振られた後に超ドSな元カノに手コキお願いした結果・・・・・・・

閲覧数: 2,697 PV

※このエロ話は約 4 分で読めます。

投稿者:かき さん(男性・20代)

タイトル:振られた後に超ドSな元カノに手コキお願いした話

振られると覚悟して家に行った結果…
の続き

前編↓

【手コキ】Mな俺が最近そっけない彼女にフラれる覚悟で家に行ったら・・・・・・・

前編あらすじ

彼女のLINEが素っ気なく、家に呼び出されたから振られると思い家に行ったが、我慢できず手コキして振られるのを回避した話でした。

彼女: 超ドS 手がぷにぷにでスベスベで綺麗 超可愛い
俺: 早漏 陰キャ ドM

本編

あの後LINEで「あの時手コキして訳分からなくなったけど、本当に別れを伝えようと思ってた。話し合おうと思ってたのに…」
と言われ、
「あなたは嫌いじゃないけど、あなたの親が無理」
と、親が原因で振られてしまった。

しかし、結婚はNGなだけで友達として遊ぶのはOKとのことだった。

しばらくしてバレンタイン2日後に遊ぶことになった。
しかし、元カノは寝坊癖が酷いので寝坊するだろうと9:00に家に行き起こしに行った。

ベルを鳴らして部屋に入った。もちろん寝起きでスッピンだ。
豪華な手作りバレンタインチョコをもらってとても嬉しかった。

思わず抱きついてしまったが拒否られなかった。

元カノは化粧など用意しているのだが、薄着で居られるとそんなの我慢出来るわけが無い。

化粧中におっぱい揉んでも拒否なし。
さすがのFカップでかなり柔らかくて大きい。
乳首舐めたらさすがにすぐ拒否られてしまった。

そんなことしてたらフル勃起になってしまった。

俺「ごめんたっちゃった」

元「しらない」

俺「ちんこの向き変えてくれない?」

元「まあそれならいいけど」

てことでズボンの上から下向きの勃起ちんこを上にしてもらった。

その後は暇なので足でちんこ踏まれたりしていた。

その後、また向きを変えてもらったときに

元「これってこのパンツの隙間からちんこだすの?」

俺「うん。そうだよ。してみる?」

元「いや、無理だけど、出してみて」

となり、パンツの窓からガチガチで我慢汁で濡れたちんこを出してみた。

元「臭いてはやくしまって、てかなんでこんなもうガチガチにボッキしてんの?」

(流石に期待してなくて洗わずに来てしまった…)

俺「…ごめん」

俺「だめ?」

元「だめ!別れたでしょ?しこしこしてあげないから」

俺「あとでなんか買うから!」

元「そういう問題じゃないでしょ?」

と言われ、その通りなんだけど収まりきらない勃起に悶々としていた。

俺は自分でちんこをしごき、寸止めしていた。

元「なにしてんの?」

俺「イきそうだから止めてる」

元「あっそw手コキ無いからね他人の家でシコるとかキモいで」

と言われちんこは萎えてしまった。

元「萎んでるやん」

俺「1万円…手コキだけ」

元「……」

俺「それになんか買ってあげるから」

元「……だめ」

そのまま化粧始めたので財布から5000円取り出し、

俺「これでしてくれる?」

元「無理」

さらに5000円追加して

俺「ほんとに1万円あるから…」

元「もう!!!!!うっとうしいな!!!!!はやくかして!!!!」

と言われおもむろに柔らかい手で座ってる俺のちんこを握ってきた。

ギュッと強く握られ、高速で手コキしてきた。痛くないギリギリでとにかく気持ちよすぎて意識が飛びそうなほど気持ちよかった。

元「ねえ、早く出してよ?早くイかないならすぐ手離してやめるから」シコシコシコ…

俺「ええええあああっちょっとまって…ヤバイ…」

さっき寸止めしてたので暴発しそうだったが力を抜いて少し耐えた。
なんてったって1万円の手コキだからすぐイったら勿体ない。

元カノは高速手コキでとにかく早くイかせようとしていた。

俺「触っていい?おっぱい

元「は?好きにすれば?早く出して」シコシコシコシコシコシコ…

と言われたのでおっぱいをめっちゃ揉んだ。

元「はよイって」シコシコシコシコシコ……

俺「えええだって1万円もったいない…」

元「勿体なくない!早く出して」

俺「ええちょっ…ああっ」

元「情けない声出して…まだなん?」シコシコシコ…

俺「ちゅーは…」

元「ないて」

と、ナチュラルな言葉責めで直ぐに射精しそうになり

俺「ああやばい…ちょっとまって……」

元「なに?」

俺「出そう、出していい?」

元「はよだして?」

元カノにブチ切れ手コキされてるというシチュエーションがやばくものの1分で大量に射精してしまった。

元「うわ、服ついてるやんいつもバカなん?」ドピュ…ドピュ…

俺「もちょっとしごいて」

元「…」シコ…シコ…ドピュ

元「なあ飛んでるって。いつも飛ばしてるの分からんの?」

俺「ちょっ止めないで……」

元「………」シコシコシコシコシコシコ

俺「くすぐったいやめ!ああああああっちょっと!」

元「はあ、きったな マジで汚い服着いてるやんか」

と言い、ティッシュも渡さずそのまま手を洗いに行った。

飛び散った精液を拭いてると

元「ほらここ、ついてるのわかる?なんでこうなるの分かっててなんもしないわけ?」

俺「…」

俺「ごめんほんとに」

元「無理」

とブチ切れられてしまった。

俺「どんくらいでてた?」

元「めっちゃ出てた。出しすぎやん。汚い」

俺「ほんまにごめん別れてるのに」

元「もうしないから」

俺「出したあと手コキするの嫌なの?ぐちょぐちょなるの無理?」

元「それはいいけどあんたすぐ精子飛び散らかすやん。気になって手コキできない。」

俺「ごめん」

元「ほんまに出しすぎやし臭いし…最悪…」

結局、元カノに1分1万円払ってまで手コキしてもらった話でした。

その後は遊園地に遊びに行き普通に帰りました。

早漏やし文才マジでなくてスマソ。

 

管理人の戯言(‘ω’)
ご投稿ありがとうございます<m(__)m>
なんだかんだで優しい元カノさんwww
二人とも楽しんでるよね??

コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)