俺を車ではねた加害者の女の子にアレをお願いしてみた結果・・・・・・・

閲覧数: 9,896 PV

※このエロ話は約 4 分で読めます。

投稿者:ごろう さん(男性・30代)

タイトル:車で轢かれて骨折した俺の精処理をしてくれた加害者の女

ある時酔っ払って歩いていたら、突然横から飛び出してきた車に轢かれてしまった。

女「大丈夫ですか!」
運転手は女だったようですぐに飛び出してきて救急車を呼んでくれた。

怪我は右腕と右足の骨折で全治3カ月。
鳶職だった俺は仕事を休むことになり、退院後は自宅で暇な日々を過ごすことに。

一応保険には入っていたので贅沢をしなければなんとか暮らしていけた。
ただ、歩くのが困難なのと利き手であった右腕が使えないのが辛かった。

女「私が手伝います。罪滅ぼしさせてください」
俺を轢いた女は入院中も度々見舞いに来てくれた。

そして自分のせいで生活が不自由になった俺の代わりに買い物をしてくれるという。
彼女もいなければ親とも疎遠だったので正直助かった。

女は名前をけいこといった。
年齢は26歳らしく、真面目で少し幸が薄そうな印象だ。

美人でもなくかといってブスでもない普通のOLのようだが、責任感が強いようだった。
まぁ向こうもわざとじゃないし、これだけしてくれるので怒りや恨みというものはなかった。

入院の時から話をしているうちに結構仲良くなってきてはいたが、一応被害者と加害者という立場上それ以上踏み込んだ関係になることはなかった。

ある日、買い物に行ってくれたけいこが家に食材を置きにきてくれた。
俺はすでに少し酔っていたのだがいつものように代金を払う。

けいこ「他に何かありますか?」
酔っていたのもあっただろう、右手がうまく使えないこともありこの日はちょっとたまっていた。

なので
俺「右手がうまく使えないからさー…ちょっと手で抜いてくれたりすると嬉しいんだけどなぁ」
と冗談混じりで言ってみた。

そしたら
けいこ「…はい、わかりました。」
とまさかの了承!

俺は驚きつつもラッキーと言った感じでズボンとパンツを脱いでソファへ座る。
けいこは俺の正面に座り、おそるおそるチンポに触り…手を上下に動かした。

女の人にしごいてもらうなんて何年ぶりだろう。
その興奮でチンポがどんどん大きくなる。
しかし、どうも不慣れな様子だ。あまり経験がないのだろう。

とはいえたまっていることもあり、あっという間に絶頂に。
ティッシュに射精してこの日は終わった。

4日後、またけいこがやってきたので今回も頼んでみた。
前回経験しただけあり今回は扱くまでがスムーズだった。

俺「けいこちゃんってあんまりこういう経験ないの?」
けいこ「はい、ないです」
俺「ないって俺が初めてってこと?」
けいこ「…はい…」

まさかの処女確定。だったらこの感じも頷ける。

そこからは俺がレクチャーをしてツボを教える。
右手で扱いて左手で玉を揉むとか、鬼頭を刺激するとか色々。
そのかいもあり今回は気持ちよく射精することができた。

俺「いやぁ気持ちよかったよ。ありがとう。もし今度きたらフェラとかしてもらえると嬉しいな」
けいこ「考えときます…」
そう言ってけいこは帰っていった。

そしてまた後日。けいこがやってきた。

俺「俺シャワーは入ったけどフェラできそう?」
けいこ「はい、やってみます」
下半身丸出しでソファに座る俺のチンポの正面に座る。
何度か手で扱いたあと、決心したように咥える。

俺「おふっ」
思わず声が出てしまった。が、あまり気持ちよくない。
そりゃあ初めてだから仕方がないか。
ここでも俺がフェラをレクチャーしていく。

舐める場所、咥える時の力加減などなど…俺が気持ちいポイントを教えこんでいく。

それから来るたびにフェラを教えることになった。
時間にしたら15分くらいなのだが、それでも確実にうまくなっているのがわかった。

時には痴女っぽくとか、ドMっぽくとか注文をつけてみるも言うことを聞いてくれた。
そして俺がすっかり完治する頃には初めのころとは比べ物にならないくらいフェラがうまくなっていた。

ただ、手コキやフェラはしてくれても自分の身体を触らせたり、裸を見せることはなかった。
一度結構頼んでみたのだが、それだけは拒否された。
ということでセックスに持ち込むのは無理だったのだが、その分フェラは好きなだけしてくれた。

完治したということでけいこが最後に家に来る日。
この日もいつものようにフェラをしてもらった。
最後であるのは寂しいが、ここまで調教したかいがありめちゃくちゃ気持ちいい。

じゅぼっじゅぼっ

唾液をふんだんに使い、音を立てながら絶妙な力加減でチンポをしゃぶる。
玉を舐めるときは手で扱くのも忘れていない。
最後のフェラもあっという間にイってしまった。

けいこ「この度は本当に申し訳ありませんでした。完治されたということでお手伝いは今日までにさせてもらいますね」
改めて挨拶をしてけいこは帰ってしまった。

ここまでしてくれるのならセックスまで持って行けたかもしれないが仕方がない。
とはいえ、処女なのにあれだけフェラが上手いと彼氏驚くだろうな…

 

管理人の戯言(‘ω’)
ご投稿ありがとうございます<m(__)m>
事実かどうかは置いといて、こういうの好きw

コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)