信長の生まれ変わりという男に騙されて処女喪失しました・・・・・・・

閲覧数: 1,798 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

投稿者:まりこ さん(女性・20代)

タイトル:織田信長の生まれ変わりという男にナンパされ処女喪失

これは私が大学1年生になったばかりのことです。
私は女優さんの比○愛未さんに似てるとよく言われていて、しょっちゅうナンパされていました。
ナンパとかありえないので、100%断っていました。

ある日、大学が休みの連休に1人で街を歩いていたら、また同じ年くらいの男がナンパしてきました。
私は面倒くさくなり、その場から速足で立ち去ろうとしたら、その男から「まつのだ!」と言われました。

「俺は信長だ、お前の夫の織田信長だ!この400年お前に会うのを待っていたぞ、濃姫(のうひめ)」と言われました。

「私はそんな名前じゃないですから」
私はそう言って立ち去ろうとしたらその男から腕をつかまれました。

「何するのですか!」
「そなたは濃姫の生まれ変わりなんだ、そして俺は信長の生まれ変わりだ!会いたかったぞ」

織田信長の正室が濃姫だという知識を知っていました。
私は、自分は濃姫の生まれ変わりなのかと思い出してきました。
そして、近くの公園に行って信長と抱き合ってディープキスしました。

キスしながら気持ちが高まって、私と信長はラブホテルに行きました。
「濃姫、400年ぶりに契りを交わすぞ」
「はい、信長さま」
私はすっかり濃姫になっていました。

私はその時処女でした。
キスしたのもこの時が初めてでした。

「濃姫、一緒に風呂に入ろう」
「わ、私、恥ずかしくて・・・」
「かわいいオナゴよのう」

ラブホテルの大きな浴槽に2人で入りました。
信長は私の胸を揉んだ後に私のアソコに指を入れようとしました。

「あ、ダメです。怖い。」
「濃姫は生娘か?」
「はい、男性経験はありません」
「では、濃姫と400年ぶりに破瓜の儀式をすることになるな、俺に任せておけ!」

私と信長は寝室に行きました。
「濃姫は400年前と変わらず美しいな、あの時と同じように美しい身体を見せてくれ」
信長は私の全身を長時間舐めました。

そして、最後にアソコを舐めました。
「信長さま、そこは汚いです」
「美しいぞ、濃姫のここは俺のものだ!」

しばらく、アソコを舐められた後に脚を開かされ、信長のペニスが入ってきました。
「い、痛い!」
「濃姫、耐えろ!」

しばらく痛みがありましたが、段々と気持ちよくなっていきました。
「信長さま気持ちいですう」

そして、しばらくして激しく腰を動かし始めました。
「濃姫、俺の子供を孕め!」
「はい、信長さま」

そして、膣の奥深くに射精されたのが分かりました。
「濃姫に沢山、子種を注いだぞ」
「信長さまありがとうございます。」

その後、信長と朝まで8回種付けの契りをして、朝ご飯を一緒に食べて、また会うことを約束して別れました。

その後、信長との出来事でうっとりしていました。
そうしていると、前世占いをしている占い師のブースがありました。

ブースに入って、占い師に占ってもらうことにしました。
「私の前世はお姫様とかでしょうか?」
占い師はしばらく私の顔や手相などを見ながら言いました。

「あなたの前世は男性です。徳の高いお坊様だったようです」
「え、男の人なんですか?」
私はしっくりきませんでした。

私は、占い師に「織田信長の妻の濃姫の生まれ変わりだと言われたのですが」と言いました。
占い師は「それは騙されていませんか?大丈夫ですか?」と言われました。

占いが終わって、私は冷静な気持ちになりました。
高めのラブホテルの宿泊代も朝ご飯のお金も全て私が支払っていたのです。

私は騙されたと思い、信長と名乗った男との連絡を絶ちました。
知らない男で処女喪失したことがショックでしばらく泣いて過ごしました。

そして、心配だったのは妊娠でした。
産婦人科に行って、妊娠は大丈夫でしたが、性病のクラミジアを感染させられていたことが判明して、しばらく抗生物質を内服して治療しました。
つらかったです。

それ以来、織田信長の名前を聞くと騙された経験を思い出します。
私がなぜ信長と名乗る男に催眠術にかかったように初めてのキスや処女を捧げて、避妊なしの中出しセックスしてしまったか今でも謎です。

もしかして、信長と名乗る男は催眠術が使えたのかもしれません。
女性の方は気を付けてください。

 

管理人の戯言(‘ω’)
ご投稿ありがとうございます<m(__)m>
妊娠してなかっただけでも不幸中の幸いでしたねぇ。。
本当、そういうギャグみたいな男に騙される女性が実際に結構いるから世の中って不思議です…。

コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)