女王様の膣から垂れる精液を舐めさせられた俺・・・・・・・・

閲覧数: 5,466 PV

※このエロ話は約 8 分で読めます。

タイトル:私の事愛してるなら舐められるわよね?膣から垂れ堕ちる他人の精液を舐めさせられた話|MAZOTOWN

「私の事、愛してるんでしょう?だったら舐められるわよね?」

僕の前には開脚姿の女王様。
いつもなら歓んで舐め奉仕するところだけどこの日は違った。
割れ目から垂れる白濁の汁は愛液なんかじゃない。他の男の精液だ。

「何やってんの?早くしなさい。選り好みできる分際じゃないでしょう?」

苛立ちの口調で急かす女王様。
僕は彼女の股の間に顔を埋め、淫裂に唇を寄せた。

女王様との出会いはもう4,5年も前になる。初めて利用したSM倶楽部に彼女はいた。
円華(まどか)女王様と名乗っていた。本名ではないらしいが未だに教えてはもらえていないので、今でも僕は彼女の事を円華様と呼んでいる。

僕は円華様に一目惚れだった。

切れ長の目に鼻筋は高く、赤い口紅がよく似合う唇とまさに女王様然とした容姿だったし、スタイルも全体的に細く、それでありながらバストとヒップは女性らしい厚みがある。円華様は僕の思い描いていた理想そのものだった。

SM倶楽部、というかSMプレイ自体初めてだった僕に円華様は厳しい口調ではあったものの優しく調教してくれた。もし調教内容が耐えられないほどキツいものだったなら、たとえ容姿が完璧でも次はなかったと思う。

けれど円華様はこれからも調教されてみたいと思わせてくれるような女王様だった。

その日から僕は定期的に倶楽部に通うようになった。大した稼ぎがあるわけではないから1ヶ月に1,2度程度だったけれど、僕はタバコをやめ、趣味だったバイクも手放した。

そのおかげもあり、倶楽部通いを始めて3ヶ月経った頃には円華様に名前と顔を覚えてもらえるようになった。

1年経った頃にはアナル性感もマスターしたし、ある程度の苦痛責めも享受できるようになった。

言ってみれば僕のマゾヒスティックな体は円華様に作られたようなものだった。

それでも円華様と僕はSM倶楽部の女王様とその客という関係に過ぎない。会えるのは店を通してのみ。

ただの客でなおかつM男の身の程でおこがましいと思ったので口には出さなかったものの、月日が経つにつれその関係性は寂しい、虚しいという思いが募った。

本当の事を言うと、つい出来心で何度か他の女王様に浮気してしまった事もあった。でもやっぱり円華様の方が良い。そう思うと戻ってきてしまうのだった。

そんなある日、転機が訪れたのだ。

「ねぇ。私、倶楽部を辞めようと思ってるの。だから私の個人的な奴隷になってみない?」

円華様からの思ってもない言葉だった。倶楽部の女王様とその客では物足りなさを感じていた僕が断るはずがなかった。

こうして僕は円華様のプライベート奴隷として傍に置いてもらえる事になったのだ。これが2年前の事である。

プライベート奴隷になって何が変わったかというと、実のところそこまで大きな変化はなかった。

会う頻度が月1,2回から2,3回に増えた事。1度会ったら食事も含め、最低でも3時間は一緒に過ごしてもらえるようになった事。

店では基本的に120分コースで入っていて時間厳守だった事を考えると一緒にいられる回数や時間は増えたものの、生活が一変する程の事ではなかった。

内心、一緒に暮らせたりするのでは…なんて期待もあったのだけれど。
そんな中、一番大きな変化といえば、調教に“ご奉仕”が加わった事。

円華様の店ではそもそもご奉仕というものがなかった。M男から女王様の体には触れてはいけない、という決まりがあったからだ。

もちろん円華様の体に触れたい、舐めたい、という思いはあったけれど、店のルールを破って嫌われたくはないから紳士に振る舞った。

触れたいけれど触れられない、そんなもどかしさを被虐の快感に変えてやり過ごしていた。

それが円華様のプライベート奴隷となった事で解禁されたのだ。僕にとってこれが最も嬉しかった変化だった。

最初は全身のマッサージから躾けられた。これまでマッサージなどした事のなかった僕にとってはコツを掴むのにも時間がかかる。

円華様に満足してもらえないとお仕置きの鞭が飛んでくる。僕は背中や尻を真っ赤にしながら、3ヶ月ほどかけてようやく納得してもらえるまでに上達させた。

全身マッサージを覚えてようやく淫部へのご奉仕が許された。
円華様の体に触れられた事自体嬉しかったけれど、やっぱり一番はまだ見ぬ秘部を拝みたい、愛でたい、舐めたい、そんな思いでいっぱいだった。

「私が脱ぐだけで勃起しちゃったの?私より先に興奮するなんて躾がまだまだ足りないみたいね」

円華様が初めて僕の前で下着をとる。興奮しないわけがなかった。
脱ぐ前から期待で半勃ちだった僕のチンコ。円華様の淫部が露わになると、さらに硬く屹立した。

ようやくお目にかかれたという歓びもあったけれど、露わになったそこは一切毛がなくツルツルだった。その淫猥さに僕のチンコはより一層反応してしまったのだ。

円華様は早々に勃起してしまったチンコを諫めながら、僕の首に首輪をはめ、リードを取り付けた。

「じゃあ、しっかり奉仕してもらおうかしら」
「失礼します」

ベッドで仰向けとなる円華様。広げた脚の間に僕はうずくまった。
脱毛しているらしく聖器周辺にも毛はなかった。ラビアもクリトリスも丸見えで、それがものすごく艶めかしくて、これがもう何年も憧れ続けていた円華様の聖器だと思うと我慢できなくて、はしたなくしゃぶりついた。

この時の僕は円華様に満足していただく事よりも自身の浅ましい欲望を優先していた。
淫裂に舌をねじ込み愛液を味わいたい…ぷっくりと膨らんだクリトリスに吸い付きたい…!僕は欲望の赴くまま貪りついた。

けれど自分本位なご奉仕で円華様が歓んでくれるはずなど到底ない。僕は思いっきり首輪を引っ張られた。

「ヘッタクソなご奉仕ね、こんなんで満足すると思う?」
「申し訳ありません…」
「初めての舐め奉仕みたいだから一から教えてやらないといけないみたいね」

円華様はこう言い放つと、続いて具体的な指示を与えてくださった。

「もっとゆっくり舐めなさい」
「唇も使って愛撫するのよ」
「歯は立てないで!」

僕が失敗をするたびリードを引っぱられる。なぜ事前に首輪とリードを装着されたのか疑問だったけれどここでようやく合点がいった。これは僕をコントロールする手綱のようなものだったのだ。

最初こそ自身の卑しい淫欲に目がくらんだものの、僕はあくまでも奴隷なのだと自覚した。そして円華様の指示通りにご奉仕を続けた。

半年も経つと何とか円華様に納得いただける程度には舐め奉仕も板についてきた。

「はぁ…いい…」
「そこ、すごく気持ちいい…」
「あぁ…もうイッちゃう…」

舌全体で舐め上げて、陰唇を唇で挟みながら吸い舐めて、クリトリスに吸い付きつつ舌で刺激して…

そこからさらに1年も経つ頃には円華様の気持ちいい箇所を熟知し、なおかつ満足してもらえるまで何時間でも舐め続けられる真性ご奉仕奴隷にまで成長した。

「気持ち良かったわよ、随分上手になったわね」

円華様の褒め言葉が僕は誇らしかった。このままずっと円華様の奴隷として傍に置いていただきたい、と思った。

けれど僕は円華様を怒らせる出来事が起きてしまったのだ。

「今日はSMパーティーに連れて行ってあげる」

円華様からこんな誘いをいただいた。
しばらくはコロナで集まりがなかったものの、もうそろそろいいんじゃないかという事で久しぶりにパーティーを開くらしかった。

コロナが広まる前まではSMバーを貸し切って大人数で行っていたそうだが、まだ収束したわけではないしレンタルルームを貸し切り少人数で飲み会程度に行うとの事だった。

僕はそういったパーティーには参加した事がないからピンとこなかったけれど、円華様が誘ってくださるのだから断るわけがない。どんなものなのか少し不安はあったけれどそれよりも楽しみの方が大きかった。

でもこのパーティーこそが円華様を怒らせる要因となってしまったのだ。

パーティー当日。
会場のレンタルルームには10人ほどの男女が集まった。そのほとんどは円華様と顔なじみのようだった。

今回のパーティーでは飲み会がメインなので、各々持ち寄ったドリンクで乾杯が始まる。

入れ替わり立ち替わりで参加者と会話を楽しむ円華様。その中の一人の女性が僕の顔をしげしげと眺めた。

僕は戸惑った。円華様以外の女性からこんな風にじっと見つめられる事ははない。一体何なんだろうか、と思った。けれどしばらくすると何かを思いついたように声を上げた。

「あぁ!昔2,3回お店に来てくれたよね?」
「えっ…?」

つまり女性は円華様と同業で、僕は彼女の店に行った事があるらしかった。そう言われた瞬間、僕はうろたえた。

全く身に覚えがなければ即時に否定できる。けれど確かに過去、別の店で円華様以外の女王様に調教してもらった覚えがある。

ただそれが彼女だったかどうかは覚えていない。目の前の女性はごく普通のメイクや服装だから店での容姿とは違うだろうし、否定も肯定も出来なかった。

というか、何でこの場で言うんだろう。空気が読めないのか、それともわざとなのか。
この場合、彼女が間違っている可能性だってあるわけだし、しらばっくれた方がいいのだろうか、それとも別の店へ行った事がある事実は認めた方がいいのだろうか。

「で、行った事あるの?」

答えに窮する僕を見かねたのか、円華様が僕に問いかけた。心なしかその声は低く、若干機嫌を悪くしているようにも感じられた。

「いや、行った事ないです」

そして僕は反射的に否定をしてしまったのだ。
ここで話が終わればまだごまかし切れたかもしれない。

けれど女性は納得していないようで何かを考え込んでいる。そしてまた何かを思い出したように言葉を発した。

「3年くらい前なんだけどなぁ。お尻に大きめのほくろ、ない?」

この瞬間、僕は終わったと思った。
確かに僕の尻にはほくろがある。円華様からも“何だか的みたいね”とからかわれ、ほくろめがけて蝋燭を垂らされたりもする。

この発言は僕が女性に調教された経験がある事を示す確かな証言となってしまった。
どうしよう…と思う間もなかった。僕は円華様に胸ぐらを掴まれ勢いよくビンタされた。

派手な音が部屋に響いた瞬間静まりかえった。みんなの視線が僕に集中する。

「アンタ、パーティーに参加する資格ないわね」

円華様は静かな口調で言い捨てた。そして使うかもしれないと持ち込んでいた手枷と足枷で僕の手足を拘束し、僕は部屋の片隅へと転がされた。

その後は何事もなくパーティーが再開されたようだった。談笑する声が聞こえる。調教でも始まったのだろうか、おかしそうに笑う女性の声と歓び呻く男性の声が聞こえる。

部屋の隅へと転がされた僕の事などもう誰も見向きもしないし存在しないモノと成り果てた。

何でこんな事になってしまったのだろう。あの女性が空気も読まずに暴露したから?僕が思わず嘘を吐いてしまったから?

そもそもよく考えたら別に嘘を吐く必要なんてなかったのだ。

僕が他のお店へ行ってしまったのはまだ円華様のプライベート奴隷になる前の事。ちょっとくらいお咎めはあったかもしれないけれど、非難されるようなものではないはずだ。

何故僕は“彼女の事は覚えていないけれど他の店へ行った事はあります”と素直に言えなかったのだろう。自分を取り繕うために否定してしまったのだろう。そう思うと涙が溢れてきた。

ただひたすら放置状態を耐えているうちにパーティーはお開きとなったようだ。手足の拘束が解かれ、帰り支度が始まる。

僕の事は無視で部屋を後にする円華様。僕は慌ててその後を追った。

・・・

▼続きは下記から!どうなっちゃうの・・・!?▼

タイトル:私の事愛してるなら舐められるわよね?膣から垂れ堕ちる他人の精液を舐めさせられた話|MAZOTOWN

引用元:女王様とお呼び!

コメント
  1. 1. 名無しさん  

    円華様のお陰で煙草を辞められて良かったね。

コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)