元ヤクザの情婦の義母のフェラ中に嫁が帰ってきて・・・・・・・・

閲覧数: 5,187 PV

※このエロ話は約 5 分で読めます。

投稿者:お人好し さん(男性・40代)

タイトル:元ヤクザの情婦の義母

私が離婚したのは嫁の母親にフェラをしてもらっているところをバッチリ嫁に見られたからなんです。

元嫁は母親とスナックをやっていて私はそこの常連でした。
私は、奥手であまり女経験も少なくおまんこ好きですが、なかなかその機会も無いまま36まで一人者、いい歳してセンズリばかりの毎日、本物の女とやりたくてスナックの母娘を狙ってました。

そこの娘は28でブスでは無いが美人でもない、母親は、55~6かなと思うが化粧バッチリの色気ムンムンした、やや太め。
二年程通ってるが男の気配は二人共にまるでない。

ある晩8時頃に飲み始め、ずっと私しかいない。
母親が先に帰って娘と二人に。

11時過ぎてカラオケの好きな娘が一人で歌って私は聴いてると、結構酔ってる娘が「しまちゃんデュエットしよう」と手を引いて小さなステージに上がって三曲続けて歌うと私に抱きついてキスして来た。

酔ってるからフラフラしながら看板の電気消してドアの鍵締めて「しまちゃんおまんこしようよ」と、手を引いてソファーに仰向けに倒れた。

やりたくて仕方無かったところに、ラッキー過ぎる。
先に娘の方からやれるとギンギンになった。

キスしながら胸揉んで膝でおまんこを擦る感じてフーフー言ってる。
「入れて、」と耳元で言うんでパンティ脱がせて、まんこを触るとビショビショ。
ズボン脱いでギンギンのチンポを差し込んだ。

「あっあっ~」と言ってしがみつく。
久しぶりの本物のおまんこにチンポがビクビクしてる。
私のチンポは人より少しはデカイし長い。反りがすごくてカリデカ。
太さもまずまずだと職場のおばちゃんとやった時いわれた。

そのおばちゃんはすぐ辞めたんで二回やっただけ。
以来一年はご無沙汰。
いきそうになるのを我慢してガンガン突いてるとヒーヒー言ってヨダレ垂らして「いくいくいく、出して~出して~」と背中に爪を立てて白目に。

「中に出していいの?」と言うとウンウンと唇噛んでいきそうなのを我慢してる。
「いくよ~出る!」と言ってまんこに押しつけ奥に射精。
ドッピュンドッピュンと10回も出すと彼女は「キャッキャッ」と射精に合わせ痙攣して、ぐったり。

しばらく入れたままにしてると、又ムクムクと勃起。
彼女「え~凄い!」と言って後ろからしてと尻を突き出す。
一端抜いた時に精液が吹き出た。

構わず拭かずに思い切り差し込むと空気が入ってブーブー音が出る。
出した精液がチンポの周りにまとわりついて、白い泡になって床に垂れて凄い。

反り返ったチンポのカリが彼女の膣壁を掻くので出し入れする度「いやいやいや」とわめく。
「いく~」と言って背中をしならせ、「いいのか?いくよ」と言って射精。
又ドッピュンに合わせてギャーと言ってソファーに倒れこんだ。

チンポ抜いておしぼりで拭いておまんこも拭いてやると、いつまでも精液が出る。
おしぼり三本でやっと治まり床の精液も拭いた。

彼女まだヨダレ垂らして尻突き出したまま。
起こして顔拭いてキスすると舌入れて絡ませる。
「良かった?」と聞くと激しくウンウンと頷く。

ビール出して注いでくれて「ママに言わないで」と言われて頷くと又チンポ出して咥えた。
「口にいっちゃうよ」と言って頭掴んで出し入れ。
亀頭を舌でグリグリやられて射精。
余り出ないが喉の奥に出すと多少むせたが、ゴクンと飲んでニッコリ。

それからちょいちょい客が帰るの待って母親を先に帰して、おまんこ二回はするようになった。
母親も気付いて気を利かせ休みの日には家に呼ばれ飯をゴチになったり、風呂貰ったりの生活が二月続いた。

当然母親の隣の部屋でおまんこしてわざと声を出させて聞かせた。
そもそも二人共にやりたくて通ってたんで母親が欲情するように、音パンパン出してやりまくった。

しばらくすると二人に結婚を迫られしぶしぶ籍を入れ、母娘のマンションに転がり込んだ。
二月もすると色々判って来た。

なんと母親は有名なヤクザの幹部の情婦を17からやっていて、おまんこやフェラや尻の穴を徹底的に仕込まれ、二十歳の頃にはあちこちの親分や幹部の接待をさせられ、娘を身ごもったそうで、下ろせと言われたが拒否。
腹を蹴られたり水風呂に入れらたりしたけど大丈夫だったそうな。

そんなある日警察が踏み込んで来て、逮捕されそのまま投獄。
面会で金の在りかを聞いてスナックやって出所を待てと言われてその通りにしたとの事。

開店前に誰の種かわからん娘を産んで5年後、何と情夫は獄中死。
親分に面倒見ると言われたが断って今に至るそうで、店は赤字だそうだが相当な金を隠し持ってるらしい。

その件で獄中で殺されたんだろうと噂に。
親分は追求したが、知らぬぞんせぬを通してるうちに、親分も亡くなりうやむやになったそうな。

危険な母娘と関わってしまった後悔もあったが仕込まれた技を知りたくてむずむずしてた。
ある時娘が昔の仲間と海外旅行に行くことになり、10日程母親と二人に。
早速行動に出た。

たまには背中流すよと、風呂に入れて頭から洗い、背中、尻と洗って、胸に手を掛けると振り向いてビンタされた。
「ママ、ママが好きなんだよ」と抱きついて強引に羽交い締めにしてキスした。

私の力に負けてとうとうされるがままになった。
胸は大きく柔らか、まんこは少し白髪混じりでクリトリスがでかく、ヒダヒダが真っ黒、やはりかなり使い込んでる。

太ってるけど軽い、両足持って立って差し込む。
中は肉が複雑に絡んでるのかチンポの当たり具合が素晴らしい。
駅弁で出し入れするとやっと首に手を回してあえぎ出した。
まんこがぐいぐい締めてくる。
こんなおまんこ初めて!

たまらず射精、ドッピュンに合わせてまんこを締めてくる。
いやいや最高の気持ち良さ、抜いて体を洗ってガウンを巻いてお姫様抱っこでベッドに。
母親は無言でされるがままだった。

真っ黒なまんこを舐めて舌を奥に入れてクリトリスを潰す様にマッサージするとやっとあえぎ出した。

正常位で激しくピストン、やっと抱きついて「いい、しまちゃんいい、」と言ってまんこを締めてくる。
私を下にして首に手を回して腰だけピストン。
ゆっくり押し下げ、上げる時はまんこ締めて早く、凄いテクニック、こりゃ親分達を虜にするはずだ。

たまらず「いきます」と言って射精、まんこで精液を搾り取る、最高最高、こんなの初めて。

次の日には母親から誘って来て朝から5.6回はやった。
店に旅行で休みと貼ってたっぷり楽しむ。
母親は二十年やって無くて、又おまんこの良さを思い出して、技を繰り出す。

何と言ってもフェラが素晴らし過ぎる。
あっと言う間にいきそうになるが寸止めで尻の穴を舐めたり玉をマッサージする。
腹が波打つ程気持ち良い。

他の女は自分が気持ち良くして貰いたいが母親は逆、男を気持ち良くする事に徹している。
立たなくなると尻に指入れて前立腺を刺激、たちまち勃起、兎に角凄い。

娘が帰って来る予定の2日前、二人で全裸で絡み合いベッドでしゃぶってもらってると、ガチャンとドアが開いて娘が棒立ち。
カバンをドタッと落として「母さんなにやってんのよ」と言って引き離し私を殴る蹴る。
抵抗できずにやられるまま。

母親が羽交い締めにしてやっと治まり、「ごめんよ~私が悪いんよ」と言ってなだめるが、「出てって」と、言ってビンタして泣き崩れた。

次の日、カバン二つで娘に放り出された。
こっそり母親から50万手渡されアパート借りなと言われて家を出た。

後日離婚届けを出され判をついて今に至ります。
娘はスナックを引き継ぎ、母親は少し離れた一軒家で一人暮らし。
たま~におまんこやりたくて、母親の所に抜きにいってますがそろそろ止めろと言われてます。

 

管理人の戯言(‘ω’)
ご投稿ありがとうございます<m(__)m>
現在進行形!?続きお待ちしております<(_ _)>

ミダレ妻
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)