パパママ友G内でのW不倫からの4P沼にハマってます・・・・・・・

閲覧数: 3,814 PV

※このエロ話は約 2 分で読めます。

投稿者:変態紳士 さん(男性・40代)

タイトル:W不倫からの4P沼にハマってます

ただの不倫ならよくある話なんだがオレたちは違う。

元々、飲み仲間だったパパママ友グループの中で、息の合った4人で宅飲みをしていたが、いつしかオレとチカコ(42)、トオルとユリ(43)は秘密裏に付き合うW不倫の関係になっていた。

そりゃ、この歳になればレスやマンネリ当たり前。
それぞれのパートナーに不満もあることが大義名分になっていた。

「…スゴイことしちゃった。。誰にも言わないでね」

惚けた赤ら顔にたっぷりと白濁液をかけられたチカとユリが手を繋ぎ、ビショビショのシーツの上で、マッパのまま大股開いて横たわっている。

そんな彼女たちに、妻であり母の資格はないだろう。

宅飲み悪ノリでタガが外れた既婚者男女4人組みが密室で繰り広げた痴態劇場。

欲求不満の人妻は、背徳と快感の間で苦悶しながら堕ちていく。
後はもう言いなりだ。

この月1宅飲みの会合が恒例となり1年近く経つが、どんどんエスカレートし今に至る。

マンコフルオープンのまんぐり返しで拘束し、2人の男にくぱぁされ、マンコにバイブ、アナルにディルドを突っ込まれ、泣きそうなユリの赤ら顔を個撮している。

「恥ずかしいよぉ…そんな中まで撮らないでぇ。。出ちゃうぅ、、出ちゃうからぁ~!」

両手で顔を隠し、マーライオンのようなスプラッシュを披露するユリにオレたちは歓喜の声を上げる。

対するチカのアナルは既に開発してあった。

人様の妻に中出しする訳にもいかず、フィニッシュの口内射精以外にもザーメンの行き場を考慮した上での紳士の振る舞いだ。

2穴挿入中は、絶えずだらしない半開きの口で涙目の張り付いた赤ら顔を晒しているチカ。

「…よくわかんないよぉ。。あ、気持ちいいかも…あ~、なんか来る。。」

最初こそ痛がる素振りを見せたのでスローピストンを余儀なくされたが、2人でのセックスの時もちゃんとアナルにも挿入し、ザーメンを注入してきた。

便秘ぎみの彼女は、お通じが良くなったと照れ笑いする。

100回近くは自慢のデカマラを挿入してきただろう。
美アナルだったチカのそれは、いびつに、黒く捲れ上がっている。

安全日には中出しもするが、念のためピルを飲ませている。

チカの密穴と、くぱぁしたアナルから白濁液を垂れ流すドアップ写真は携帯の待受画面にするほど気に入っている。

彼女が初めて、2穴挿入同時発射で痙攣イキを披露してくれた記念碑として。

ちなみにユリは、串刺し時のチンポチェンジでハメ潮を撒き散らしてくれます。

まだまだやりたいことはたくさんある。
機会があれば報告いたします。

 

続き↓
友達と入れ替わっても気づかないセフレ人妻に連続中出し・・・・・・・

 

管理人の戯言(‘ω’)
ご投稿ありがとうございます<m(__)m>
なんて楽しそうな集まりなんでしょう・・・w
是非詳しくお願いします<(_ _)>

ミダレ妻
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)