美人妻に寝取られ調教をお願いしたら本当に○○されました・・・・・・・・

閲覧数: 6,624 PV

※このエロ話は約 9 分で読めます。

投稿者:W.W さん(男性・60代以上)

タイトル:大阪のSの男性に調教依頼したら3日間で妻を寝取られました。

この体験は今から30年前に成ります。
私が30歳で妻が29歳の時にある雑誌が有りました。
それを視たのは古本屋のアダルトコーナーの近くの棚にあったと思います。

手に取りページを開いて驚きました、女性の裸の写真が有りました。
メッセージ欄には「妻と3Pして下さい◯◯に住んでいます。よろしくお願いします。」
私は表紙を視ると女性が縛られ股を開いて下半身のアソコにうっすらボカシが有りました。

それを買って私は急いで家に帰りました。
妻にバレないようにトイレの棚に隠しました。
夜中にトイレに入り雑誌を読んで興奮してセンズリしました。

その中である男性のメッセージ欄に目が止まりました。
(メッセージ)
私は大阪で自営業をしています50歳の独身男性です。
趣味でSMにハマッテいます。
奥様か彼女を調教してもらいたい方居ましたらぜひ一度電話してください。
未経験の方からの電話を持つてます。

電話番号が有りました。

2日たっても私は電話をかけるか迷いました。雑誌が一年前の物でしたから。
でも私には一度で良いから妻がSMプレーで他人から縛られ犯される妄想ばかりしていました。
妻に縛って見たいとゆうと
「貴方だけならいいは、でも鞭やロウソクはいやよ」
OKは貰いましたがまだSM雑誌を見て勉強中でした。

仕事帰りに公衆電話ボックスに入り震える手で男性の電話番号に掛けてみました。
呼び出し音が3回なり ガチャ
「はい斎藤です」

「私は田中と言います」
震える声でした。
「◯◯雑誌を見て電話しました。」

(斎藤)
それは 有り難うございます 私は女性を調教してもらいたい方から 預かりマゾにしています
女性は彼女ですか 奥様ですか

(私)
妻です

(斎藤)
奥様ですか これは楽しみですね 経験は無いですよね。

(私)
はい 経験は無いです。

(斎藤)
田中さん 奥様はOK何ですか。

(私)
それが・・・ 妻には言わずに・・・・

縛って犯される所を・・・・・

(斎藤)
分かりました まず奥様の裸の写真を送って下さい
何枚かお願いします 郵便で送って下さい
こちらからも調教している女性の写真とビデオテープを送ります 興奮しますよ 奥様だと思って
見て下さい そして電話を下さい 待ってます。

(私)
すぐに 送ります よろしくお願いします。

私は妻を撮影した裸のポラロイド写真を5枚送りました。
10日後斎藤さんからの荷物が届きました。

(妻)
あなた 斎藤さんて 誰なの 大阪からよ

(私)
あ~ 仕事仲間の斎藤さんからか

震える手で妻から荷物をもらい自分の部屋に入った。
箱を開けると手紙が有りました。

(斎藤)
田中さん写真届きました びっくりしました
本当に奥様ですか モデルか芸能人ですか 綺麗過ぎますね
本当に奥様を調教してもらいたいのですか
いたずらでなければ 電話を下さい。

後はビデオテープと封筒が有りました。
封筒から写真が沢山出て来ました。
自分で現像しているんでしょう、どれも女性が縛られアソコが丸見えです。
顔もハッキリ分かります。

すべて人物が違う女性です。
縛り方も違いますがアソコは綺麗に映っています。
でも年齢や体を視ると若くないので興奮するまではいきませんでした。
夜中に起きて妻が寝ているのを確認して自分の部屋に行ってビデオテープを視ました。

(斎藤)
電話して頂き有り難うございます 私が斎藤です
奥様の写真を拝見して大変興奮しています
私は今50歳です SM歴は20年に成ります
奥様のようなスタイルのいい若い女性は中々居ません しかも美人ですね
陰毛もフサフサして最高ですね 私にぜひ調教させて下さい
奥様の綺麗な体を縛り写真やビデオに撮って差し上げます
これは10年前の物ですが奥様に似ていますのでちょっとだけですけど視てください。

動画は若い女性でした。
顔はボカシています。
体は妻に似ています。
大きく股を広げて縛られアソコに黒い張り型が入れられ、女性が泣きながら

「ヤメテ下さい お願いします あなた助けて」
「ご主人はもう居ませんよ 今日から3日間は私の物ですから。」

画面が変わり、女性の顔にボカシは無く、縛られたままセックスしてました。
女性は喘ぎながら
「ご主人様気持ち良いです ア~~イク~~」
動画は5分位でした。

妻に似てたので興奮し一発抜きました。
私は眠れず朝に成りました。

速く妻の縛られた姿が視たくて我慢できずにいました。
でも 妻をどうやって・・・・・
斎藤さんが上手く出来るのか疑問です。
妻には言えません、それに3日も妻を・・・・・

一週間考えて 斎藤さんに電話しました。

「もしもし田中です 返事が遅く成ってすみません。妻をお願いします」

(斎藤)
分かりました 場所はどちらで 東京か大阪か
私は大阪の自宅が良いのですが 道具もすべて有りますから
いかがですか 何とか騙してこちら迄奥様を連れて来て下さい。
私がアイデアを出しますからその通りに奥様に言って下さい。

(私)
上手くいかないかも知れませんがやって見ます。

電話を切った。
夜 妻に
「大阪で大事な会議が有るんだ 夫婦で行かないとダメなんだつて 行くだろう」

(妻)
なに それ 意味が分からない ちゃんと話して

(私)
うちの会社のお得意様と会議の後に会長だけを接待しろと課長から言われたんだ
夫婦でいけと
大事な接待だからお前だけだと心配だから奥さんも連れて行けと言われたから。

(妻)
そう言えば良いのよ 分かったわ いつなの

(私)
ふ~  有り難う 明日分かる予定だよ

あぶない あぶない やったぞ。
次の日、斎藤さんに電話で話しをして一週間後に決めました。
毎日ドキドキして落ち着きませんでした。
30年たった今でも思い出します。

大阪に行く夜に妻から何を着て行こうかなと聞かれました。

(私)
やっぱり スカートだよ 接待なんだから。

(妻)
なんか 恥ずかしい

(私)
良いんだよ

大阪には午前中に着きました。
初めて来ました。妻も初めてです。
電話を見つけ斎藤さんに電話をしました。
タクシーで向かうことにしました。

玄関に斎藤さんが手を上げて待っていました。

(妻)
主人がお世話になっております 妻のミエと言います。

(斎藤)
奥様疲れたでしよう
会議が明日にずれ込んだので 今日は自宅でのんびりして下さい さあどうぞ。

部屋に案内されリビングでうなぎをご馳走になり、妻をリビングに残し斎藤さんに部屋を見せてもらった。

(斎藤)
田中さん この部屋です 奥様を調教する所は

部屋を開けるとまさしくSM部屋でした。
楽しみです。

(斎藤)
奥様を裸にして恥ずかしい格好で縛り泣きながら悶える奥様を写真に撮りビデオに録りますから楽しみに、フフフ

緊張して言葉が出ませんでした。

(斎藤)
私が田中さんに会社で呼んでいると言いますからタクシーで町迄言って時間を潰して下さい
奥様の用意が出来たら呼びますから
このポケットベルで

(私)
あまり 無理はしないで下さい お手柔らかにお願いします。

(斎藤)
大丈夫です 慣れてますから。

リビングに戻ると妻が疲れたのかうとうとしていました。
それを視た斎藤さんが

(斎藤)
忘れてました 田中さん会社で呼んでました
タクシーを呼ぶんで 会社に行って下さい。

(私)
分かりました。

(妻)
私はどうすれば・・・・・・・

(斎藤)
直ぐ戻りますから 休んでください。

(妻)
・・・・・はい

(私)
悪いな 直ぐ戻るから

妻の顔を視ないで外に出ました。
タクシーに乗り町に行きました。
妻の事が心配でした。
どうやって妻を・・・・・・

タクシーを降りてただ町をブラブラしていました。
突然ポケットベルが鳴りました。
あわてて 公衆電話を探し斎藤さんに電話しました。

(斎藤)
田中さん お待たせしました 用意が出来ましたよ
素晴らしい 体ですね~ 楽しみです

奥の方で妻の声がしました。

(斎藤)
聞こえましたか
速く来て下さい ガチャ。

急いでタクシーに乗り向かいました。
妻をどうやって縛ったのか。
ドキドキしながら部屋に静かに向かいました。
部屋の前で妻の叫び声が聞こえています

ヤメテ下さい イヤ~~ ヤメテ~~

(斎藤)
奥様 誰も来ませんよ 恥ずかしいですか
丸見えですよ 良い眺めだ フフフ

(妻)
ダメです 斎藤さん イヤ~~ ヤメテ~~
あなた~~ イヤ~~ あなた~~

(斎藤)
さあ~てと これから あっ そうだ アイマスクをしないとまずいな

もう止められない、全身が震えてました。
部屋の戸が開き斎藤さんが手招きしました。

室内は静かで薄暗く感じました。
斎藤さんがニヤニヤしながら私に妻を見せました。
妻は縛られていました。
完全に裸です。
アイマスクをして大きく股を広げて縛られています。
肛門迄丸見えです。

ナマで縛られた女性を視るのは初めてです、しかも妻です。
ビデオカメラで撮影されています。
妻には悪いが興奮度がMAXです。

斎藤さんが私を見て笑うと妻に近付き、

(斎藤)
そろそろ 始めますか これからは 奥様ではなくミエと呼びますよ
ミエ オマンコをよ~く見せて貰おうかな

(妻)
ダメ~~ ヤメテ下さい 斎藤さんもうヤメテ~

(斎藤)
綺麗なオマンコですね まだピンク色してますよ
味はどうかな ウ~~ン たまらないですね~
そろそろ オシッコはまだかな 我慢しないで良いからね
少しこのまま放置して置こう

私を連れて部屋を出ました。

斎藤さんが 私に後はビデオに撮るから 3日後に電話するからタクシーを呼んで東京に帰って待ってて下さい、と言われて、挨拶して妻の居る部屋に入って行きました。

タクシーを呼ぶ前に私は部屋の前で中の様子を聴くと、斎藤さんが妻に何か言っています。

(妻)
イヤです 絶対イヤです 早くほどいてください
ダメ 早く 我慢できない。

(斎藤)
ミエ オシッコしなさい 我慢するな
これから何回 ミエのオシッコが視れるかな

(妻)
ア~~ ダメ~~ 視ないで~ イヤ~~~
アツ ア ダメ 恥ずかしい~~

(斎藤)
お~~ 出た出た 凄いな~~ 綺麗な顔して丸見えだよ。

(妻)
恥ずかしい もう 許して下さい

妻が斎藤さんの前でオシッコを視られて居る姿を想像して部屋の前でセンズリしていました。
情けないです。

私はタクシーを呼んで 妻を残し東京に帰りました。
長い3日間でした。

自宅で電話を持つて居ると斎藤さんから7時に新横浜に着くと言われて私は駅で待ちました。
新幹線が着き妻と斎藤さんが私の前に立つと斎藤さんが妻に言いました。

(斎藤)
ミエ 田中さんに見せてあげなさい。

(妻)
はい・・・・

(斎藤)
どうした 速くしなさい 田中さんが待ってるよ

(妻)
すみません ご主人様

スカートの前を捲ると縄にバイブを縛りアソコに入っていました。

(斎藤)
今日はミエを返します 可愛がつて下さい
でも また明日私の所に戻してもらいます
ミエそれでいいな

(妻)
はい ご主人様

(私)
えっ どうゆうことですか。

(斎藤)
私が奥様を引き取ります 奥様も同意しました
これからもっと 奥様を調教して私のMにして行きます
離婚届けを送りますのでよろしくお願いします

(妻)
あなた ごめんなさい 訳は聞かないで
仕事頑張ってね、応援してるから

(私)
・・・・・・

(斎藤)
田中さん これを また電話かビデオを送ります
それでは

挨拶して大阪に帰りました。

妻と自宅に帰りました。
家の中でも言葉が出ません。
妻は風呂の用意をしています。

(妻)
あなた 一緒に入りましょう

(私)
うん

妻の体に縄の後が有りました。

(私)
今日もやったのか。

(妻)
はい・・・・ ご免なさい。

(私)
俺が悪かった 考え直してくれ ミエ。

(妻)
ご免なさい。

(私)
本当に悪かった。

俺は涙が止まらなかった。
妻も泣いていました。
二人で布団に入り抱きあいました。

妻のフエラチオは凄かったです。
斎藤さんから教えられたのでしょう、すぐにいってしまった。
それでも妻は止めずフェラをつづけ、3回もいかされました。

妻はセックスさせないためにフエラをしたのだろうと思いました。

いつの間にか寝ていました。
妻はいません。
手紙がテーブルに有りました。

あなたご免なさい 今でも愛してます あなたの事は忘れません
お仕事頑張って下さい
本当に ご免なさい
ミエ。

あれから30年立ちました。
どうして今頃思い出したかと言うと、今引っ越しの準備をして居たらビデオが段ボールから出てきたので思い出し投稿しました。

今妻と斎藤さんが何処に住んでいるのか分かりません。
妻が幸せなら私も嬉しいです。

 

管理人の戯言(‘ω’)
ご投稿ありがとうございます<m(__)m>
何とも切ない寝取られ話でした・・・。

ミダレ妻
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)