年下無職夫に強制寝取らせ乱交プレイさせられそうに・・・・・・・・

閲覧数: 2,080 PV

※このエロ話は約 7 分で読めます。

投稿者:彩乃 さん(女性・30代)

タイトル:パパのお友達との乱交未遂!!

バツイチで子連れで再婚した36歳の主婦です。
今のパパは24歳。
一回り違う歳の差です。

そんな若いパパはぷー太郎。
スキーで大怪我をしてしまいました。
ただ勤めていた会社の業績が悪化して仕事を辞めざるを得なくなってしまったのです。

若いパパだからすぐに仕事は見つかると思っていたのでしっかり怪我を直すことに専念したのです。
その甘い対応がまずかったのです。

もう、今では怪我は治っているのに、日銭稼ぎの簡単な仕事しかせず、定職に就かないのです。
家でゴロゴロしたり 稼いだお金はパチンコで使ったりしてしまって、すっかりサボり癖が付いてしまったのです。

今は私の親が残したアパートの家賃収入と私のパート代で何とか生活をしているのです。
小学生の娘のこともあり、何とかパパには仕事をしてもらわないといけないと思い、パパとは定職に就くまでエッチはお預けにしたのです。

最初は冗談だろうと高を括っていて、何度も私の肉体を求めて来ますが私は断固として拒否し続けていたのです。

定職に就かないパパを真面目に働かせるために、景気づけにパパのお友達たちが海水浴場に近い賃別荘に招待してくれました。

私達家族3人とパパのお友達4人の7人です。
パパのお友達4人のうち1人は京子さんという女性です。
男のお友達も、私よりも一回りも若い人ばかりです。

日中は砂浜でバーベキューをしながら、海水浴を楽しみました。
再婚したころは、家族3人で出掛けましたが、パパがプー太郎になってからは久しぶりレジャーです。

大喜びの娘。
砂浜を走り回り、海で泳ぎます。
本当に久しぶりだもの。

「翔の言うとおり、彩乃さんの水着姿で、ますますファンになってしまうよ」

パパのお友達の小太りくんが言います。

「恥ずかしいわ・・・」

ワンピースの水着。
大胆に背中が大きく開いており、太腿を余すことなく露出しています。

「俺もだよ・・・奥さん」

今度はブサイク君が言います。

「俺たち、彩乃さんのファンだから」

イケメン君の山坂くんが言います。

「京子さんの方が綺麗よ」

私がそういうと、大胆なビキニ姿の京子さんがライバル心を剥き出しにしながら、ビキニを姿の肉体を披露します。
パパはニヤニヤするだけで、片手に持っていたビールを飲み干します。

夜はお酒飲みながらの夕食となりました。
娘はお食事の時からウトウトして始めていたので、お食事を済ませ、早く就寝させるために別部屋へと行きました。

娘に添い寝するように私も横になりました。
私も少しウトウトとしてしまったようです。
暫くして、目が覚め、娘の寝顔に幸せを感じながら、パパ達がいるお部屋へ戻りました。

お部屋の襖を開けると、そこには衝撃的な光景が広がっていたのです。

「ちょっと、パパ何してるのぉ!!」

女友達の京子さんが、パンティ姿でパパのシンボルを握りながら、お口に咥えているのです。

「おお・・彩乃ぉぉ!!」

悪びれもなく、Tシャッツ姿で下半身を露出しているパパは、しっかりとシンボルは反り返しながら、ニヤニヤしながら私を見るのです。

「奥さん、翔ね。私の元彼だったのよぉ」

京子さんは煽るような言い方で、私をけん制するのです。

「ちょっと、山坂くん!! それって、私がさっきまではいていたパンティでしょ」

パパのお友達で、一番のイケメン君の山坂くんが私のパンティを握っているのです。

「おおお・・彩乃、こいつらが欲しいって言うから・・・・」
「パパったらぁぁ!!」

目の前にある光景に唖然としてしまう私。
そしてパパが信じられないような言葉を発するのです。

「彩乃!!今夜だけ目を瞑るから、彩乃もみんなとヤッていいよ!!」
「パパ・・なに、何言ってるのぉ!」

戸惑う私をよそに、3人のパパの男友達が私に襲い掛かってくるのです。
イケメンの山坂君、小太り君そしてブサイク君の3人です。

キャミソールワンピ姿の私の両腕を掴み、肩紐に手を掛けられてしまいます。
ブラフィールのキャミ、両肩の肩紐を外されてしまうと、大きな胸が露出させられてしまうのです。

私は両手で胸を隠しますが、ブサイク君が背後から私の掌の下に手を入れ、胸を鷲掴みにするのです。
小太り君は私の右脚を抱えるにして、捲り上がったキャミから花柄のパンティが露わにされ、イケメンの山坂君がパンティのクロッチに指を押し当てるのです。

「ちょっとパパ、助けてェェこの人達をやめさせてぇ!!ちょっと・・・あああッツ」

パパは和室に壁にもたれかけ、スッポンポンの下半身を京子さんに責められているのです。
息を乱すパパ。
私が3人のパパのお友達から体を弄られているのをしっかりと見ているのです。

「あん・・パパったら。この人達を・・・やめさせて・・・・・あぁぁぁ!!」

私の発する言葉に対して、私の肉体は全く逆の反応を示すのです。
その光景を凝視するパパも興奮をしているようです。

「翔!!奥さんの感じる姿見て、興奮してるでしょ。おちんちん、嫉妬心で爆発寸前よ」

京子さんがパパのシンボルを咥えながら、煽るのです。
私の下半身に集まる手。
イケメンの山坂君と小太り君の指がパンティの上から股間を弄るのです。

「へへへへ・・・彩乃さん。口では嫌がっているけど、こんなに濡らして!!」

イケメンの山坂君と小太り君がマン汁で濡れたパンティをわざと音を出すように触るのです。

「いやぁぁぁぁぁぁーーーー!!」

イケメンの山坂君はパンティを摘まみ上げ、膣唇に喰い込ませながら、指で弄るのです。
小太り君は私の右の太腿から膝にかけて、唾液たっぷりの舌を這わすのです。

そして、ブサイク君は、大きな胸を隠していた私の両手を解き、乳房、乳首を完全に露わにするのです。
私の肉体は徐々にパパのお友達を受け入れているのです。

私を両脇を抱え、両脚を持ち上げる小太り君とブサイク君。
パンティを剥ぎ取られ、M字に開かれた脚。脚の間にイケメンの山坂君が入り込み、無防備に晒された膣唇に舌を這わすのです。

絶妙な山坂くんの舌使いで私に膣壁から溢れ出るマン汁を啜る山坂くん。
山坂君は左の人差し指を私のお尻の穴にも入れてくるのです。

「おい・・・俺もまだ・・アナルはしてないんだ!」

情けない声?!
正常位で京子さんと一体となっているパパが叫ぶのです。

「翔の願望なんでしょ。よく言ってるじゃない。奥さんが他の男とエッチしている見たいって!!」

パパと一体になり、パパの責めを受けながらも煽る言葉を発する京子さん。

「でも・・こんなに彩乃が?!」

ショックと興奮が入り交じるパパ。

「翔、ほら。奥さんのお尻に指がこんなに入っちまったぜ!!」

イケメンの山坂くんの人さし指の根元まで、しっかりとお尻の穴に挿し込まれてしまっているのです。

「奥さん、翔と京子がズコズコしているのわかるでしょ」

こんな淫らでふしだらな光景。
夫婦の私とパパがお互いに違う相手と淫らな行為に及んでいるのです。

キャミソールも剥ぎ取られた全裸の私に群がる男たち。
四つん這いにさせられ、私の下に潜りこみ、大きな胸に舌を這わすブサイク君。
私の背中から首筋にかけて舌を這わす小太り君。

イケメンの山坂くんは四つん這いで突きだされた大きなお尻に顔を埋め、膣唇とお尻の穴に舌を這わすのです。

「はぁぁぁっ、ダメぇぇぇ。ああああッ!!」

四つん這いの体勢が崩れながらも、3人の男たちは私の肉体を貪るのです。
小太り君は私の唇を奪います。

やらしく重なり絡み合う舌同士。
好きでもない相手とキスを交わし、舌を絡めてしまう私。
そして、小太り君は私のお口の中に唾液を注ぎ込むのです。
唾液の糸で繋がる私と小太り君。

「チンポ、舐めてもらぉぉぉ!!」

小太り君は仰向けになった私の口許に男のシンボルをあてがうのです。

「おい・・・彩乃!!」

パパの焦る声が聞こえます。
3人の男に好き勝手にヤラれていることに気が気でない様子のパパ。
私の目の前にある3本のおちんちん。
どれも大きくカチカチのおちんちん。

小太り君のおちんちんを咥え、ブサイク君のオチンチンを左手に握るのです。
そして、イケメンの山坂くんは膣唇におちんちんを擦り付けるのです。

「さぁ、奥さん、欲しいでしょ」
「入れてって言ってごらん」

イケメン・山坂くんと小太り君から発せられた言葉。

「ちゃんと言わないと、このまま終わりにしてしまうよ」

イケメン・山坂くんはそう言いながら、オチンチンの先端を挿入してくるのです。
3人の男からの責めに興奮はMAX状態の私。

「おい・・山坂、や、やめ・・・」
「翔!!離さないわ!!」

正常位で一体になっているパパと京子さん。
パパの言葉に言葉をかぶす京子さん。
その京子さんはパパの腰に脚を絡みつけ、ホールド状態になっているパパなのです。

「彩乃ぉぉ・・・それ以上は・・・!!」

パパの情けない声は、お友達に掻き消されます。

「ほら、奥さん。欲しいだろう」
「へへへ・・チンポ欲しいって言いなよ」

私も一線を越えてしまいそうです。
そして、次の瞬間。

「もうダメ・・・・。おちんちん頂戴。オチンチン入れてェぇぇ!!」
「彩乃・・・おい、やめろろ!!」

パパの声は興奮状態で耳に入りません。

「奥さん入れるよ、ハメるよ!!」

イケメンの山坂くんのおちんちんが膣唇から挿し込まれます。
先っぽの亀頭部まで挿入されてしまうのです。

その時・・・・娘が私を呼ぶ声が・・・。
なんてバットタイミングなんでしょう。

直ぐに母親モードに切り替わる私。すぐにその場から離れ、娘のところへ行く私。
不思議です。あんなに興奮していたのに・・・・

その後はどうなったかはわかりません。
京子さんが4人を相手にしたのか。
あの日の事はパパも語らず、相変わらずグータラな日々を過ごしているのです。

 

管理人の戯言(‘ω’)
ご投稿ありがとうございます<m(__)m>
イケメン以外名前も語られない非情・・w
グータラパパとはささっと清算しましょう!

ミダレ妻
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)