混浴と勘違いして入ってきた外国人母娘を見ながら・・・・・・・

閲覧数: 11,243 PV

※このエロ話は約 4 分で読めます。

投稿者:温泉ファン さん(男性・50代)

タイトル:大浴場に入ってきた外国人親子を見ながら・・・

初めまして。
私は50代の男で大の温泉ファンです。
温泉は成分によって効能が変わるから調子を整えるのにすごく便利です。

温泉マニアとしては、連休になると必ずと言っていいほど温泉旅館に行きます。
季節の野菜や地元の特産物を使ったお料理を満喫して、次の日の早朝には「一番風呂」に入ります。

温泉旅行に行くと極稀にエッチな体験をすることがあります。
ほとんどがハプニング的な体験になるため、見えてラッキー的な感覚でいつも楽しんでいます。

それでは、早速ですが一週間ほど前のエッチな体験についてお話しします。
たまたま日・月と平日休みを含んだ連休が取れたので、日曜日の昼から温泉旅行に行きました。

季節的に春野菜が美味しい時期なのでヘルシーなお料理を満喫して、次の日の「一番風呂」のために早く休みました。

次の日の早朝、私は大浴場が解放される5時に合わせて少し早めに起きました。
他の人が入った後の温泉の湯は汚れていることが多く、気分的にあまりよくないですよね。
早く起きるのは少々つらい部分もありますが、気分良く温泉に入るためには仕方がないことなのです。

大浴場には先客が一人もいなくて、私は気分上々でお湯に浸かりました。
温泉のお湯はすごく熱々で一気に疲労が取れてしまうくらい気持ちよかったです。
一人で入る温泉はなんて贅沢なんだろうと、いつものように湯加減を肌で感じ取りあまりの気持ちよさに感動を覚えました。

しかし、大浴場を独占している状態は長く続きませんでした。
脱衣所の方から微妙に物音が聞こえてきました。
すぐに、他の温泉客が来たんだなと理解できましたがちょっと様子が変でした。

会話のような話声が聞こえてきたのですが何を言っているのか理解できませんでした。
しかも、こちらは男湯ですが声の主は明らかに女性でした。

女性の会話が聞こえてから数分後、二人の女性が大浴場に入ってきました。
一人目は30代後半ぐらいでスタイル抜群、推定Eカップぐらいの巨乳が若干垂れていましたが、乳輪と乳首の大きさ・色ともに最高でした。

二人目はおそらくまだ幼さが残る若い女性。
胸や股間を隠すことなく歩いてきたので、パイパンのアソコに目を奪われてしまいました。

親子と思われる女性二人組と私は目が合いました。
日本人女性であればすぐに脱衣所に戻って女湯に戻るはずですが、なぜか親と思われる女性のほうがニコッとこちらを見てほほ笑みました。
あの様子では完全に混浴と勘違いしていましたね。

親子は隣同士に座って初めに体を洗い始めました。
その時、親子で何か話をしていましたが言葉が聞きとれませんでした。
たぶん、彼女たちは日本語ではなくアジア系の言語を話していたと思います。

この時、彼女たちが日本語を理解できず間違えて男風呂に入ってきたことを理解しました。
でも、私が話せるのは日本語のみなので、彼女たちに間違いを教えることができませんでした。
そのため、私はちょっとドキドキしながら彼女たちの一部始終を覗くことに決めました。

親子は仲良く話しながら体を洗っていました。
何を話しているのかわかりませんが、大人の方がこちらをチラチラ見ていたので視線を気にしていたんだと思います。

娘さんの方は開放的な性格らしく、足を全開にしながらこっちに見えやすいような態勢で陰部を擦って洗い始めました。
パイパンのアソコがちらちらと見え、かなり興奮してしまいました。

私が見ていると、母親と思われる方が娘さんにに大きな声で何かを話して足を閉じさせていました。
でも、彼女は足を開くのが癖らしくすぐにまた足を開いていました。

すると、母親はこちらを見てまた何かを言っていました。
しかし、言葉が全く分からないため私は気にしないで彼女たちの裸を見ていました。
私に言葉が通じないことが分かったみたいで、母親は私の視線を気にしなくなりました。

実は、私自身かなり興奮していてペニスを触りながら彼女たちのことを見ていました。
目の前で、タイプの違う女性二人を見ながらモノを触れるなんて本当に贅沢でした。

母親のほうがスポンジで胸を擦ると自然と乳首が大きくなっていて、アソコはかなり毛が多くて足を閉じた状態では全く分かりませんでした。

それでも、私がじっくり彼女たちの裸を見ていると、母親も足を全開にしてアソコ全体をスポンジで洗い始めました。

ちなみに、親子のアソコと乳首の形などを比べてみるとすごく形が似ていたので、やはり本当に親子なんだと思いました。
母親が足を開いた時に見えたアソコの中はピンクだけどビラは黒く、足を開いただけでアソコの穴が開いていました。

親子のアソコを同時に見れただけでも、かなりエロくて興奮しました。
二人のアソコを見比べながらバレないようにお湯の中で勃起したペニスを弄ってしまいました。

彼女たちはきれいに体を洗い終わると温泉の中に入ってきました。
娘さんは温泉の中を泳いだりマナーなど関係なく好き放題やっていました。
たまに、目の前でこっちにお尻を向けて前屈みになり、私の目の前にお尻の穴やアソコが丸見えになりました。

母親の体もすごく魅力的だったけど、目の前で無防備な姿をたくさん見せてくれた娘さんの裸には本当にお世話になりました。

私は二人の裸を目の前で見ながらさらに興奮が抑えられなくなっていました。
温泉の熱さで半分ぼーっとしていたのか、それとも性的興奮で何も考えられなくなっていたのか・・・。

間もなく、奔放に湯舟をお欲娘さんの裸と熟れた母親の豊満なバストを見比べてオカズにしながら手の力を強め、ついお湯の中に白い精液を吐き出してしまいました。

目の前に精液が浮かび上がると、母親はけげんな顔をして娘さんに何か言い、二人で何か話をしていましたがやはり言葉がわからなかったので、私は聞こえていないふりをしてしました。

数分後、男性が5人ほど大浴場に入って来ました。
裸の親子を見てびっくりしていたが、全員がいやらしい目で彼女たちを見ていました。
さすがに親子もこれで異常な状態に気づいたらしく、慌てて脱衣所に走っていきました。

彼女たちがいなくなってから私も温泉から出ました。
久しぶりにおいしい経験ができて満足しましたが、性欲に負けて温泉好きとしてはあるまじき行為をしてしまったと反省しております。。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
ご投稿ありがとうございます<m(__)m>
本当に温泉好きです・・・?