再生数稼ぎに街で女性に過激なお願いをしてみた結果・・・・・・・

閲覧数: 2,530 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

投稿者:DEKAKIN さん(男性・30代)

タイトル:某動画投稿サイトの企画でふざけて街中で女の子に声をかけてたらとんでもない淫乱女に出会った話。

最近動画投稿をはじめたんだけど、再生回数欲しさに内容が過激になっていくってのはよくあることみたいで。
俺も再生回数稼げる企画を考えて、これに行き着いた。

あんまり目立つと職務質問とかされそうだったから、都内の方でも少し田舎の駅前を選んでインタビュー形式で女の子たちに声をかけていくことにした。

テーマは、あなたの大事な部分を見せてもらっていいですか?

大事な部分ってのは人それぞれだけど、まあエロい部分を想定している。

できるだけ若くて可愛い女の子に声をかけていったが、応対してくれる子は整形して二重になった目元やジム通いで割れた腹筋などつまらない回答だった。

そんな中、20代後半から30代前半くらいのお姉さん系の女性にも声をかけてみた。

「すみません、いま企画であなたの大事な部分を見せてもらえませんかっていう企画をやってるんすけど、見せてもらえますか?」

「えっ…ここでですか??」

「いや、移動してもいいんですけど。いいんですか?」

「え、あ、まあ。はい」

何を見せてくれるのかはわからなかったけどOKしてもらえたので、移動する場所を決めることに。

「逆にどこだったら見せやすいですか?」

「んー、ホテルとかですかね??」

これは期待していた展開になりそうだと思った。

お姉さんは短いワンピースを着ていてそこそこスタイルも良い感じだった。
黒髪で決して派手ではないけど顔もわりと綺麗系だ。

ホテルに着いて部屋に入る。
こちら側は俺ひとりなので2人でラブホテルの一室へ。

カメラを回して、
「じゃあ、見せてください」と声をかけた。

するとお姉さんは少し恥ずかしそうに、ワンピースを捲り上げて真っ黒のパンティを下ろした。

俺は期待してはいたものの、本当に見せてもらえると思わずゴクリと唾を飲んだ。

お姉さんはソファに座り、脚を自分で開いてパイパンのおま○こを俺に見せつけてきた。

「うわぁっ…綺麗っすね。」

この時点でこの映像が投稿できないことは確定していたけど、またとないチャンスなのでお姉さんの綺麗なピンク色のあそこをしっかりカメラにおさめた。

するとお姉さんは、
「こういうことで合ってますよね?」
と言ったので俺は合ってますよと答えた。

お姉さんはさらに大サービスで、自分の指で割れ目をくぱぁっと開いて見せてくれた。

「見えますか?」と、お姉さんが言うので俺はぐっとカメラごと近づいて「よく見えます」と言った。

レンズ越しではあったが、お姉さんの割れ目にとろっと粘り気のある液体がじわっと出てくるのが見えた。

お姉さんはなんとその液体を指ですくい、自分のクリをクリクリしはじめたのだ。

「あっん…ここまで見せなくていいのかな?」

「いや、めちゃくちゃいいっす…」

俺はもう釘付けで、AVを観てる気分だった。

お姉さんはおまんこをぴちゃぴちゃと音を立てながら愛撫していた。

「ねえ、お兄さんの大事な部分も見せて?」

とろんとした顔でお姉さんはそう言って俺のあそこに手をかけた。
気づいたときには下半身裸で、俺のギンギンのあそこはお姉さんの口の中だった。

「んっ…おいひぃ」

俺が声をかけたのはとんでもない淫乱お姉さんだったみたいだ…

そのままお姉さんは俺のちんこを欲しがった。

俺は一応企画なんで、と言ってカメラを回したままベッドの上で正常位でお姉さんに挿入した。

「ああぁっ、いいっ」

お姉さんは俺が動く前にグリグリと腰を動かし、よがっていた。

「ねえ、見て?」
と綺麗なおっぱいも見せてくれた。

そのまま寝バックと騎乗位も楽しんでフィニッシュ。
なんと中出しまでさせてくれたのだ。

そのお姉さんとはそれっきりだし、動画投稿もできない過激な内容になったけどお姉さんの大事な部分が見れてすごく良かった。

 

管理人の戯言(‘ω’)
ご投稿ありがとうございます<m(__)m>
へー、ほー、ふーん、、そんなことあるんですねぇ・・・。

コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)