ナンパした美人OLと中出し濃厚セックスできた話・・・・・・・

閲覧数: 3,315 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

投稿者:まいばすけっと さん(男性・30代)

タイトル:ナンパした人妻と一夜限りの濃厚SEX

今日ヤれる子はいないかなあと駅前でときどきナンパを楽しんでいた時期があった。

女の子を選ぶ基準はとにかくスタイル重視だった。

せっかくヤるんだからスタイルは良いほうがいい。
胸は大きすぎず、ケツは大きいほうがいい。
脚はスラッと長くて細ければなおよし。

ヤれればなんでもいいというわけでもないからタチが悪い。

いつものように女の子を吟味していると、仕事帰りのOLさん風の茶髪でスラッとした女性がやって来た。

正直、一目惚れレベルでタイプだった。

声をかけると反応はあまり良くなかったものの、連絡先はゲット。

その日は結局違う子をナンパして抱いた。

でもあのお姉さんが忘れられなくて、俺は頻繁にお姉さんに連絡し続けていた。

彼女は33歳のOLさんで既婚者だということがわかった。
未婚だろうが既婚だろうが俺には関係ない。

とにかく一度抱いてみたかった。

連絡を取るうちに仲良くなり、会う約束までこぎつけた。

その日は普通に飲みに行こうと話していたが、俺はメシも酒もどうでもよくて彼女をホテルに誘うことしか考えてなかった。

当日お姉さんは黒いミニのワンピースでやってきて、「あ、これはイケるな」と思った。

案の定、飲み終わってホテルに誘うと最初は断られたもののOKのようで着いてきてくれた。

旦那とは長い間セックスレスのようで、セックスはご無沙汰のようだった。

そんなことを聞くとなおさら俺がしっかりと気持ちよくしてあげたくなる。

ホテルの部屋に入り、一緒にシャワーを浴びることに。

結婚してから旦那以外とするのは初めてだと言っていたものの、緊張する様子もなくわりと積極的に自分から服を脱ぎはじめた。

お風呂ではお互いの身体を洗い合いっこした。

お姉さんの大きくて綺麗なおっぱいをゆっくり撫でるように洗っていく。

「あっ…んんっ…」

お姉さんの小さな吐息がお風呂場に響く。
俺のあそこも徐々に元気になっていく。

するとお姉さんは石鹸で俺のあそこをぬるぬるとしごいてくれて、立ったままの格好で自分のあそこに俺のモノを挟んで腰をくねくねと動かし始めた。

俺はまだ挿れてはいないものの、立ちバックのような格好でお姉さんの脚の隙間でピストンした。

「ああぁ〜っ、気持ちいい」

お姉さんは腰を動かすのが上手で、ここで一発イってしまいそうになる。

攻められっぱなしだったけどグッとこらえて2人で身体を拭きあってベッドに移動した。

するとお姉さんはさっそく俺のをフェラしてくへた。

お姉さんのお口はねっとり濃厚で、またそのままイきそうになってしまった。

お姉さんをベッドに押し倒して、
「お姉さん、僕もう挿れたいよ」と言ってみた。

「ダメ。まだまだ足りない」

お姉さんは俺の手を取って自分であそこに持っていき、ぐしょぐしょのまんこを触らせてきた。

俺は指を一気に3本挿れて、ねっとりとした中をかき回した。

「んんっ…気持ちいいっ…」

手マンしてる間、お姉さんは腰がヒクヒクと動いていて可愛かった。

おっぱいも愛撫してみるとピクンと身体が跳ねて反応がいい。

ゴムを手に取り、ムスコにつけようとお姉さんに止められた。

「生が好きなの。そのまま挿れて?」

え!いいのか!?
なんだこのエロい展開は…!!と思いながらめちゃくちゃラッキー!と思ってしまった。

遠慮なく生で挿入。

「あっ…んんっ!おっきいっ…ああぁっ…」

正常位で軽くお姉さんを突いただけで身体を反って感じている姿を見て興奮してしまった。

相当欲求不満だったんだな。

激しく突いてみるとお姉さんはプルプルと脚を震わせて「あぁっ、イクっ。イクっ。」と叫んだ。

お姉さんの中がドクドクっと波打って、あ、イったんだなっていうのがわかった。

俺も興奮してしまって、バックのときにもうイきそうになってしまった。

「ごめん…お姉さんエロいよ…もうイっちゃいそう」

「いいよっ、いっぱい出してね?」

激しく腰を振って、大きな波がきた。
あー、イクわ。と思った瞬間お姉さんが俺の腰を引き寄せて抜かないように抑えつけられた。

俺はそのまま中で出してしまって、「え、大丈夫?」と聞いた。

お姉さんは、「うん、大丈夫」とだけ言って満足そうに笑っていた。

まさか中出しまでさせてもらえるとは思ってなかったのでめちゃくちゃラッキーな体験でした。

 

管理人の戯言(‘ω’)
ご投稿ありがとうございます<m(__)m>
ナンパの成功率といい、なんだよイケメンかよ!

ミダレ妻
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)