ドS女性が知っておきたいM男が求める調教内容5選・・・・・!!!

閲覧数: 3,700 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

タイトル:【アナル・拘束・女装・射精管理】女王様に求めたい、Mが渇望する調教内容5選

皆さんはSMプレイと聞いて何が思い浮かびますか?
緊縛、アナル拡張、飼育、監禁、スカトロプレイなど、想像する調教内容は人それぞれでしょう
では数多に存在するSM調教においてマゾ男たちはどのようなプレイを女王様に望んでいるのでしょう?
今回は沢山の調教内容の中でも特に人気の高いプレイを5選紹介していきたいと思います。

◯アナル開発

M男性がまず最初に興味を持つのSMプレイがこのアナルプレイです。
例えばアナルを拡げ拡張していくアナル拡張プレイ。女王様がペニバンをつけてM男を犯す「逆レイププレイ」。
アナルを性感帯に開発し女性のような快感を得られる「ドライオーガズム」(いわゆるメスイキ)など沢山のプレイがアナル開発には含まれています。

アナルは自分で開発するには手が届かない、鏡を使ってもうまく見えないなど自分で管理することが困難なこともあり女王様に管理してほしいと望むM男が多いのです。
また女性に託すことで普通のセックスとは立場が逆転することも女性に支配されたいという願望を持つM男から人気が高い理由の1つと言えるでしょう。

◯目隠し・拘束プレイ

目隠しや拘束プレイは身近な生活用品を使うことでもできるため、初めてのSMはソフトなものがいいと望むM男性には人気があります。
また目隠しは視界を塞ぐことで他の感覚を敏感にするためいつも以上の快感を得ることができます。
身体を拘束すれば女王様に逆らうことができない一方的なプレイが成立するため、女性に支配されたいという願望を満たすこともできます。
このようにソフト嗜好のMもハード嗜好のMも満たすのがこの目隠し・拘束プレイの魅力なのです。

◯女装プレイ

実は意外と人気があるのがこの女装プレイ。
女装を求めるM男には可愛い女性の服や下着を着たい、女王様と女友達のように遊びたい、女装をしたままオナニーをしているところを見てほしい、女の子のように犯してほしいなど様々願望があるのです。

ではなぜ女装プレイはここまで人気なのでしょう。それは男性は「視覚からの刺激で興奮する」傾向があるためです。
また、非日常的な気分を体験できるのも人気の理由です。そのためか女装プレイを望むM男は実は固い職業の人が多い傾向にあります。

◯スパンキングプレイ

ボンテージを着た女王様に鞭で打たれたい。まさに王道的なSMの姿のそれはM男達からも非常に人気の高いプレイです。
鞭=痛いというイメージがあるかもしれませんが、バラ鞭のような音は大きいけれど痛みはそれほどではないという初心者向けの鞭も存在します。もちろん本格的な鞭を使用すれば怪我は免れませんし非常に強い痛みも伴います。

実は人間は苦痛と痛みを与えられることで脳内で「エンドルフィン」という脳内麻薬が分泌されます。それがスパンキングで与えられる刺激を快感へ繋げていくのです。M気質が強い人ほどエンドルフィンは強く作用するため、M男が女王様から痛みを与えられたいと望むのはこのような理由があったのです。

◯射精管理プレイ

射精管理には2つのプレイがあります。1つはM男が女王様の見ていないところで勝手に性的快感を得ようとしない忠誠心を試すプレイ。そしてもう1つは調教中に女王様から与えられ続ける快感に耐え続けるお預けプレイです。

射精管理のメリットは我慢し続けたあとに写生をするため、射精をした時の快楽は普段の射精の何倍にも膨れ上がることです。また我慢をし続けた射精の許可を得るためM男は誠心誠意を込めて忠誠心を女王様に示そうとします。

特に道具を使用しなくてもできるプレイですが、専門ショップに行けば男性用の貞操帯も売っているため貞操帯をつけたあとその貞操帯を外す鍵を女王様に預けることもできます。直接顔を合わせていなくても成立するのもこの射精管理プレイの特徴なので24時間女王様に支配されたい欲のあるM男におすすめのプレイです。

※関係性によってプレイの難易度は大きく変わる。

調教内容を紹介してきましたが、注意をしたいのは同じプレイでも2人の関係性によってその難易度は大きく変わってくるということです。SMプレイ=ご主人様と奴隷というイメージは強いと思います。
ですがその言葉一つでSMをまとめられるかといわれるとそうではありません。

・・・

▼続いては女王様とM男の関係性について解説!読みたい方は下記からどうぞ・・・▼

タイトル:【アナル・拘束・女装・射精管理】女王様に求めたい、Mが渇望する調教内容5選

引用元:女王様とお呼び!

コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)