時給アップをチラつかせて女性スタッフを喰いまくってました・・・・・・・

閲覧数: 5,706 PV

※このエロ話は約 2 分で読めます。

投稿者:相良 さん(男性・40代)

体験談タイトル:職権乱用で女を手懐けた

雇われ店長をやっていた頃の話。

売り上げノルマがきつい店で、オーナーは人件費をケチりたがるからバイトやパートは割の良い仕事が見つかればバンバン辞めていた。

新人ばかりだから接客も悪いしロスも増えて結果売り上げが上がらない。

そんなのを全部店長だった自分の責任だと責められて頭に来ていた。

売り上げの事でオーナーに呼ばれて話をした時にバイトやパートの単価をケチるより上げて残す方が良くなると強めに言ってみたら店長の裁量で単価を上げられる事になった。

そんなタイミングでパートで入って来たバツイチ30歳の美紀さん。
美人で性格良くて仕事の覚えも早かったし、いつも身綺麗で色気が凄かった。

張りのあるヒップと腰のラインが毎日の癒やしになっていて、いつか何とかできないかと考えていた。

ある日雑談で美紀さんの身の上話になり、かなり金に困っている事が分かった。

誰もいないタイミングでバックヤードに呼び出し、いきなり抱きしめてキスをした。
美紀さんは驚いてすごく抵抗したが力ずくで押さえ込んでキスを続けた。

抵抗が弱まった所で唇を離して定期的に抱かせてくれたら時給を上げると金額を提示した。

元々研修期間が終わる時給だったので普通の時給になるが、プラスの時給が有っても当たり前なくらい仕事が出来るから査定の理由は満たしていた。

特別な事だから他の人には内緒とも伝え、今の給料との差を数字で示すと少し考えて受け入れた。
その日は美紀さんの部屋に泊まった。

そのやり方でバイトやパートの学生や主婦、フリーターを手懐けて10人近くと関係を持った。

どの女も最初はイヤイヤだったり義務的に身を任せるだけだったりするが、何度も抱いていると感じ始めるし積極的になる女もいた。

美紀さんも最初は金のためって割り切った感じだったが、段々濡れ方や声の大きさが変わったし、イヤイヤな顔でやっていた学生も逝くようになった。

そんな風に変わるから何度も関係を持ったら辞めない女が多かった。

店長を辞めるまで関係は続いた。

 

管理人の戯言(‘ω’)
ご投稿ありがとうございます<m(__)m>
是非もっと詳しく聞かせてください!

ミダレ妻
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)