アナルプレイは諸刃の剣!?射精より気持ちいいって本当・・・?

閲覧数: 6,023 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

タイトル:100%閲覧注意【アナル体験談】快楽の秘密とガバガバアナルは戻るのか?

今回は男性のアナルについての話しです。
アナルプレイで気になることは「なぜアナルが気持ちいいのか?」と「広がったアナルは戻すことができるのか?」ということ。

入れるのも入れられるのも女性より男性の方がアナルにハマる人が多いんです。
拡張に至っては年齢が上がれば上がるほど太くて大きな物を入れたがる傾向にあります。

最初はみんな同じように考えます。
いくらアナルの快楽が好きでも「あそこまではいくまい」と。そう思っていても、あれよあれよと拡張を続けてしまいます。

止まらなくなるのです。マジで!!

アナルがガバガバになって大変だろうな的な画像をネット上でいくつも見ます。
もう割り切っておむつ生活をしているのだろうか?と気になったりもします。

なにをそうも男をアナルに狩り立たせてしまうのか?

アナルで感じる快感の仕組み

「興味があるから」開発をするのですが、なぜ男たちはアナルプレイをやめられないのでしょうか?

アナルの気持ちよさにとりつかれてしまうと射精をするより深い快楽を得ることができます。

前立腺の気持ちよさだとかありますが、射精と同じ、もしくはそれ以上に気持ちがいいとはどいうことなのか?を探ってみると体の構造的にちゃんとした理由がありました。

それは、アナル付近を覆う外肛門括約筋(アナルを取り巻くように走る筋肉)は陰部神経に支配されています。
陰部神経とは、外肛門括約筋の他、肛門挙筋、尿道括約筋、外部生殖器の筋の動きなどを支配している神経です。
この神経はクリトリスの刺激や射精する時の快楽と同じ領域で繋がって支配しているのです。

アナル開発がされてなくても、射精の気持ちよさを考えるとほとんどの人が “なるほど~” と思えるのではないでしょうか。

体的にそんなことになっているのでアナルを開発していくと中毒性のある気持ちよさを感じるようになるのです。
とは言っても実際に性器を刺激しているわけではないので気持ちよくなれる人となれない人がいるのだと思います。

そして、この快楽は脳内で最も強力なもので、人は快楽を感じると視床下部や偏桃体などの脳の最も深い領域から幸せホルモンのオキシトシン、やる気が出たり快く感じるドーパミン、多幸感をもたらすエンドルフィンといった快感物質をたくさん放出します。

また、快楽を感じてる最中はストレスや不安といった感情が抑えられているので、人は余計に求めてしまうのです。

そんな快楽があるものだから、男たちはアナル拡張をやめられない。後がどうなろうと、危険感知をしていても、どうにも止めることができないのです。

まさに、中毒なのです。

中毒になると、今よりももっと強い刺激を求めてしまいます。
20代よりも30後半以降にガバガバアナルが多いのは長年やり込んで中毒になってしまっている達人たちのこと。
オナニーやセックスをするなと言っても我慢できないようにアナルもやめられず快楽を求めて過激化していく。

ガバガバアナルはもどるのか?

それは…

・・・

▼アナルプレイは諸刃の剣!?続きを読みたい方は下記からどうぞ・・・(※なかなかインパクトのある画像が出ますのでご注意ください…。)▼

タイトル:100%閲覧注意【アナル体験談】快楽の秘密とガバガバアナルは戻るのか?

引用元:女王様とお呼び!

コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)