出会い系でヤリ目女王様から強制連続イキ地獄を受けた件・・・・・・・

閲覧数: 3,330 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

タイトル:イキ地獄!M男調教で搾精機を使われて悶絶した僕

アラフォー、ドM、某ブラック企業が経営する飲食店で副店長として働いている、人生の負け組、それが僕です。
そんな僕ですが、先日人生で初めてセックスによる悶絶、失神と言うものを体験しました。

今でもその時の感覚が忘れられず普通のオナニーやセックスでは全く満足出来ません。

もう一度あの時の快感を…何度も何度も女王様にお願いしてようやくもう一度M男調教プレイとして強制連続射精プレイをして頂けることになりましたので、記念で書き込ませて頂きます。

【人生初めてのSM調教、強制連続射精について】

連続射精なんて物は所詮AVだけの世界だと思っていました。

実際に自分でオナニーする時に無理やり手を動かし続けて二回目の射精をむかえても正直期待しているような快感が無かった事もあり、正直諦めていました。

強制連続射精プレイについては名前の通り。
色んな手段を用いて主に女性が男性を休憩無しで何度も射精させるプレイです。

手コキやフェラ、オナホを使う場合もあれば挿入して騎乗位で搾り取るなんてプレイまで。

そして最近では搾乳機ならぬ搾精機を使ったプレイがマニアの間では噂になっています。

僕もそんなマニアの一人で連続射精プレイ自体もそうですし、搾精機を使ったプレイに憧れていました。

そんな僕の憧れをとある女王様が叶えてくれたのです。

【女王様との出会い方】

女王様と出会ったのは某マッチングサイト…とは言ってもあまり大手ではない、少々マイナーな物です。

有名な所は男女共に若い人が多いと聞いたので、若いイケメンと比べられては自分では女性と出会う事が出来ない可能性が高いと判断し、マイナーな物を選んでみたのですがこれが大正解でした。

僕のような男性は勿論ですが、女性側も同じような目的が多いらしくプロフにはっきりとヤリモクと書いている方が居るくらいでした。

そして色んな女性の中からどこからどう見てもドSだとわかる、女王様のプロフィールを見つける事になるのです。

始めは勿論他愛ない挨拶から、そして…僕は本題を切り出します。

本来なら体の関係を求めていただけで、調教してくれる相手がいるなんて思ってもみなかったのですが、女王様を見つけてしまったからには話は別。

「僕を連続射精プレイで調教して頂けませんか?」

そう女王様に伝えた事で、女王様と奴隷としての関係がスタートします。

体…と、いうよりもセックスに対する色んな質問をされ、僕は聞かれるがまま全ての質問に素直に答えたところ、色々とやり取りを勧めた結果女王様からの答えは「YES」つまり調教プレイをOKして頂けました。

勿論いくつか条件は提示されましたが、基本的にはホテル代はこちら持ち、それからプレイに関しては何が何でも言う通りにしろという内容でした。

ホテル代くらいはむしろこちらから交渉材料として使う予定でしたし、プレイについての事はむしろ望むところ。

「プレイ中は何が何でも言う通りに」だなんてむしろずっと自分が望んでいた理想のプレイにかなり近い物です。

他にも細かい条件はありますが、あとは本当に微々たるものでした。

そして最後に一番重要だと言われた条件は、「会う直前3日以上オナニー、射精をしない事」です。

女王様のその一言を聞いて期待は更に高まる一方…なぜなら一番僕が望んでいるのが強制連続射精プレイだからです。

そして女王様と日時を決めて、僕は待ち合わせ場所へ向かいました。

【拘束と手コキ、フェラから始まる初調教】

事前にお互い写真を交換していたこともあって待ち合わせ場所ではかなりすんなりとお互いを見つける事が出来ました。

そして挨拶もほどほどに、僕たちはすぐに移動します。

勿論行き先はホテル。

女王様の指定でここならSMルームが利用できるという特殊なホテルでした。

風俗以外でこういった部屋に入るのは初めてなのでかなりわくわくしていましたが、そんな僕を女王様はシャワーに行かせる事もなく真っ先に服を脱がせ、女王様が持参した太ももと手首を固定する拘束具で、さっそく身動きが取れないように…。

・・・

▼続きを読みたい方は以下からどうぞ!▼

タイトル:イキ地獄!M男調教で搾精機を使われて悶絶した僕

引用元:女王様とお呼び!

コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)