満員電車で彼女を見つけてコッソリ痴漢してみた結果・・・・・・・

閲覧数: 4,847 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

投稿者:ヒトシ さん(男性・30代)

体験談タイトル:彼女にチ○ンした朝

トラブルで電車のダイヤが乱れて激混みになり身動きできない通勤をしていると途中の駅で彼女(沙也加)が乗ってきた。

近くに来たら話せると思ったけど、うまい具合にはいかず5人くらい挟んで横顔を見ていた。
次の駅の乗降で大きく人が動いたので思い切って沙也加に向かって動くと真後ろに立つ位置になった。

肩を叩いて話しかけようとした時にチョット驚かせたい考えとエッチなと考えが浮かんだ。

まずはカバンの取手を握った手の甲で軽くお尻に触れてみた。
沙也加は気づかないようなので強めに押し付けてみた。

少し反応したように見えたけど、電車の揺れだったかもしれないので押し付けた手をお尻を撫でるように動かしてみると明らかに反応して顔を横に向けてこっちを見る素振りをしたが思うように動けずに前へ向き直った。

電車の揺れを使ってカバンを胸の高さまで持ち上げて抱え、その下でスカート越しに手の平を当ててみると腰をずらして逃げようとしたので尻を鷲掴みにした。

更に抵抗して必死で腰を動かしたり何とか回した手で払おうとしている。
彼女だけども僕だと知られていないと考えると興奮して勃起してきた。

沙也加はア○ルセ○クスは嫌がるが、ア○ルの周りを刺激されると弱い。

お尻の割れ目に沿って指を這わすと軽くビクッとして腰を前に出して逃げたが、混雑と揺れですぐに戻ってくる。

何度かやっていると顔を横に向けて小さな声で「やめてくだい」と言ってきた。

もちろん無視してゆっくりとスカートの裾を引き上げると慌てて払おうとした手を掴んでズボン越しのチ○コに持って行った。

すごい力で手を引き抜いて体の前へ逃げていったが、スカートの後は完全に捲れていて、見えないけどパンティーが露出していたはず。

指を突き立ててア○ルとマ○コをパンティー越しに刺激してみると腰が少しくねった。

逃げるまで責めようとしたが、腰をくねらせるだけでそれ以上の反応はなく、こっちを睨もうと横を向く仕草だけの抵抗だった。

静かにズボンのファスナーを下げた。
チ○コは出していない。

クロッチの脇から直接指を入れると慌てて払おうと手を後に持ってきたので手首をしっかり掴んでズボンのファスナーの中へ引き込んだ。
逃げようとしたが手首を強く握って逃さなかった。

そのままトランクスの中まで手を押し込んで勃起しているチ○コに押し当て僕の手を重ねて握らせ上下に動かした。

更にすごい力で逃げようとしたけと、沙也加の手を離さなかった。

クロッチの脇から入った指はア○ルの周りを円を描くように撫でたり時々中心に突き立てて刺激をしている。
沙也加は腰をくねらせたり前へ逃げたり抵抗を続けていた。

前へ逃げた腰が戻るタイミングでマ○コへ指をずらすとすごく濡れていたので、次はマ○コ周りの刺激に切り替えた。

クリまで責めたかったけど、後ろから手を入れるとなると不自然な格好になるので諦めた。

マ○コまで責められ始めると諦めたようにチ○コの手が逃げなくなり静かに上下に動かしていた。

マ○コに中指と薬指を途中まで入れて親指でア○ル周りを責めていると濡れが多くなってきた。

マ○コから指を抜いて普段なら絶対に指を入れさせてくれないア○ルに中指を入れてみた。

一瞬腰を引いたけど第二関節まで飲み込ませると逃げるのを諦めてされるままになったので内側を捏ねるようにしながら入り口を広げるように動かした。

沙也加の腰から力が抜け始め手の動きが早まった。

沙也加が降りる駅まで3駅になった所でイカせたくなりマ○コに指を入れ直して掻き回し始めると体の反応で時々お尻をつきだす動きをし始めた。

沙也加は俯いてイヤイヤするように首を振っていた。

その姿を見たときにすごく興奮し感じてしまって発射してパンツの中が精子まみれになった。

沙也加は精子がついた手を引き抜いてカバンからポケットティッシュを取り出して拭いていた。

沙也加が降りる駅が近づいたので指を抜いて隣の人の後に隠れた。
イカせられなかったけとイカされた。

沙也加は降りる時に振り返って後ろの人の顔を確認するように見ていたが、それは僕の隣にいた人だった。

 

管理人の戯言(‘ω’)
ご投稿ありがとうございます<m(__)m>
正体を教えてあげないとトラウマになってしまうのでは…。
フラれるかもしれないけど…w