も可愛い24歳の女の子だった。

軽く挨拶を交わしてコンパニオンの子たちは館内着の浴衣に着替えてくれました。

女の子の浴衣姿は大好きなのでありがたいサービスです。

お酒を飲んで会話を楽しんでいるうちに、他の2人も含めて少しずつお触りがエスカレートしていってるように感じました。

私も肩を抱き寄せたり、脚を撫でたりはしていましたが、もう少し進んでもいいのかな?と感じていました。

私はエリカの浴衣の隙間から手を差し込み、谷間を少し撫でてみました。

するとエリカは、「エッチですねぇ。もう少し触っても大丈夫ですよ?」と、私の手を取りブラの中まで導いてくれた。

コリコリとした突起も楽しませてもらうと、私のあそこも少し硬くなってきてしまった。

するとエリカはそれに気づいて、
「あらぁ、おっきくなっちゃってますね。お辛くないですか?」と囁いてきた。

さすがにこれにはゴクリと生唾を飲んでしまった。

すると隣から「あんっ、やぁっ…」といやらしい声が聞こえてきて、隣のコンパニオンの子のおっぱいが片方露わになっていた。

友人の1人はもうタガが外れたようにコンパニオンの子を求めており、今にも始まりそうな雰囲気でキスをし始めた。

コンパニオンとはどこまでしていいのだろう?と疑問に思っていた私だったが、友人たちはもう我慢ができないようで、不思議とコンパニオンの子たちも拒んでいる様子はなかった。

「いいんですよ?」と囁かれて私もエリカに思わず深いキスをした。

隣を見ると友人の1人はもうコンパニオンの子のパンティの中に手を入れており、自身の反りたったあそこも露わにしていた。

もうこの部屋全体がそんな雰囲気になっていた。

私も負けじとエリカのパンティに手を差し込むとぬるっと濡れていた。

「やんっ…気持ちいいです」

エリカは私のモノも美味しそうに舐めてくれて、隣の友人はもう正常位で挿入していた。

私は念の為用意していたコンドームを着用し、エリカに挿れても大丈夫か確認した。

エリカは私の上に乗ってきて、騎乗位で挿入。

エリカでイったあとも隣の子ともさせてもらったし、友人もエリカに挿れていた。

ただ、コンパニオンに癒してもらいたかっただけたなのにとんでもない乱交旅行になってしまった。

コンパニオンの子と本当にこんなことをしてしまって大丈夫だったのかあとから不安になったが、しばらくしてもなんの音沙汰もないので貴重な体験をさせてもらってよかったと思っています。

 

管理人の戯言(‘ω’)
ご投稿ありがとうございます<m(__)m>
プロがそこまでするなんて・・あるのか??

コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)