欲求不満のパート人妻(45)の口マ○コで初めてイカされた話・・・・・・・

閲覧数: 2,851 PV

※このエロ話は約 2 分で読めます。

投稿者:変態紳士 さん(男性・40代)

タイトル:口マンコとして使っていた人妻に…

前回:元カレと関係が続いてる彼女を許してマ○コ共有してた話・・・・・・・・

初めて口だけでイカされてしまった。。

レスで欲求不満のパート人妻あゆみ(45)は、歳の割には嗜虐心くすぐる童顔が弄らしく、他人棒を咥えるフェラ顔は絶品だ。

ドMで、言いなりで、幸薄系の彼女が他人棒を咥える際に魅せる様々なフェラ顔。

困り顔、アへ顔、苦悶顔、赤ら顔、アクメ顔…仁王立ちフェラ、四つん這いフェラ、壁ドンフェラ

TPOによって表情が変わるまさに女優だ。

それら全てを個撮し、墓場まで持っていく秘蔵コレクションとなっており、何度見返しても飽きることがない魔力がある。

人妻が他人棒に跪き、咥える姿に罪悪感と背徳感はつきものだ。

それと共に、人様の妻を屈伏させたというオスの支配欲も満たされ、興奮度はマックスになる。

あゆみを見下ろしながらいつも思う。
支配されることが彼女の本望なんだと。
メスとして扱われることが本来の姿なんだと。

マッパで正座させられ、後ろ手に縛られ、頭を鷲掴みにしたノーハンドフェラが最近のお気に入り。

「あゆみ、カメラを見ろ。そうだ、いい子だ。離すなよ。もっと奥まで咥えて。あぁ、その顔最高!」

羞恥の極致だろう。
背徳と興奮が入交り、乳首はビンビン、マン汁は糸を引いている。

時間がなくとも隙あらばシャブらせ続け、オレ好みに手ほどきし、口マンコとして使ってきた。

人様の妻だが、どこに出しても恥ずかしくない逸品に仕上がっている。

そしてオイラ…デカマラなんです。

18.5センチあり1週間も溜め込めば、19センチに届き、イチモツが重くなるのが分かる。

そう、ザーメン量も人一倍多い。

最初は小柄なあゆみも戸惑っていた。

涙目ヨダレまみれになりながら、顔が変形しながら健気に頬張る姿にますます嗜虐心がくすぐられ、ぞんざいに扱うようになっていた。

顎の痛みが取れずに3週間ほどフェラチオを禁止したこともある。

アホみたいな量のザーメンを全て飲み込めず、吐き出してしまったこともある。

それでも彼女はがんばった。

何が彼女をそうさせたのか?

この歳になって、初めて中イキさせてくれたデカマラ他人棒へのオマージュだ。

またあの快感の波に乗ってみたい。
もう、旦那には期待できない。
あと何回セックスできるのだろう。

生挿入や安全日の中出しも厭わず、他人棒を嬉々として受け入れる。

そんなあゆみの1年後…初めて口でイカされた。

喉仏を鳴らしながらゴクゴクと全て飲み干している。

喉奥までリズムを刻んでも嗚咽することも、吐き出すこともなくなった。

「もう飲めない…おなかいっぱい(笑)」

頭を撫でてやり、そのままお掃除フェラに移行した。

腟奥ならず、喉奥まで開発された彼女に隙はない。

今度は、アナルを開発してみよう。

 

続き:携帯に入ってる6人の人妻の個撮フェラコレクションを紹介する・・・・・・・・

 

管理人の戯言(‘ω’)
ご投稿ありがとうございます<m(__)m>
最高やね・・

ミダレ妻
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)