女装校生の私が女に逆レイプされて久々の中出しセックス・・・・・・・

閲覧数: 3,176 PV

※このエロ話は約 4 分で読めます。

投稿者:眞衣 さん(性別非公開・20代)

タイトル:久々にドSの純女に逆レイプ

私はパイパン女装校生の眞衣と申します。
眞衣には、飼育調教していただいている初老のご主人様がいます。

その日も、ご主人様にSMホテルで徹底的に凌辱レイプしていただまきました。
普段は、ご主人様の自宅に帰り、更に凌辱レイプされるのですが、その日は、「少し飲みに行くから」と言われ、散々虐めまくられたいアナルマンコに遠隔バイブを挿入され、新宿二丁目のあるスナックに連れて行かれました。

店から少し遠目のところで、タクシーを降り、セーラー服にミニスカの眞衣を晒すやうに痴漢しながら、店までデカマラ道を歩かされました。

タクシーの車内はもちろんのこと、歩きながらもバイブでアナルマンコを虐められ、周囲から見られていることで興奮して、店に着くまでに、ペニクリをフル勃起させ、ショーツも少し濡らしてしまいました。

店に入る前に、スカートを捲られ、フル勃起したペニクリとショーツの染みをご主人様に見られ、「こんなことで欲情しているのか、変態淫乱マゾだな!お仕置きしてやるからな!」と言われました。

店内はカウンターとボックスが3つと少し広めのステージがありました。
開店直後だったので、店内にはカウンターにショートカットの女装さんと思われる人が一人いるだけでした。

ご主人様の知り合いだったみたいで、ご主人様がその方に挨拶すると、眞衣をその方の隣に座らせました。

その方が、「この娘が新しいオモチャ?」と言うと、ご主人様がスカートを捲り、フル勃起したペニクリとショーツの染みを店ながら、「かなりの変態淫乱マゾだよ。よかったら、責めてやって」と返しました。

ご主人様はビールを注文する、その方は「この娘にはバーボンをストレートで大き目のグラスで」と注文しました。

隣ではご主人様がニヤニヤ笑ってやり取りを見ていました。
バーボンがくると、その方はグラスを手にすると、眞衣をトイレに連れて行かれました。

トイレに入るとその方はショーツとパンティーストッキングを下ろすと股間を顕にしました。
そこには眞衣に付いているようなペニクリはありませんでした。

眞衣が呆然としていると、「私は純女だよ!オマンコ見たことないのか!」と言って、眞衣にグラスを渡し、「溢すんじゃないよ」といってグラスの中にオシッコをしました。

オシッコをし終わると「舐めて綺麗しろ!」とクンニを強要されました。
眞衣はグラスをトイレの床に置き、雌の臭いがするオシッコで濡れたオマンコを必死でクンニしながら、オマンコの奥にも舌を突っ込み、アナルにも舌を這わせ、アナルの奥まで舐めてました。

しばらくすると、その方は身体を震わせたかと思うと、眞衣の顔面に大量の潮を吹き上げて、昇天しました。

潮で濡れた太腿とオマンコやアナルを舐めて綺麗にし終わると「トイレを綺麗にしてから、来なさい!」と言って、ディープキスを眞衣にして、トイレを後にしました。

トイレから、眞衣がグラスを持ってカウンターに戻るとその方とご主人様が談笑していました。

眞衣がグラスを前に躊躇しているとご主人様が「ミサキさんの聖水割なんて、滅多にいただけないぞ!ありがたく頂け!」と言われました。

そして、ご主人様とミサキ様に進められるまま、バーボンの聖水割を飲み干しました。

その間、ご主人様には、遠隔バイブでアナルマンコを責められ、ミサキ様にはショーツの上からペニクリをいたぶられました。

眞衣の空いたグラスを見て、ミサキ様は、「出るかな?」と言って、眞衣のグラスにまたバーボンを注がせると眞衣をトイレに連れて行き、聖水をグラスに注ぐと、オマンコとアナルに奉仕させ、2回潮を吹き上げると、眞衣を立たせて、フル勃起したペニクリを顕にすると「女装娘にはもったいない持ち物だね。後でたっぷり楽しませて貰うからね!」と言って、またディープキスをして、トイレを後にしました。

この後、更にバーボンの聖水割を飲まされた後、店を後にしました。

タクシーに乗り、ミサキ様の自宅に向かうまで、遠隔バイブでご主人様に責められ、ミサキ様にはペニクリを直にしごかれ、何度も寸止めされました。

ミサキ様の自宅に着くと「明日、向かいに行くから、連絡して」と言って、遠隔バイブのリモコンをミサキ様に渡すと、一人で自宅に帰って行きました。

ミサキ様の自宅に連れ込まれた眞衣は、ショーツを剥ぎ取られて、アナルマンコに遠隔バイブを最強モードで振動させられながらベッドに拘束されると、ミサキ様は眞衣のフル勃起したペニクリを自らオマンコに当てがい、ゆっくりと挿入すると、腰を振り始めました。

眞衣が「ダメです。イッてしまいます」と哀願すると、「今日は安全日だから、中に出してもいいから、私を満足させなさい!」と言うとミサキ様が脱いだ濡れたショーツを眞衣の口にネジ込んで腰を激しく振り始めました。

純女とのセックスに慣れていない眞衣は、瞬く間にミサキ様の中に射精してしまいましたが、バーボンに淫剤を入れられていたのか、フル勃起は収まらず、ミサキ様が昇天するまでに4回ミサキ様の中に射精してしまいました。

昇天後、ミサキ様は眞衣が中出ししたザーメンを眞衣に吸い取らせながら、眞衣のペニクリをフェラして、眞衣のペニクリをフル勃起させるとまた、眞衣のペニクリを挿入して、激しく腰を振り、二度連続で昇天させました。

こんなことが2回繰り返された後、ミサキ様は昇天して眞衣の上に倒れこんできました。

20回以上ミサキ様の中に射精しても眞衣のフル勃起は収まらず、昇天して失神したミサキ様のオマンコの中のペニクリを眞衣自ら腰を振り、更に5回中出しして、寝落ちしてしまいました。

窓の外はかなり明るくなっていました。
昼間過ぎに、ご主人様が迎えに来て、自宅に連れ返され、純女のオマンコで、射精したお仕置きとして、失神するまで、力いっぱい鞭打ちされました。

 

管理人の戯言(‘ω’)
ご投稿ありがとうございます<m(__)m>
なんて充実した女装子ライフなんでしょう・・・。

即愛newhalf倶楽部
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)