金玉拘束器具を付けられた僕の悲劇・・・・・・・

閲覧数: 5,570 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

タイトル:恥辱のM男調教~ハンブラーで睾丸責めをされて悶絶の末、真性M堕ちした話

「でっかい金玉無様に晒して情けない格好ねぇ」

四つん這いで動けないでいる僕の金玉を指で弾きながら楽しそうに笑う女王様。

女王様の指が金玉にヒットするたび内臓へと鈍い痛みが響きます。

この日、僕はハンブラーで金玉を固定された挙句、四つん這いで動けないのをいい事に散々いたぶられてしまいました。

これはその時のM男調教体験談です。

女王様の気まぐれM男調教で玩具と成り果てる僕

女王様と僕は2年前、ネットで知り合いました。

女性から辱めを受け、罵られたりいたぶられたりする事で歓びを感じる僕の変態M性癖が女王様の目に留まり、定期的にM男調教をしていただけるようになったのです。

とはいっても僕達の関係は主従関係なんて崇高なものではありません。

女王様の気分で月に1回程度呼び出され、女王様のしたいようにM男調教をされる――いってみれば僕は女王様の玩具です。

それでも女王様が直々に調教してくださるわけですから僕にとっては身に余る光栄、僕は女王様の玩具として女王様に楽しんでいただける事に幸せを感じていました。

そんなある日の事。僕はいつものように女王様から呼び出しを受けました。

やはり約一ヶ月ぶりの呼び出しです。僕は期待と歓びで胸も股間も膨らませながら女王様のもとへ向かいました。

いつもの指定場所となっているホテルの一室。女王様は既にボンデージ姿でソファに座りタバコをくゆらせています。

「遅いわよ」

「申し訳ありません…」

「ほら、さっさと服脱いでM男調教の支度をしなさい」

「はいっ…!」

到着までに特別時間がかかったわけではありませんが、女王様が“遅い”と言われたら“遅い”のです。女王様の機嫌を損ねないよう、僕は手際よく服を脱ぎ全裸となりました。

「で、どうするの?」

女王様はタバコの煙を吐きながら全裸となった僕に問いかけます。

これは調教前の挨拶をしなさい、という意味だろうか…

「これからM男調教をお願いします…っ!」

姿勢を正して挨拶をすると、女王様は僕を睨みつけました。

「私を待たせておいてそれだけ?まずは謝罪でしょうが。ほら、床に這いつくばりなさい」

「あっ、はいっ!申し訳ありません…っ!」

どうやら僕は選択を間違えてしまったようです。言われるがままその場で土下座をすると、僕は呼び出しに遅れてしまった事をお詫びました。

「女王様を待たせてしまい申し訳ありません…っ!」

「お前は本当に愚鈍なM男ね!」

女王様は僕の頭を踏みにじりながら罵倒します。女王様との立場の差、僕は底辺のM男なのだと実感させられる瞬間です。

「そうそう、今日はお前に試したいモノがあるの。床に這いつくばるのがお似合いのお前にピッタリなモノよ」

僕の頭をひとしきり踏みにじった後、女王様は思い出したように切り出しました。そして手にしたのがハンブラーだったのです。

ハンブラーって何?

知らない方のために簡単に説明しておくと、ハンブラーとは金玉を拘束するための器具です。

その使い方は至ってシンプルで、弓のような形をした2枚の板の間に金玉を挟み、両端に備え付けられたているネジで留めるだけ。

言葉にすると単純な仕組みではありますが、男の命とも言える金玉を拘束され人質に取られるわけですから鬼畜性は抜群です。

ハンブラー装着で屈辱のM男調教開始!

「四つん這いのまま動くんじゃないよ!」

そう言うと女王様は僕の尻たぶの下辺りにハンブラーをあてがいました。

弓のような形状になっているハンブラーの曲線がちょうどフィットします。

続いて女王様は何の躊躇いもなく僕の金玉を引っ張ると、手際よくハンブラーに挟み固定してしまいました。

こうして僕の金玉はあっという間にハンブラーで拘束されてしまったのです。

「でっかい金玉無様に晒して情けない格好ねぇ」

女王様が僕の金玉を蔑みます。それと同時に金玉を指で弾く女王様。M男調教は始まったばかりなのに僕は早速悶絶です。

・・・

▼続きは下記から!▼

タイトル:恥辱のM男調教~ハンブラーで睾丸責めをされて悶絶の末、真性M堕ちした話

引用元:女王様とお呼び!

コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)