ファンだった元AV女優を知り合いに紹介された結果・・・・・・・

閲覧数: 8,481 PV

※このエロ話は約 4 分で読めます。

投稿者:いのうえ さん(男性・20代)

タイトル:お世話になった元AV女優をハメ撮りした

大学時代、あまりにも暇だったのでyoutubeの切り抜き動画をやってみたところ驚くくらい稼ぐことができた。
そして自分で解説系の長尺動画を出してみたところこれが大当たり。
登録者も再生数も爆発的に増え、切り抜き動画も含めてかなりの収入を手に入れることができた。

こうなればあとは簡単で、チャンネルも増やし大学卒業後もそのまま専用youtuberとして活動している。
当然金遣いもかなりよくなり、友達と飲みに行っては奢りまくり、遊びまくりで相当羽振りが良かったと思う。
だって使っても使っても収入は上がる一方だ。

とはいえ動画編集もチャンネルが増えると大変にもなってくるので働く時と遊ぶ時のメリハリが大切だ。

そんなある日、知り合いの知り合い(つまり他人みたいなもの)から奇妙な女を紹介された。
話によるとお金に困っている女の子がいて、お金さえくれれば何をしてもいいらしい。

まぁこれだとただのパパ活みたいな援助交際みたいな感じだと思うのだが、相場が10万円からと結構高額だ。
俺としては10万くらいまぁ出せない額ではないが、それに見合うくらいいい女らしい。
何をしてもいいというのが逆に怖いが、一応犯罪絡みではないことは確認し了承した。
好奇心が勝ってしまった。

後日、指定された喫茶店へ行く。
すでに女の子は来ているというので席へ案内してもらうと、そこには驚くほどの美女がいた。

俺「こんにちは」
女「あ、こんにちはー」
(あれ?どっかで見たことあるような…)

よくみると2~3年前によくお世話になったAV女優に似ている…。
いつのまにか引退していたようですっかり見なくなったが。

この美女はタイトなスカートにシャツを着ていて、ライダージャケットを羽織っていた。
その格好がよく似合っていておしゃれな印象を受ける。
肌も白く透き通っていて笑顔が可愛らしい。
大人のような雰囲気なのに顔にあどけなさがあり、若くも年配にも見えた。

ここから何をしたいか、美女と話合い、値段の折り合いがつけば前金を払うということらしい。
ちなみに最低10万円からで全裸でフェラをしてくれるらしい。
フェラで10万円とは高いな…。

まず最初に浮かんだ疑問で元々AV女優だったか聞いてみた。

美女「そうよ、よくわかったわね。まぁ当時は結構出てたしねー」
と当たりのようだ。
この情報に俺は少しテンションが上がった。
あのお世話になったAV女優を好きにしていいとは…。
そう考えると10万円はそれほど高くないかもしれない。

結局ホテルで一晩お相手してもらうということで20万円で了承した。
俺はカバンから札束を取り出し、20万円手渡す。

美女「あら、すごいお金持ってるのねー。」

喫茶店を出て車でホテルへ向かう。
せっかくだからそこそこ高いホテル(ラブホじゃない)を予約していたので2人でチェックインする。

部屋に入るとルームサービスを頼み2人でシャンパンで乾杯する。
食事もホテル代も結構いい値段がするのだがまぁたまにはいいだろう。

お酒も入りいい感じになってきたところで美女にキスをされる。
それを合図に俺の服を脱がし始め、首筋、乳首と舐められる。
元AV女優というだけあり、そうとうツボを得ている攻めでかなりテクニシャンということがわかる。
普通に気持ちいい。

あっという間にベッドに押し倒され、パンツを下げられたと思った瞬間、ぱくっとチンポをしゃぶられる。
髪をかき分けながらチンポを唾液いっぱいにしながら入念にしゃぶってくる。
この力加減も絶妙ですぐに勃起してしまった。

美女「ふふ、いい子ね」
そういうと美女はパンツをずらし、俺の上に乗っかり挿入してきた。
突然挿入され驚く俺をいたずらっぽい笑顔で腰を動かしてくる。
このたまらなくエロい行為に酔いも手伝いすっかり天国にいる気持ちになった。

美女「なーに?いきそうなの?」
そういうと俺の上から降り、再びねっとりとしたフェラ
玉からアナルまで舐め回され、再び騎乗位での挿入。
この頃にはもう我慢できなくなってしまい、あっという間に射精してしまった。

美女「ふふふ、気持ちよかった?」
美女は俺の上から降り、精子が落ちないようにパンティを戻し風呂場へ向かう。

美女「一緒にいこ」
そういって2人で部屋に備え付けてある広めのお風呂に入る。
裸になった美女は昔AVでみた身体そのままで、すらっとしてスタイル抜群だった。
その上で胸もお尻もちゃんとあるのでそりゃ人気だったわけだ。

お風呂に入りながら胸を揉んだりお尻を触ったり、好きにさせてもらう。
一応一晩という契約なので再びベッドに戻り二回戦目。

ここでひとつやりたいことができた。

俺「実は昔からあなたのビデオをよく見ていたんだけど、可能だったらハメ撮りしてみたいな」
美女「あら、私のファンだったの?別に構わないわよ」
俺「じゃあプラスいくらになる?」
美女「うーん、じゃあ今回は追加もらわないからまた私と遊んでくれる?それでいいわ」
ということで俺は了承し、スマホを動画モードにする。

録画開始されたことを受け、美女はフェラを開始する。
元AV女優というだけあり、撮られ方がわかっている。
ほどよくカメラ目線をしながら俺のチンポを音を立ててしゃぶり、しっかりエロく見せる。

スマホを立て、今度は俺が攻める。
撮影していると思うとまた違った興奮があり、プレイにも熱がはいる。
そしてバックで挿入しながらカメラを構える。

美女「あん!もっとついてー!」
まるでAVのようにあえぐ美女。
AVでみたそのままの映像がまさに目の前で起こっている。
しかもセックスをしているのは俺だ。
これはなかなかすごい映像が撮れそうだ。

結局2回目はバックのまま中に出し、美女のお掃除フェラで終了した。
それからカメラ片手にセックスをしまくり、気がついたら2人ともベッドの上で全裸で眠っていた。

最終的に50万弱お金を使ったが、それだけの価値がある内容だったと思う。
また会う約束をしたので、お金を用意しながら今度は何をしようか今から楽しみで仕方がない。

 

管理人の戯言(‘ω’)
ご投稿ありがとうございます<m(__)m>
ご本人が満足ならそれでいいんだけど、、引退したAV女優に一晩50万は高い気が…。

コメント
  1. 1. 名無しさん  

    完全に金銭感覚が狂ってるね。
    稼ぎが良くても破滅しそう…。

コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)